アンガウル島の舩坂弘軍曹 (Flash製作中。皇紀2673年11月9日)

 

まるで氏は、神によつてこのふしぎな実験の材料に選ばれたかのやうだ。
氏が生を無視しようとすればするほど、死もあとずさりをするのである。 (三島由紀夫)
 
 
 
昭和十九年、大東亜戦争の状況が日本軍に利あらず、支那ナ大陸に置ける反撃をのぞいてその他の主要シュヨウ戦線はじりじりと後退し始めた。参謀本部はついに「絶対国防圏」を全軍、全国民に唱えさせ、千島列島、内南洋ナンヨウ、比島、豪北、蘭印を列ねた線をひき、最後の防御ラインとするに至った。
パラオ諸島も、果然、日本必死の防波堤として極めて重要な地域となったのである。
サイパンは米軍に六月十五日に上陸されて、七月七日に玉砕。テニヤン島は七月二十四日に上陸されて七月三十日に玉砕。グアム島は七月二十一日に上陸されて八月十日玉砕。
その後、ペリリュー島は九月十五日に上陸され、そして、アンガウル島は九月十七日に上陸された。
昭和十九年三月一日、宇都宮第十四師団第五十九連隊に南方作戦動員令がくだった。
仮想的であるソ連の侵入に備え、予備軍として北満・チチハルに司令部を置き、部隊はノモンハン付近、アルシャン、ノンジャン、ハイラル一帯の国境警備隊として活躍していた。

動員令がくだると同時に、我々は死を覚悟した。故郷に遺書、遺品を送り、動員編成を三月五日に完了。その後、十二日に旅順に集結し、十日間猛烈な特殊訓練を受けた。

二十五日、旅順を出発して大連着。この日から、正式にわれわれは第三十一軍中部太平洋派遣軍司令官、小畑中将の統率
宇都宮第十四師団は栃木、茨城、長野県出身者の集団である。つまり空っ風と雷の本場の中に育った頑強な若者が多く、「野州男児」と称して非常に強い軍隊であった。
師団創設以来四十年。シベリヤ出兵、第一次上海事変、満州事変、支那事変においてもこの師団の活躍はめざましいものがあった。
太平洋戦争に於いても「弓兵団」と名付けられてインパール作戦にたたかい、「基兵団」となってニューギニア作戦に参加し、あるいはわれわれの「照部隊」と名乗る中部太平洋方面での奮戦となってあらわれたのである。

当時の私たち青年は純真素朴に「
地区隊長 歩兵第五十九連隊第一大隊長後藤丑雄少佐
大隊本部 鈴木恒中尉以下八十名。
南地区隊(第一中隊) 中隊長・石原正良中尉以下百六十五名。
北地区隊(第二中隊) 中隊長・佐藤光吉中尉以下百六十五名。
反撃中隊(第三中隊) 中隊長・島武中尉以下百六十五名。
第一歩兵砲中隊 中隊長・日野清一大尉以下百五名。
砲兵第二中隊 中隊長・芝崎省三郎中尉以下百八十名。
高射機関砲隊 柏原源吾少尉以下三十名。
工兵第一小隊 星野善次郎中尉以下四十六名。
通信小隊 山根宗一少尉以下十八名。
補給小隊 立原安雄少尉以下四
 当時、私は二十四歳。
擲弾筒分隊長・軍曹として、中隊では随一の模範兵であった。動員令がくだったときも、欣喜雀躍としていさぎよく故国のために死ねることを本望としていた。
私が育ったのは栃木県上都賀郡西方村である。百姓の三男として生まれたが、幼い頃からきかん坊で近所の餓鬼大将であった。小学校、尋常高等小学校を終え、公民学校を卒業したが、それだけでは満足できず早稲田中学講義録で独力で勉学した。その甲斐あって専検にパス。翌昭和十四年には満蒙学校専門部に入学して三年間学習をつづけた。
そして、昭和十六年三月、
 
米軍の計画によると、この小さなアンガウル島は一イチ~二日の戦闘で全島占領する予定であったという。
<日本には肉親がいる。家族の暮らしている本土に米軍を絶対に近づけてはいけない。この島を敵テキに渡してはならない・・・>
という一念だった。私たち守備隊は上陸早々、
「われ太平洋の防波堤たらん」
という言葉を朝に夕ユウに叩き込まれた。戦局の急を身体で感じているわれわれにとって、その言葉は至言であった。
昭和十九年九月六日、マーク・A・ミッチャー中将の率いる米軍第三十八機動部隊、通称快速空母群が、ペリリュー島、アンガウル島の沖合に姿を現した。
その船団たるや、航空母艦約十一隻、戦艦二隻、巡洋艦十数隻、駆逐艦三十五隻という威容であった。
洋上にならんだ船団は一斉に両島に艦砲射撃を始め、空からはB24や艦載機を使って銃爆撃を浴びせた。
私たちは設営し終わったばかりの蛸壷陣地にじっと潜んでいるより仕方がなかった。
翌七日にはアンガウル島西北の洋上に潜水艦が出没し、いよいよ事態は切迫してくる。
八日頃からは、艦
連日の艦砲と空爆のために、われわれ守備隊には正確に状況を判断する監視哨もなくなっており、島で唯一の通信機関だった有線はいたる所でずたずたに切断されており、その機能は発揮できない。

