戻る

千島樺太探検開拓史

偉大な先人の方々が、自分の身を犠牲にして日本の為に千島列島と樺太の探検開拓を行いました。

千島列島と樺太の探検開拓の歴史を、本当の日本の歴史を日本人の子孫に伝えていきましょう(制作中。2012年3月10日)

 

寛永十二年(1635年) 松前藩士村上広儀が蝦夷探検、初めて千島図作成

寛永二十年(1643年) オランダ人フリーズ千島を探検、択捉、得撫などを発見

寛文元年(1661年) 吉田作兵衛蝦夷全土を巡察し千島図を作る

正徳元年(1711年) ロシア人北千島を偵察

享保十六年(1731年) 国後・択捉の酋長松前藩主に献上品を贈る

天文元年(1739年) ロシア人スパンベルグ千島海域を調査、二十二島の千島地図作製

宝暦四年(1754年) 松前藩国後場所を開く

明和三年(1768年) ロシア人チュルヌウイ、得撫を征服

明徳八年(1771年) ベヨンフスキー、幕府に対しロシアの南下を警告

安永三年(1774年) 飛騨屋九兵衛、国後場所を請負う

安永八年(1779年) ロシア人根室に来航交易を求む

天明三年(1783年) 工藤兵助「赤蝦夷風説考」を著す

天明六年(1786年) 林子平「海国兵談」を著わす。最上徳内択捉・得撫を探検

寛政元年(1789年) 村山伝兵衛、国後場所を経営

寛政二年(1790年) 最上徳内「蝦夷草紙」を著す

寛政四年(1792年) ロシア使節ラクスマン根室に来航通商を求める

寛政九年(1797年) イギリス艦絵鞆に来る(室蘭の黒百合伝説)

寛政十年(1798年) 本多利明「西域物語」を著す

寛政十一年(1799年) 幕府東蝦夷を直轄、高田屋嘉兵衛択捉航路を開く、近藤重蔵国後に渡る

寛政十二年(1800年) 重蔵、嘉兵衛択捉場所を開く

享和元年(1801年) 幕吏得撫に領土権明示の標柱を立てる

文化元年(1804年) 重蔵「辺要分界図考」を著す。ロシア使節レザノフ長崎に来航通商を求める。

文化三年(1806年) 間宮林蔵択捉に越年

文化四年(1807年) ロシア艦択捉を攻撃、戸田又太夫自決

文化七年(1810年) 嘉兵衛択捉場所を請負う

文化八年(1811年) ロシア艦長ゴローニン国後で捕わる

文化九年(1812年) 嘉兵衛、ゴローニン逮捕の報復としてロシア艦に捕わる

文化十年(1813年) 嘉兵衛帰還、ゴローニン釈放

文化十四年(1817年) 藤野四郎兵衛、国後を請負

文政五年(1821年) 幕府蝦夷直轄を松前藩に復す

文政十年(1827年) 嘉兵衛歿す

文政十二年(1829年) 重蔵歿す

天保二年(1831年) 高田屋金兵衛、密貿易の件で捕わる

天保七年(1836年) 徳内歿す

天保十三年(1842年) 伊達林右衛門ら択捉を経営

嘉永六年(1853年) ロシア使節プチャーチン来航。川路聖謨(かわじ としあきら)応接

寛政元年(1855年) 日露通好条約締結

明治元年(1868年) 聖謨歿す

明治二年(1869年) 国後、択捉を千島国とし四郡に分ける

明治八年(1875年) 千島樺太交換条約締結

明治九年(1876年) 栖原家択捉を単独経営

明治二十五年(1892年) 岡本監補千島義会設立、片岡利和占守を踏査

明治二十六年(1893年) 郡司成忠、報效義会設立千島を経営

明治二十七年(1894年) 成忠占守を去る

明治二十九年(1896年) 報效義会第二次隊千島を経営

明治三十五年(1902年) 碓氷勝三郎、国後に蟹缶詰工場設立

明治三十七年(1904年) 漁業をしていた郡司成忠一行約20人の殆どがカムチャッカで虐殺される(カムチャッカ邦人漁夫虐殺事件)

明治四十年(1907年) 千島興業合資会社設立

明治四十一年(1908年) 成忠露領沿海州水産組合設立

(大正九年(1920年)、アムール川の河口で尼港事件)

大正十年(1921年) 和島貞二、初の母船式蟹漁に成功

大正十三年(1924年) 郡司成忠、歿す

昭和六年(1931年) 北海道庁「千島北洋開発期成会」をつくり各界人を招待

昭和九年(1934年) 北海道庁、択捉に「千島調査所」を設置

昭和十年(1935年) 北千島紅鮭缶詰共栄会社設立

昭和十三年(1939年) 北千島水産株式会社設立

昭和十六年(1941年) 貴・衆議員有志北千島を視察。十一月、択捉島短冠湾に連合艦隊集結、真珠湾へ出撃。

昭和二十年(1945年) 終戦。占守島で日、ソ両軍間に戦闘。ソ連軍、各島に上陸不法占領。

(このころ樺太・満州では、葛根廟事件、佐渡開拓団事件、敦化事件、牡丹江事件、麻山事件、三船殉難事件、真岡郵便電信局事件ほか)

参考文献:「千島と日本人」 脇哲 北苑社