戻る

あだ名史と落書き史と世界史地図 (皇紀2678年6月9日更新)

一七七二年巴里に「佛蘭西大東社」が創設され、最初はシャルトル公を大棟梁とし後にはフィリプ平等王がその地位に就いた。
フィリプ平等王はルイ十六世の処刑の賛成票を投じたが、ルイ十六世の処刑後、フィリプ平等王自身も処刑された。

他民族(家畜奴隷)がグローバリズム勢力の手先になっても、用済みになったらやられるということを、現代日本人は知る必要があります。

 

参考文献:「ポンペイ・グラフィティ」中公新書、「落書きに歴史をよむ」吉川弘文堂、「あだ名で読む中世史」八坂書房、「猶太民族の歴史的足跡」新太陽社

 

一国の利益が猶太民族の利益に合致し得た場合には、猶太人はそれを支持した。
然らざる場合には、一国の利益は躊躇することなく放棄された。
(「猶太民族の歴史的足跡」P139)

ヨハン二世はグローバリズム民族に都合が良い政治をしていて、あだ名が「ヨハン善王」(フランス王ジャン善良王)
「然るにヨハン二世は彼等が再び佛蘭西に居住することを許可した(一三六〇年)
これより先ヨハン善王の治下に行われた激しい争闘、血腥い(ちなまぐさい)内乱、ブレティニーの不幸な和平締結等は財政力を益々萎靡(いび。衰えて元気がなくなること。)せしめた。
猶太人に入国を許可しその代わりに彼等から相当の金を徴収すれば、国庫を幾分充実せしめる好機であると思われた。
併し此の措置は佛蘭西帝国にとり却って高いものについた。
何となれば、巴里の猶太人代表マナス・ド・ヴェスーは老練な外交家で、途方もない特権を獲得する術を心得ていたからである。
借金の利子は八〇パーセント迄高められ、基督教徒に対する凡ゆる借金返済要求を証明する為には、一人の猶太人の証言がありさへすれば十分であつた。
猶太人は国家の凡ゆる裁判所の制約を免れ、特別の政府委員の下に従属していた。
当然来るべきものが再び来た。
猶太人から借金して当座を凌いだ人々は間もなく借金で首が廻らなくなつた。
多くの人々は無一文となつて、猶太人の許で奴隷奉仕を行わねばならなかった。
猶太人は欲に目が眩み且飽くことを知らず、許可された八〇パーセントを以て満足せず、その限界を超えた利子を貪った。
それに対する不平は猶太人のばら撒く金によって揉み消されて了った。
国王自身も猶太人を頼りにし、それが為に歳の市に於ける商売に関して猶太人に新しい利便が與へられることとなつた。
(「猶太民族の歴史的足跡」)」

ネロは暴君というあだ名ですが、ポンペイで見つかった落書きにはネロを讃える落書きがある(ポンペイが埋まるのは、ネロの死後11年たってなので、本当に暴君ならネロを讃える庶民の落書きがあるとは考えにくい)

 

怪僧ラスプーチンも食人鬼ナポレオンも死後になぜか性器を切り取られているが、敬意のかけらも無いまるで家畜奴隷のようなその扱いは、その国に属していない彼のグローバリズム勢力にやられた可能性がある。現在に至るまでグローバリズム勢力が国民主義者を潰す方法は性の関連も多い。ラスプーチンはグローバリズム勢力によるロシア帝国乗っ取り(ロシア革命)を防ごうとした可能性があり、ナポレオンは晩年はグローバリズム勢力にとって邪魔になってきた可能性がある。

国王に対する敬意のかけらも無いあだ名が結構ある。国の民はそのような感覚は通常無いだろうし、そもそも誰があだ名を付けたかが一切出されない(隠されている?)

なぜか、グローバリズム民族に都合の良い政治をした国王のあだ名は良いイメージのあだ名が多く、グローバリズム民族に都合の悪い政治をした国王は最悪なあだ名が多いのを見ても、国を(国王を)駒の一つとして捕えているグローバリズム民族があだ名を付けている可能性がある。
(これは現在のメディアも全く同じである)

時代によってあだ名や評価が違うのは、「グローバリズムとナショナリズムの割合」が変化したからの可能性がある。(要は、グローバリズム民族の国乗っ取りの割合)

以上などから、世界史は、世界史の半分のグローバリズム民族の本当の歴史の部分が隠されている (特に日本では) と共に、現在の世界史認識を作ってきたのがグローバリズム勢力の面もあるといえるかもしれない。

要は、今まではグローバリズム民族の視点の世界史であるわけで、それでは国民側の世界史の把握に多くの支障があるので、現在とこれからの世界で最も必要なものは、国民視点の国民主義にたった世界史の構築である。

グローバリズム民族の視点(と思われる)あだ名と、民の視点であろう落書きという両極から光を当てて、世界史地図を重ねて見ると、国王像や国そして背後のグローバリズム民族について発見があるかもしれません。

 

皇紀2678年6月9日 Ver0.1b 項目追加

皇紀2678年6月2日 Ver0.1 新規作成