九月十七日。午前五時半、米軍の輸送船団が島の西方、西港海上に現れて舟艇を下し始めたのを巴岬沼尾守備隊が発見した。すぐさま、大隊本部へは伝書鳩をもって、
「敵の上陸地点は西港なり」
と急を報じた。ところが、実は米輸送船団の西港での行動は、守備隊の判断を混乱させる陽動作戦であったのだ。現地へ到着してみると、敵の舟艇は洋上におろした
「三軍の怒、一億イチオクの声援、この決戦に集まる。全員決死、皇軍の真面目を発揮せよ」
とパラオの井上集団司令官からは激励の電報が入った。
「全員決死隊となり、玉砕の覚悟を以て本島を死守せよ」
「携行食料は一食分。余分なものは捨てて、弾薬を最大限に携行せよ」
「常に斬り込める体制にあれ。まず第一防御戦に於て米軍を撃破せよ」
矢継早に石原中隊長の伝令がとんでくる。
隊員たちは緊張のあまり、コトリとも音を立てない。
そのとき、突然、しゅるる、しゅるる、・・・と不気味な響きとともに天空に照明弾、頭上に曳光弾が嵐のように襲いかかってきた。その朝上陸した米軍は水際陣地を突破して、わが中隊の前面に攻撃してきたのだった。
「舩坂軍曹。擲弾筒分隊前へ!」
「だれか、・・・だれか・・・残念だ!」
「てん、のう、へいか・・・」
呻く声コエ。助けを求める声。一切をかき消す爆発音。

「いいか、右手が失くなったら左手で、左手が失くなったら右手で闘うんだ。敵の火器が百ヒャク倍でも千倍でも恐れるんじゃない。敵が数十倍なら一人で数十人を斃せばよい。肉弾となって最期までたたかえ!」
私は元気であった。士気旺盛オウセイ。この日のために生まれてきて、この日のために男子の本懐を、といった気持ちであった。

不意に照明弾、砲弾の飛来がぴたりと止んだ。戦場は一瞬にして暗黒の底に転テンじた。
「擲弾筒分隊、前へ---」
私は分隊を中隊の最前線に誘導した。

前方ジャングルの黒い茂みのなかで何かが動いたような感じを受けた。

「目標四百米前方のジャングル中央!射てッ!」
四挺の擲弾筒が一斉に火を噴き、音を立てた。

次の瞬間、目標地点から次々に火の玉が揚った。命中である。
目をやれば爆発するたびに、宙高くふっとび、あるいは横ざまに倒れる米兵たちの姿が見える。
二十分もすると米軍の前線は大きく後退するにいたった。

「やったぞ。やった、やったーー」
守備隊員たちは思わず同じ言葉と繰り返してほっと安

私は土を噛んだまま、棒のように硬直させた躯(からだ)を横転させてやっとその兵隊に接近した。
「おい、お前は誰だ。どこをやられた」
答える声はもう出ない。よくみると松本上等兵だ。
闇の中で私はすかさず彼の右手を握った。すると、彼はその手を自分の腹部に持ってゆこうとする。そこには帯剣と弾箱のついた帯革もなく、私の指先にはべっとりと生温い血糊がくっついた。
<腹部貫通だ・・・>

さらに私は腹部をさぐろうとして愕然とした。指先にいきなり熱い太いゴム管様のものに触れたからである。彼の腹部の臓器は半ばはみ出してい
敵の一斉射撃がはたと止む。次に、二、三十台のM4型戦車が接近してきた。

「止むを得ん。・・・転進」
石原中隊長は即座に転進命令を出した。いまは肉迫攻撃に使用する爆雷はおろか火薬も携行していない。

中隊はそこで、背後の沼の中に散を乱して飛び込んでいた。その沼は鰐(わに)もいれば大蛇も棲息しているところである。
闇は一切のものを包んで何も見せない。方角はわからないが、ただせきたてられて進むだけである。
十米も進むと、私の皮膚の上にはもう一枚の皮膚を重ねたように、軍服の隙間から入り込んだ蛭(ひる)がびっちり
敵の戦車群に追オわれ「魔の沼」を逃れて、水に濡ヌれ、空腹と睡魔に冒された四肢を引ヒきずるようにして、私たちは中央高地の稜線上に分隊ごとに陣容をかためた。
東北港方面からじりじりと散開して敵の前線が進んでくるのが見える。
「前方三百米、敵部隊発見!」
と誰かが叫んだ。このとき、生まれて初めて肉眼で見た敵兵テキヘイは殆どが黒人であり、白人がそのなかに点々と混っていた。
擲弾筒の発射準備はすでに完了していた。もう彼我の距離は二百米に迫っている。
「擲弾筒用意! 発射!・・・」
私は最初の一発は、自分で号令をかけながら自分で射った。昨夜、私の腕の中で死んでいった松本上等兵の葬い合戦の気持ちでもあった。かたまってゆっくり迫り来たる米軍の中央辺に狙いを定めて、射って射って射ちまくった。当る、当る。面白いように米兵は炸裂音とともにふっ飛び、不意の攻撃に驚いた敵はたちまちわれわれに後ろを見せて、煙のように背後のジャングルのなかに這いこんでしまった。あまりにあっけない。

