戻る

グローバリズム歴史地図 ~グローバリズムを常に警戒して日本を護りましょう~ (製作中。)

「ユダヤ人の歴史地図」の「グローバリズム版図」だけを表示しただけものです。

下の3つの言及が無いユダヤ史の説明は、グローバリズム勢力による歴史事実を隠すための洗脳工作の可能性があります。

1.枢軸国側の視点のユダヤ人の歴史情報の有無
(連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方を同時に見ないと歴史事実が見えない。戦後日本は全て連合国(グローバリズム)側の情報しか言われないが、それでは非常に偏っている。戦前の日本でユダヤ人を多数助けたが、一方でユダヤ人は警戒が必要という意見も結構あった。(国立国会図書館のネットサービスでも読める)。戦後は無警戒にユダヤ人は仲間だ兄弟だという意見がほぼ全てで、ユダヤ人への警戒の意見がほぼ皆無になったが、向こうはグローバリズムが根底なのでその路線だと日本が滅びる方向になってしまうので、やはり警戒も必要で、連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方の視点の情報を同時に見て各自が考えるべき。)

2.タルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及の有無
(宗教の問題だけに限定し民族・人種の話をあまりしない、移民の歴史とユダヤ人の歴史を重ねて見て考えない、20世紀の話が多くされるがユダヤ人が紀元前から植民地と奴隷を多数展開してたのを言わない、聖書の話が多く、タルムードの話はあまりされないし、されてもタルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及はまずされない。今も、通貨発行権や派遣労働などで実質的にやっているのが問題。
「~本来の戒律とは全然反対のものを作り出すことに妙を得ていたからであると云はれている。グレーツ「猶太史」 第四巻一七八頁)」(「猶太民族の歴史的足跡」 三五頁)
「幼稚な人道主義者は、猶太律法は進歩した我々の時代に於ては最早行われていぬものであると考える。かかる意見を覆す事実は、約九百万の猶太人--これは世界の全猶太人口の約三分の二である--が今なおタルムードの厳格な信奉者であると云う事実である。されば凡(あら)ゆる國々の法律も猶太人にとって元来目の上の瘤であり、猶太人は常にそれに反抗することに力(つと)め、若しくはタルムード的狡猾さを以てそれを自分の目的の為に解明することに力めて来たのである。 それ故吾人の見聞する通り、猶太人は市民として凡ゆる職業に進出することに力めたのは稀であり、常に自分の為に特別の状態や特別の法律を獲得することに全力を傾倒してきた。一国の法律は猶太人がその術策を実行するのを機械的に妨げたけれども、此の法的束縛が何等かの影響の下に弛緩した時、猶太人は真先に凄じい勢で破口に突入した。我々は今日それをロシアに於て見、一九三三年前の独逸に於て見た。 大都会の猶太人はタルムードの律法とは全く無縁であるなどと云う見解にも賛成してはならぬ。何となれば、猶太人を作ったのはタルムードではなく、タルムードを作ったのは猶太人であるからである。加之(しかのみならず。「その上」の意)、該書は既に二千年間猶太人の生活を支配して来たのであり、子供には六歳の時から毎日吹き込まれ、従って当然の事乍(なが)ら、無神論的思想を有する株式投機業者であらうと、熱狂的宗教信者であらうと、猶太服を来たタルムード主義者であらうと、凡ての猶太人の性格を一定の方向に育成したのである。(「猶太民族の歴史的足跡」三九頁)
タルムードをベースに一枚岩の可能性もあり、そういう歴史の情報も多数ある。実体験として、イスラエルの人にタルムードについて話をしたら、「あなたが何故それを知っているの?」と言って非常に驚いた顔をした後で、不愉快の顔をしてそれ以降話をしなくなった人がいた。

3.ユダヤ人と日本人は真逆についての言及の有無
(根本が、ユダヤ人はグローバリズム・個人主義 、日本人は国民主義なので真逆。似てる瑣末な例を上げてユダヤ人と日本人は似ているという意見が何十年もメディアでなされてきたが、最重要の根本が真逆なので、似ているという意見は警戒を持たせないでグローバリズムで日本を滅ぼすための洗脳工作だと断言できるし、実際にそうなってきている。)
/**********************/

もともと遊牧民で、紀元前から地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していた根っからのグローバリズム民族なので、例えば前1700年ころもエジプトに侵入していた歴史もあり、現在自分の国があるからイスラエルの人はナショナリズムでありグローバリズムではないという意見もありますが、歴史を見ると根っから全てグローバリズム民族の可能性があるので、現状の無警戒だと國にとって非常に危険だと思います。「警戒」と「敵対」は違います。國は個人とは違うので、「警戒しつつ必要な交流」をすべきで、(国民にも)警戒が無い場合は「ゆでガエル式」に國が滅ぼされます。

隠された根底に世界中の國と他文明を滅ぼし他民族を家畜奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的で不寛容で内向きでグロテスクな保護主義であるグローバリズム。

共産主義も新自由主義もグローバリズムです。例えばチャイナでは千年以上前からユダヤ人共同体があり、1163年から開封でユダヤ人シナゴーグが建設されたりしていました。1286年にマルコ・ポーロがチャイナにおけるユダヤ人の商業上および政治上の影響力について記述しているとの事で、全く影響力が無ければ記述するわけがありません。チャイナは国名が無く王朝だけがあるとよく云われますが、実は、昔からグローバリズムのエリアだったのです。チャイナとUSAがイデオロギーが逆なのに親密になるのが不思議がられてきましたが、そういう民族的理由も一つあるかもしれません。ちなみに、米ソも同じ理由で冷戦自作自演説もあります。

