戻る

中央銀行史と世界史地図 (準備中)

中央銀行の国債保有割合が上がったとの事ですが、中央銀行(=民間銀行)の株主がグローバリズム勢力(または手先の日本企業や日本人)の場合、グローバリズム勢力の日本国債の乗っ取り割合が増えたという事です。

グローバリズム勢力が国を操作し乗っ取り、やがては滅ぼすという目的のために作ったとの説もある中央銀行。中央銀行は実は民間銀行であり、設立当初から株主が一定割合で民間人しかも外国人も結構な割合でいたとの事で、その国の国民全員がグローバリズム勢力に気づかないうちに利益を吸い取られているとも言えるかもしれません。中央銀行は無くした方が良いという意見もあり、実際20年間もデフレで国を滅ぼす施策ばかりしてGDPを下げた国もあります。金利を変えて日本の銀行の(日本人の)国債保有割合を下げて国債の面からグローバリズム勢力が國を乗っ取り、日本人を経済的奴隷化の方向に持っていかれている可能性もあります。中立性の名のもとに国益を毀損する施策をしていては、グローバリズム勢力の手先と言われてもしかたありません。中央銀行史と世界史地図を重ねて見ることにより、世界史のパターンが見えてきて、これからの予測に少し役立つかもしれません。

そして今、さらに通常の民間銀行で仮想通貨の発行が勝手にいつのまにか実施される流れですが、これはグローバリズム勢力による日本の通貨発行権の乗っ取りの可能性があります。民間銀行の結構な割合の株主がグローバリズム勢力やその手先の日本企業や日本人との事で、通貨発行権を使ってほとんどの日本人を金融的に植民地奴隷にできる環境が整ってきました。(勝手にいつのまにかアダ○ス方式やらT○Pやら、国民に許可もなくこれでは今の日本人はグローバリズム民族の奴隷です、冗談じゃありません) 護国のためにも國で紙幣を発行して、中央銀行の株式の國の持ち分を増やして、仮想通貨の発行を禁止して、グローバリズム勢力の通貨発行権に関する実質持ち分比率を下げることが急務です。そして國で沢山紙幣を発行すればデフレ脱却できます。そうでなければ、日本を護るために命を捧げられた偉大な先人に申し訳なく思います。グローバリズム勢力の名実共に植民地になったら、日本人の子孫がグローバリズム勢力の奴隷というかわいそうな状況になるのでとても申し訳なく思います。

隠された根底に世界中の國を滅ぼし他民族奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的グローバリズム。今までは、國民側が後手後手の防戦一方でしたが、これからは先手で「隠されてきたグローバリズム勢力の歴史」をどんどん全國民で世界に出していくことが日本を護る唯一の道です。歴史事実を知れば、子々孫々の日本人がグローバリズム勢力の侵略に気付き、その時々の最新・最良の対策を立てて日本を護ることができると確信します。

(あと、ユダヤ史地図を実軸、関税史地図・国債史地図・中央銀行史地図を3つの虚軸として、ハミルトンの四元数の考えで見ると何か発見があるか?ないか?)

参考文献:「中央銀行の経済分析」東洋経済新報社、「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」、wikipedia

 

中央銀行史と世界史とユダヤ史と世界史地図

国債史と関税史と中央銀行史とユダヤ史と世界史地図