いささか訝
私はつぎつぎに分隊員の氏名を呼んで周囲を目で捜した。だが、返ってきたのは、たった二名---松島上等兵たちの声だけであった。私の分隊員だけでも十三名のうち十名がこのとき肉片となって南国に散ったのである。

私は一生懸命になって部下たちの姿を捜したが、認識票さえもどこかに吹っ飛んでいた。三米ごとに三人折り重なって斃(たお)れた者、頭部を半分削がれた者、片腕を奪われた者、内蔵が半分はみ出している者など、思わず目をそむけたくなるような情景があちこちに展開されていた。流れる血は河をつくり、血を存分に吸った凹みはどす
 
私は暫くは絶望のあまり松島上等兵たちと真剣に話した。
「こうなっては、戦う方法もなさそうだ。とうとう自決する時がやって来たよ。三人ニンで擲弾筒を抱えて自爆しようか」と。
だが、その時、稜線の四囲を取トり囲んでじりじりと迫ってくる米兵の動きを敏感に感じた。
「伏せろ!」
と叫んであたりを望むと、先刻の黒人主力部隊が艦砲射撃跡のわが陣地を襲うべく次第に接近して来るではないか。兵力を増強したらしく今度は何百という数でわれわれを飲み込コむように間隔を狭めてくる。ぴゅうん、ぴゅうん、と銃弾が耳もとをかすめ始めた。敵はわれわれが全滅したと予想したのか、攻めてくる足も速かった。彼らの様子を見た私は、どうしようもない口惜しさと怨みがこみあげてきた。
「自決はいつでもできる。だが、一人でも多く米ベイ鬼をやっつけてしのうじゃないか。犬死にはやめよう!」
と私は部下二人フタリに言って退却するように命じた。

途方に暮れ、極度の緊張に疲れた鈴木上等兵たちは泣き出ダしていたが、私は彼らを激励して稜線から絶壁の谷を上り、下り、西北高地にある鍾乳洞の一つに入った。
「班長殿、弾薬はもうこれだけしかありません」
と松島上等兵が残念そうに言う。見ミれば残りはたった二十発である。全部を射ち終オわったら、他の分隊か中隊から補給しなければならない、と考えながら私は一発一発を慎重に心を籠めて敵陣に射ちつづけた。私たちのかたわらでは、深沢伍長が機銃にしがみついて射っている。その射撃が正確そのもので、彼が打ち始めると米軍はじっと停止したまま動けない。彼が射たなくなると再び攻めてくる。深沢伍長とともに私たちは、そういう繰り返カエしを数時間つづけた。
いくら攻めても陥ちないと知って、敵は例レイによってわが地点目ざして艦砲射撃を集中し始めた。しかし、恐怖の艦砲も今度ばかりは何ともない。轟音をあげて飛来するとき、私たちは洞窟のなかに潜りこんで、じっと軆(からだ)を休めておけばよいのである。首さえ出さなければ、艦砲はいたずらに岸壁を砕けるだけで絶対に安全であった。
夕刻。私は松島上等兵に命じて、洞窟内の中隊本部を見つけて、擲弾筒用の弾薬受領に行かせた。間もなく何も持たずに帰った松島上等兵は顔面蒼白で歩く足取りも蹌踉(そうろう。よろめくさまの意)としている。
「どうしたんだ?---」
「いや、あちこちの鍾乳洞の内部は凄まじいものであります。重傷者がどこからともなく集まってきて、広い洞内には各中隊員入り乱れて唸っています。逆に、元気な兵隊はどんどん奥地の鍾乳洞を発見して陣地にいます。あまり奥なので、岩壁は嶮しく道もなく、声がするような気配はしますが、連絡はとれません」と
翌十九日。米軍は日課に従って艦砲の猛射シャでその日の攻撃を開始した。わが守備隊の生き残ノコりは、まず北進する約一個イッコ連隊弱の敵に対タイし、官下義雄ヨシオ少尉指揮の一個小隊をもって灯台高地付近を確保し、この敵を邀撃した。だが、敵に多大な損害を与えた奮戦も空しく、午後には神社台を奪取されるにいたった。
約一個中隊の敵は複廓陣地の南側隘路に進出してきたので、砲、迫、機関銃などの火力を集中して撃退した。このとき、私は稜線に出て、生き残りの二名を指揮して敵兵擲弾を射ち続けたが、かえって敵の格好の目標となるだけであった。
戦闘中に、
「はんちょう、どの・・・」
と言ったきり隊員の一人は弾を受けて即死した。残るは松島上等兵と私だけである。戦死した部下の遺体が台座付近から、からだを乗り出していると、その死体はたちまち銃撃の目標となって上半身はぼろぼろと崩れ散る状態である。

夢中で射っているうちに昨夜手に入れてきた
<まだ手榴弾がある。銃剣がある。最期は米軍との白兵戦で何人も団子差しにしてやる>
と、無謀な考えも無謀とは思われない。私はとくに銃剣術には自身と自惚があった。チチハルの営庭で訓練中に、戸山学校出身の准尉からも、
「お前の銃剣術は腰だけでも三段に匹敵する」
と保証された腕前であった。

