戻る

チーズの歴史と世界史地図

エメンタール、グリュイェール、を自分で削って作ったチーズフォンデュのうま味は最高です。エメンタール、グリュイェール、などなど発酵の進んだうま味を楽しむナチュラルチーズがもっと普及すると、さらに日本の食文化が発展すると思います。

プロセスチーズは、20世紀初めのアメリカで、菌が生きてるナチュラルチーズが広い国土で運びきれない事情とアメリカ人の合理性で生まれました。日本は明治以降主にアメリカから酪農を導入し、その結果チーズもプロセスチーズから始まり、戦後GHQの圧力とWGIPの洗脳の結果、プロセスチーズと牛乳の消費量がどんどん上がり、最近はナチュラルチーズが上回ったとされますが、まだまだ発酵のうま味の少ない殺菌したプロセスチーズも多いです。

奴隷解放宣言の翌日に大虐殺されたインディアンは、アメリカバイソンで衣食住をまかなっていました。インディアンを滅ぼすために、まずバイソンを殺しまくられたので資料も無いですが、インディアンがバイソンの乳から少量でもチーズを作っていた可能性もあります。

国土の狭さや、漬け物や納豆などの発酵のうま味を愛する深い文化、そもそもうま味は日本人が発見した味覚であり、ヨーロッパ型のナチュラルチーズの方が日本人には合っていると言えます。さらに、よく熟成したナチュラルチーズは熟成時に乳酸菌が乳糖を使うので、乳糖が少なく消化にも良いとの事です。白人に比べて日本人は乳糖不耐症の人の率が高いのにもかかわらず、なぜかプロセスチーズ問題の議論もあまりされてこなかった残念な日本の現状です。
乳糖の問題をナチュラルチーズが解決したことにより、実は人類は牛乳を飲みはじめるより前にナチュラルチーズを食べていたという事で、世界史の重要な要素の一つのようです。

参考文献:「チーズと文明」、wikipedia

Emmentaler. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Emmentaler.jpg#mediaviewer/File:Emmentaler.jpg
Gruyère cheese. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gruy%C3%A8re_cheese.jpg#mediaviewer/File:Gruy%C3%A8re_cheese.jpg
00062805Gruyere by Kiyokun - 投稿者自身による撮影. Via Wikipedia - http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:00062805Gruyere.jpg#mediaviewer/File:00062805Gruyere.jpg

Ver0.53 版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力)(皇紀2675年11月23日)

Ver0.51 版図追加(チャガタイハン国、オゴタイハン国、ブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国、クリムハン国、ハザール・ユダヤ王国、カザンハン国、ハワイ王国、ノーサンブリア王国、マーシア王国、イースト・アングアリア王国、エセックス王国、ウェセックス王国、ケント王国、サセックス王国、イングランド王国、スコットランド王国、グレートブリテン王国、大英帝国の植民地、カナダ版図修正(準州と州))(皇紀2675年8月19日)

Ver0.5 公開開始(皇紀2675年1月31日)