いつかは、米兵と相対して、剣でたたかう時がくると信じていた。ところが、午後四時ごろであったろうかーーー運命は向こうからやってきた。

私が敵軍めがけて射撃していたとき、不意に至近弾が私の足もとで炸裂した。私の左脚は宙にとんだ
「ウム・・・」
と激痛のために気を失いそうである。見ると、私の左の大腿部から真っ赤な血がどくどく流れ出ている。破片が腿(もも)の肉にとび込んだらしい。出刃包丁で切り割いたように二十五センチくらい裂けて、左脚は他人の脚のようにつっ張っていた。脚の激痛が心臓まできりりと刺しこんでくる。

私が怪我をしたと気づいたときから松島上等兵は何処に行ったのか姿が見えない。流れる血は自分の掌で覆ってみても、少しも止血の効果はない。

下半身は血達磨で血はしだいにくろずんで、糊状になってどろりと流れる。夕闇のなかで、目につ
それまでに私は、負傷箇所が瓦斯壊疽(がすえそ)になり時間が経つにつれて真黒に腐敗してゆく恐ろしさを、幾例レイとなく目にしていた。島の気温が高いために、壊疽病ビョウの進行は非常に早く、朝の十ジュッセンチの傷が夕刻には腐敗ニ十センチにもおよび、本人だけではなく、それを見る者モノにも大きい恐怖を与えていた。

<せめて、壊疽の予防くらいして貰えないだろうか?--->
私は苦痛に顔を歪ユガめ、身をよじりながら軍医に訴えようとした。
口を利かなかった軍医は、その時、おもむろに何かを取り出ダすと落とさないように私の肩の場所にそっと置いた。それは薬でも包帯でもなかった。暮れかかった暗いなかで、かすかに黒光りして、ずしりと重い手触りの手榴弾一個であった。

軍医殿ドノは口にこそ出さなかったが、
「軍命令メイレイ。貴様は即刻自決することが最善の道である」
という意味であったろう。重傷の処方箋が一個の手榴弾であろうとは、予想だにしなかった。”死刑”の宣告を受けたのと同じ決定的瞬間だったのである。

軍医が去ると、たった一人の生存分隊員だった松島上等兵は、分隊長が自決することに決したと知って、私を凝視しながら、
「班長殿。お世話になりました。自分はこれから本隊を捜します・・・」
と最後の言葉を投げかけて、足早に複郭陣地の方へ姿を消した。彼の行動は戦時においては当然のことであり、私が常々言い聞かせておいた行動である。前夜にも、若し私が斃れたときは、真すぐ鍾乳洞陣地に入って誰でも良いから中隊の指揮官を捜すように、と言いきかせたばかりであった。「生者必滅、会者定離」ーーー苦痛のさなかになって、私は孤独の悲哀
だが、私は自決の誘惑を漸く(ようやく)にして、耐えた。自決を思いとどまらせ、私に生きる力を吹きこんだのは剣道の教えであった。
「平常心を失うなかれ!」
という囁きが、私の心を呼び醒ました。汗水たらして剣道に精進した頃、たたきこまれたことは、如何に異常な環境に放り込まれても、冷静にして正しい判断を下すことのできる「平常心」を養えということであった。

<ちょうどいまがその時ではないか。お前は何のために剣道を学んだのか!>
という声がどこからか聞こえてきたのである。置き去られた淋しさと、死の恐怖から私は徐々に
<ガーゼと包帯が欲しい・・・>
前日までは三角巾を大切に携行していたが、洞窟内で股のつけ根から脚をもぎ取られた戦友に懇願され、それを与えてしまっていた。ともすれば気の遠くなるような痛さを我慢して、私は負傷した脚のゲートルを解き、雑嚢の中から日章旗をとりだした。目指す敵の戦車を分捕ったとき、敵陣地を占領したときにまず最初に揚げようと、満州入隊以来、大切にしていたものだった。だが・・・こんな非常事態にも、私はその日章旗を包帯のかわりに使うことをためらった。旗には入隊前の専門学校長であった陸軍中将堀内文次郎とい
私は日章旗を幾重かに折りたたんで裂けた傷口にあて、その上をゲートルで堅く締シめつけた。みるみるうちに、ゲートルを巻くはしから新しい鮮血が吹きあがる。まだ破片は大腿部に入ったままだが、問題は出血を早く止トめるということである。傷口が縫い合アわせずとも癒着してくれることを念じつつ、激痛に堪えて、私はゲートルを巻く手テに力をこめた。たちまち、日章旗はあかく血を滲ニジませ、それだけでは足りず地面へぽとぽとと新しい血を落オとすが、私は構わずにじっとしていた。
両腕に渾身の力を籠め、重傷の左脚を引きずりながら尺取り虫の動作を真似て、五センチ、十センチずつ動いた。遅々として進まないが、戦死者のあいだを縫い数時間かかって漸く鍾乳洞の見える場所まで到着し、そこからは両腕に全身の重みをかけて蔓にぶらさがり、散々苦心の末に鍾乳洞の入口グチに転げ込んだ。
翌朝。目ざめたとき激痛は残っていたが出血はみごとに止まっていた。貧血のために意識は漠としているが,とにかく私は精神力,気力によって生き返ったのである。喜んでいるときに松島上等兵が私の姿を発見してとんできた。
「班長殿。生きておられてよかった!」
と,あとは言葉もない。
「松島。人間 生きるも死ぬも気力だよ。まだまだ死んでたまるかい。今日からは四つん這いのままでもシロブタたちを殺してやるからな」 と私も戦う気力だけは十分に取り戻していた。少なくとももう一度殺されるまで生きよう、と決心したのである。同時に、い
十九日夜にいたってついに衆寡敵せず鍾乳洞地帯へ移ろうとしたが、沼の周辺で大部分は戦死し、新設陣地に残っていた一部の重傷者も二十日の午前十一時ごろまでには全員玉砕した。
かくて、米軍の目的はほぼ達せられた。あとは残る約ヤク六百人(当時推定)が引き籠コもった西北高地の複廓陣地を主眼点とする殲滅戦である。
パラオ地区集団司令部とアンガウル地区隊タイ本部との通信連絡は、敵が上陸以来、屡々(しばしば)断絶していたが、二十一日の夜以降イコウは通信はまったく杜絶し、孤立することになった。これより後は、パラオ司令部も各島シマ監視哨からアンガウル島の上空を望み、照明弾や黒煙ののぼるのを見て「戦争継続中」と判断するしか方法がなくなったという。
敵は間もなく、今度は軌道(燐鉱発掘工場の使用したレール)に沿って、堀割付近から増援部隊と共に姿スガタを現した。先頭の中戦車センシャ十数台が折からの強い陽ヨウを浴びて褐色に輝いている。われわれには戦車が一台もないだけに、その姿を目にすると口惜しくて仕方がない。ところが、その後方から奇妙な新兵器が登場してきたではないか。戦車の砲塔を取って、上に野砲をとりつけたような”自走する大砲”(対戦車砲)であった。私たちの初めて目にするもので、異様きわまりない。
「畜生!あいつを真先にやっつけてやりてえなあ」
と並んでいた深沢伍長も口を鳴らす。恐怖をおぼえるより敵愾心(てきがいしん)をかき立てられたのだった。
われわれはかえって、この無反動砲の隊員の姿が見えたときに一斉射撃のチャンスとして、充分にひきつけていた。
さあ、と待ちかまえた瞬間、その化け物砲は突然とどろくばかりの地響きと、爆発音とともに火を噴きあげ、黒白煙をたちのぼらせて黒い鉄塊となって四散したではないか。
「やったぞ。やっつけた!」
思わず喜びの声が陣地からあがる。

実は、昨夜から守備隊の工兵隊がこ
後続の一台が前進してくるのが見えた。再び地雷に触れてくれと祈ったが、そう度々は問屋が卸さない。しかし守備隊がこれを逃すはずがない。野砲速射砲から重・軽機キも小銃隊も、一丸となって発射し、弾は怨敵必滅の唸りを生じてとんだ。

瞬間、
「グヮーン、グヮーン!」
と凄まじい音とともに、対戦車砲はあっけなく転覆してしまった。この対戦車砲を守護神として従っていた約一個イッコ小隊は右往左往して遁げまどうばかりである。
夜は毎日のように斬り込み隊の活躍が盛んであった。斬り込み隊の戦果は非常に大きく、彼らは笑って突っ込んでいった。逆に米兵たちには理解できない行動で、非常に斬り込み隊の活躍におびえていた。
皆の士気を鼓舞していたのは、中央港を守備していた緒戦の島中隊の壮烈な斬り込みぶりである。

島武中尉は豪気の人で陸士第五十五期生にして、島の反撃隊長であった。
敵軍上陸直後、
「今夜のうちなら、敵の整備も完全ではなく夜陰に乗じて水際から撃退できるやも知れぬ」
という後藤大隊長の秘命を受けて、西港から反転、島の南東、東港に向
米軍上陸用舟艇は血の海となり、その中に日本刀を握りしめて倒れていた島隊長以下三中隊の隊員は、いずれも上半身は敵弾数十発を受け、誰であるか判別はつかなかったという。日本刀の刀は鋸(のこぎり)のようにぼろぼろになってへし曲がり、銃剣は途中から折れて凄惨身の気もよだつほどであった。

東北港と東港の中間を海岸沿いに行動していた第二中隊、第三中隊の残存隊員約十名は、持っているものといえば三八式歩兵銃だけであった。だが、彼らは敵戦車の砲塔によじのぼり、天蓋を開けて銃剣で敵を芋刺しにして、戦車を捕獲した。こういう肉攻
島中隊の戦闘について、米公刊コウカン史は、
「東港海岸堡南翼ヨクを守備した米第ダイ三二一イチ歩兵連隊第一大隊のB中隊は、島隊の反撃のため死傷者続出し、同大隊長とその幕僚は重傷を受けて後送され、代わったG中隊も反撃を受けて海岸線まで後退した。これがため、十八日の海岸堡からの攻撃前進は九時予定ヨテイのところ、二時間も遅れて十一時になった。」
と記されている。
二十一日夜半ヤハン、夜間戦闘に弱い敵の特徴をとらえて掘割を奪回しようとする夜襲計画が実行に移され、石原第一中隊長はその命令を伊藤少尉に授けた。

「私も連れて行って下さい」
と私は伊沢少尉に頼んだが、歩行困難では一緒に行くわけにはいかない、という返事である。非常に残念だが洞窟に残留するより仕方がなかった。

「お前の左脚の仇をとってやる。」
という伊沢少尉の言葉を慰めとして、私は伊沢少隊の成功を祈った。

小隊には工兵隊員が四名合流していて彼らは掘割に埋められた地雷のほかに、野砲の弾丸を五、六発まとめて道路の中央部に深く埋没し導火線を引き、兵も配備を終えた。
朝七時半。
敵戦車は道路中央部に進んできた。
次の瞬間、轟然たる響きとともに戦車は横転し、道を遮り、戦車の後ろにかくれて歩いていた米兵は裸同様の姿となった。

「今だぞッ。射て!」
掘割両側の崖上に潜んでいた伊沢少隊もわれわれも、力のあらん限り射って射って射ちまくった。
この戦闘は正午になっても終わらず、前線の伊沢少隊は半数の重傷者を出し、全身に十数発
双眼鏡でのぞくと、真っ赤日の丸を浮ウき出した白い地ジには、点々と黒い血チがにじんでいた。私は激痛の去らない左脚を撫でながら、喜びの涙にひたっていた。
こうした斬り込コみ隊や肉攻の活躍はともすれば崩れ勝カちな士気を鼓舞し、われらも続いて斬り込もうと奮い立タったのである。
「十九日から二十二日までの四日間アイダ、南地区隘路アイロ突破のため、無駄な努力を費した。」
とは米軍公刊史のなかの言葉である。小さなアンガウル島は一イチ~二日の戦闘で全島占領する予定であったという。ところが、二日経っても日本軍守備隊を撃滅することが不可能となり、計画を「四日間」に変更した。だが、それも改めざるを得なくなったのであった。
二十三日頃は、奥地の鍾乳洞に集結していた守備隊のうち、戦闘力のある者は約百余名で、他の百余名は自決もできず闘うことも不可能な重傷患者ばかりであって、私もそのなかの一人であった。
私は手製の副木をつくり、左脚を結びつけて、立つことを練習した。
<早く戦列に復興したい>
という一念がそういう気力を呼んだのである。

重傷を受けてから三日目で、包帯がわりに巻いたゲートルは真黒に黝(くろず)んでいる。目のくらむような痛さを我慢して立ちあがると、よろよろとよろめく。私は幾度も倒れては立ち、立っては倒れて歩行訓練に夢
二十四日から二十五日にかけて、複郭陣地は米軍に完全に包囲された。
二十五日の午後、私たちは敵陣東北方に異様なものを発見して仰天してしまった。
---それは、私たちがかつて目にしたことのない工作機械群であった。ブルドーザーを駆使して荒れ果てた戦場をまた前進複郭陣地をみるみるうちに埋めつくし整備し、道路を作っている。

九月二十六日(戦闘十日目)午前七時か八時頃、嵐のような砲弾が複郭陣地に集中した。敵は東北方面だけではなく、西南の方面へも帯のように連なって攻めてくる。そのとき、驚いたことには戦車群約二十台が前
それは、米軍の砲兵隊四個大隊に支援された歩兵約一個連隊および戦車一個大隊弱の敵であり、われわれの複郭陣地を大きく包囲殲滅作戦に出たのである。正午頃には、その一部の約一個中隊はとうとう複郭陣地に突入してきて、約一個大隊弱の敵は青池北方の燐鉱採掘地一帯に進出してきた。
二十八日(戦闘開始十一日目)には、その約二個中隊は青池の北方から、島の西北角、最高峰を占領しようと猛烈な勢いで守備隊の残存兵に襲いかかった。二三十名の守備隊員がそれぞれの武器を携えて丘から米兵たちを狙っていた。
射て!
弾はゆっくり軌道を描いて
洞窟戦は凄まじく、ある者は投げこまれる地雷と爆雷の導火線を銃剣で叩き切った。舞い込んだダイナマイトに、自分の手榴弾を縛りつけて、逆に米軍に投げ返す者もあった。米軍の投げこんで、いままさに爆発しようとするその手榴弾を拾うより早く投げ返す者もいる。米軍に届かぬ空間で炸裂した黒煙があたりに立ちこめ、米兵が吹き飛ぶ姿、戦友が負傷にうずくまる姿が相つぐ。なかでも勇壮であったのは、ごうごうと噴射音をたてて火焔放射器が、一条の噴流を浴びせかけたとき、火焔を全身に受けて火だるまとなりながら倒れず、黒焦げになって敵兵に体当
私はこの接近戦なに左脚の不自由をまったく忘れて、いつのまにか両脚を使って闘っていた。その日、私は手持ちの最後の擲弾を手榴弾がわりに安全栓を抜ヌいては米兵たちに投げつけていた。敵は手榴弾とは異なる強力な殺傷力と、爆発音に、少なからず戦意を殺(そ)がれたようであった。戦闘約一時間。敵はついに私たちの洞窟殲滅をあきらめて、抵抗の少ない南の方へ迂回して行った。
漸(ようや)く敵を追い払い、逃げ出したと分ったとき、私はふたたび左大腿部に激痛をおぼえてその場にばったりと倒れてしまった。鮮血がすうっと足のうらまで伝わって、破れた軍靴にしたたっている。左大腿部とともに、砕けていた左腕はだらりとぶら下がっている。いっぽう、今度は、右の肩にひどい痛みをおぼえた。重い擲弾筒の弾を夢中で投げつづけたために右の肩を挫いてしまったのである。戦闘を終えたとたん、右腕もだらりと下がっていた。
<完全なのは右足一本だけだ・・・>
そう思うと無念さがこみあげてきて、絶体絶命の境地を自覚しな
暫く身体を休めると漸く気力を回復してきて右肩の捻挫を治すことはできないものかと考え始めた。能裡に、柔道三段の猛者だった増淵上等兵の柔道着姿がうかんだ。だが、彼は奮戦のあげく敵の火焔放射器を上半身に浴びて、近くの洞窟内で呻いている身の上である。
その夜、私は増淵上等兵の姿を求めて重傷者のごろごろと転がる洞窟をあちこち捜してまわった。右足一本で自分の身体を引きずるのだから、なかなか進まない。三時間も這いまわっただろうか。私はある洞窟の隅で一個の弾薬箱を発見してべつの喜びと駭(おどろ)きにひたっていた。
<こん
黒ずんだ木製の蓋の上ウエにはきれぎれに、釘か金具で削り書いたような文字が見えるではないか。
「水」「何か食べたい」「援軍は来ないか」「死ぬ前に敵を一人でも多く殺したい」「死んだら骨を頼みます」・・等々。
よく見ると、削り書カいた跡には点々と血がしたたっている。これ以上生きられず、これだけ書いて斬キり込みに出かけたのか。人間の影はどこにも見られなかった。
此の島は井戸がなく川もなかった。しかも、九月初旬の米軍爆撃開始以来、一滴の降雨もなかった。
「自分の小便を飲め」
と言う者があった。事実、小便を二日間くらい置くと塩分が沈殿して飲める水になるのであった。だが、その小便もまったく出なくなった。やがては、死を悟った重傷者が息を引き取る寸前、自分の腕を叩き斬り鉄帽に滴らせ、
「この血を飲んでくれ」
と差し出す凄惨な光景も見られた。

かつて渡るのに苦しめられた「魔の沼」の水を汲みに行こうとする者もある。だが米軍によって毒を入れられた噂もあり、沼に出かけた者が一人
草木はいうに及ばず、ジャングルや洞窟内に棲息する蛇やトカゲや、蛭、虫にいたるまで毒を含まぬ動物は、すべて食べ尽くした。

死を前にして私たちがいまや故国とつながる手段は、「父母よ、兄弟よ。俺たちはあなたたちを守るために戦った。」という誇りと訴えしかなかったのである。死を逃ノガれる術は島のどこにもない。となれば、積極的に死シを選び「故国よ。安全なれ」と願うほかはなかった。ア島を守る隊員は殆ど二十代で、それぞれ純粋な祖国愛に燃えていたのである。

米軍公刊戦史に依ると、米軍は九月二十四日以降"投降放送"をおこなっていたが同日二名、十月一日三名、同八日八十七名、九日九十名、計約百八十六名が米軍に帰順投降したという。だが、これら投降者はすべて使役されていた現地島民であって、日本兵は一人もいなかったのである。
唯一の生き残り分隊員・松島上等兵とともに頑強な抵抗を続けていた。私にとって松島上等兵は心強い伴侶であり、励まし合う可愛い部下であった。
昼さがりであった。鍾乳洞を二人で移動中、不意に何処からともなく野砲の一弾がわれわれの方向へ飛んできた。着弾点が近チカい。そう思った瞬間には眼前十米のところで、地も裂ける真っ赤な炸裂を見せて、砂塵をまきあげ、岩石を噴きあげていた。
「松島、大丈夫かッ」
と私は僅かに頭を上げて、彼に目メを投げた。
ところが、彼は目メを合わせたとき、かすかに笑い、急にがくりと顔を落オとしたではないか。
「松島!彼処(あそこ)の窪みに移れ!早くするんだ!」
動かない彼を引ヒっぱりながら、見れば彼は持モっていた小銃も手榴弾も手放している。もう握力もないらしい。

<軽傷であってくれ!>
私は一途にそれだけを祈って、窪みに近寄せた。彼は苦クルしさのあまり、背を猫のように丸くして、両掌で左胸ムネをしっかりとおさえている。傷を押さえた手の下シタからは、新しい血がびゅうびゅうと噴き出デている。重傷に間違いなかった。
「おい、松島!傷は軽いぞ。しっかりしろ。」
「俺におぶさるんだ。」
私が彼の目の前に背を向けると、彼は前のめりに崩れ落ちた。ずんぐりした彼の軀は重い。しかし、その体重を忘れさせたのは、驚くばかりに流れる彼のおびただしい血潮であった。私自身も片手・片脚だから、たった十米先の鍾乳洞へなかなか着かない。
複郭陣地の入り口グチの左側に、丁度三人くらいは楽に入ハイれる天然の洞窟が見える。漸くそこへ辿り着ツくと、私はその薄暗い壕の中ナカにできるだけ静かに彼を横ヨコたえた。
「さあ、包帯をして手当してやるぞ。傷口から手を離してみろよ」
と私は叫んでいた。

だが私自身の手がいうことをきかない。松島はただ苦しい息の下シタから、「もうしわけ、ありません」「ありがとうございます」と礼の言葉をしきりに繰り返カエすだけである。戦場で死に瀕ヒンする重傷を負った者モノの運命は自決するか、戦友に射殺して貰うか、のどちらかであったからである
戦友を見殺しにしなければ、自分が敵砲ホウに殺される戦争なのだ。いずれにせよ、彼は涙ナミダを浮かべて感謝の言葉を繰り返す。それは、戦場の習慣を破った行為に対する感激と喜びだったろう。
外部から、傷を見た私は、思わず、
<これは・・・・・・>
と呟いていた。左の乳を中心に直径約十センチ。砲弾の鋭く細長い破片が、彼の左胸部に穴をつくり、勢いよく旋回して、胸部の肉をえぐり取っているのであった。胸の穴の中には黒い血の塊が揺れ、黒褐色の臓器がピクピクと動いているのが見えるではないか。
乳を中心とした周囲には肋骨が数本あるはずだが、折れて血とともに砕け散ったのだろうか、一本もない。
手当てを終えると、暫く苦しい呼吸を続けていた松島上等兵は、やがて深い眠りに落ちていった。

真夜中のことである。わ
私は随分、迷った。その結果、
「よし、いちかばちか機先を制してみよう」
と決心した。
跳び出ダす機会を狙っていると、有難いことに照明弾がぱあッと上がって、頭上でごそごそしている張本人たちを照らし出ダした。まさしく米兵三名であった。

次の瞬間、洞窟の入り口グチから横ざまに倒れた私は、引金を引きながら薙(な)ぎ倒すように右から左へ掃射した。
静寂そのものだったジャングルに、突然、
「ダダダダッダッ・・・・・・!」
と引き裂サくような音がして、照明弾も消えて闇ヤミの中で、バタバタと米兵の倒れる様子が聞こえてきた。
洞窟へ帰ってゆくと銃声に目を覚サましたのであろう、松島上等兵は腰の銃剣を抜いて身体を半ば起オコし、米兵侵入に対してすぐ跳びかかれる体勢をとっていた。私が敵兵に射たれたと思ったらしい。
負傷して三日目。声の出せない彼は傷口を指さして、「傷の箇所を診て下さい」とでも言うように身悶えするのである。
じっと観察すると、息を吐くときにはその血のしぶきが噴き出し、吸う時はその噴出した血がさあッと引いてしまう。耳をすますと、ジブ、ジブ、シュー、シューという音が明らさまに聞こえてくるのであった。

間違いなく松島にとっては最期のときがやってきたのだ。
私は彼が哀れでならなかった。

「何か言いたいことはないか?・・・・・・」
と私は彼に言った。
聞いたとしても、私もやがては死ぬ身である。遺家族に伝言す
彼は私の掌の上でゆっくりと右の人差指を動かし始めた。
「ハンチョウドノ、ゴオン(御恩)ハシンデモワスレマセン。・・・・・・ツマトカツボー(勝坊・三歳の愛息)ニヨロシク。・・・・・・チチハリッパニハタライテ、メイヨノセンシヲトゲタ」
・・・・・・これだけ書くのに、およそ三十分はかかった。

その一字一字を判読するうちに、私は泣くまいと努力すればするほど、目頭が熱くなり、最後の文字を書き終わって右手をだらりとさせたとき、涙の止めようがなかった。
これこそ、アンガウル島守備隊員の血のにじむような思いで綴った遺言
私の差し出ダす水筒の水を彼カレは、ゴクゴクと音を出して、実に美味そうに飲んだ。松島上等兵は水を飲ノんでまもなく息を引き取トった。

<松島よ。いまに仇を討ってやる>
と敵を憎む気持ちはますますつのるばかりだった。
<どういう方法で擲弾筒を射つことができるだろうか?どうしても、敵をやっつけたい>
と考え続けた。
引金に長い針金をつけて、その先を右脚にしっかり結んでおけば、右足を引っぱることで射撃ができるのではあるまいか、などと考えた。だが、実際に操作してみると擲弾筒は思うように動いてくれず、私は狙うことも発射することもできない。

<助手を捜すしかない・・・・・・>
再び重い脚を引きずって岩角や岸壁を頼りながら、歩きつづけた。暫くして、岩の向こうに二、三人の人の気配を感じて私は立ち止まった。彼らは朝になって攻撃してく
「君たちは何中隊チュウタイの者か?」
と私は彼カレらの背後から声をかけた。
三人の若い兵ヘイは作業の手をとめて振り返カエって私を見たが、血に染ソまった姿に驚きの眼差(まなざし)で一斉に挙手に礼をする。
そのうちの一人は同じ中隊の後輩である金井上等兵であることに

 

 

 

参考文献:
「英霊の絶叫」 文芸春秋社 昭和四十一年