国家間や文明間の話に終始する話が世の中のメディアの殆どを占めていますが、それは意図的に「グローバリズム 対 ナショナリズム」というもう一つの重要な世界史の側面に気づかせないためのグローバリズム勢力による隠蔽工作の可能性があります。
少数の他民族に力を持たせて國を滅ぼすという手法は、今に至るまであちこちで繰り返されているように見えます。

よく、「グローバリズム勢力の目的は経済」と言われて判断基準にされますが、実は、 彼の教義に書かれているとされている事と歴史事実からすると、「目的は国滅ぼし他民族奴隷化、目標は経済」の可能性もあって、それを裏付けるかのような某共同体の経済面よりも国境を無くす体制の維持を優先した実例などの沢山の歴史事実もあります。

グローバリズム勢力は、かの教義をもとに「実質的に一枚岩」の可能性があって、 そう思わせないために様々な自作自演で「敵対してるから一枚岩じゃない」と思わせる様々な自作自演工作を、今まで日常的に沢山しているようにも見えます。グローバリズム勢力の十八番は自作自演という意見もあります。ハザールが彼の民族のルーツで、もともとのユ○ヤ民族は別でかわいそうな民族という論調もありますが、ハザールができる何百年も前から彼の教義ができており、そもそも紀元前からフェニキア人と一緒に地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していたとのことなので、もともとも何もやはりグローバリズム民族であるのに変わりはなく警戒は必要です。

世界大戦は、グローバリズムとナショナリズムの構図という面もあり、グローバリズムが勝利し世界の大勢を支配してきました。歴史を中立に見るために、グローバリズムとナショナリズムの両方を同時に見る必要があると思いますが、グローバリズムが大勢を支配しているせいか、世界史の教科書でもナショナリズムは必ず教えられますが(良くないものとして)、一方、グローバリズムは殆ど書かれずタブーに近いような印象さえあるのは異常な状況である。教育とメディアが、極端にグローバリズムに偏った洗脳をしてきた戦後日本、國民に國の意識を失くさせ実質的な奴隷状態にしておけば間接統治する側から見ると都合がよいからだ。國の意識を取り戻さないと日本が滅ぶ状況まできているので、ナショナリズム差別をなくしグローバリズムに極端に偏った現状から公平中立に戻しましょう。

価値観の1番をお金に置くと、世界の金融を牛耳る古来の国債金融資本民族に買われて國が滅ぼされてしまいます。
世界史地図を見るとアフリカ・アジアなど世界中で、同じ民族や少数民族から奴隷を売る売国奴が出て國が滅び、植民地になっています。それは金融に形を変えて、今も世界中で同じことが行われて経済植民地支配されています。


東インド会社のように、現地の國の株式会社化(=世界中の國の滅亡と他民族の奴隷化)が目的とも言われています。○○の方舟計画で、人のDNAは彼のグローバリズム民族のDNAだけ入れられて、その後地球を焼け野原で殆ど死滅させられて、彼のグローバリズム民族だけの惑星にされる可能性も意識に入れて、そうならないように日本人のDNAを地球焼け野原にされても復活するようにする様々な準備も急務である。グローバリズム勢力が他民族を家畜奴隷支配する方法は、昔は軍事力を使って、現在は金融(通貨発行権)を使って、未来は人工知能を使ってなされる可能性がありますので、そうなる前に国民主義側でも國民を護る力を今から付ける必要があります。マスター人工知能が世界中の人工知能を支配し、マスター人工知能を支配するものが世界を支配するという話が出てきたりしてますが、グローバリズム勢力が人工知能を代理人として他民族を家畜奴隷とするということであり、そうならないように世界中の人口比のほとんどを占める國民で世界中の國と國民を護る処理をする人工知能をブラッボックスを点在させての開発が急務であり、万が一最悪の場合でも最低限の國民と國を護るシェルター的な人工知能も同時に開発が急務である。

国境を無くす方向のグローバリズムにいくと自由で才能も出てくるとメディアが必死で洗脳していますが、実際は逆で、某グローバリズム民族に実質的な家畜奴隷にされて搾取・虐殺されてきたのは世界史を見れば明らかであります。実は、日本が最も古くから1000年以上前から民主主義と自由があり、日本の独特なものづくりはそこから生まれました。
古代ギリシャは民主主義が早かったと言われますが、奴隷制度があり(某グローバリズム民族が関わっていたともいわれる)、奴隷制度の無い本当の民主主義は日本が最古といっても良いです。
グローバリズムの方向にいくと、実は多様性も才能も出てきませんし(価値観が世界で一つなので当然の帰結)、一見自由でも実質的に管理されて(○○ナンバーとか)不自由や表現の自由が侵害されたりします。

国境線がしっかりあって同じ国民が安心して暮らせる不安の無い自由な環境があってはじめて多様な才能が出るのは日本の様々な面白いコンテンツを見れば明らかです。日本の八百万の神々の中に無限の多様性が初めから入っているのです。

日本人の価値観は、金など2の次3の次で、学問の発展のため永遠の真理の追求のためは素晴らしいと思いますが、その普遍性をグローバリズム勢力が國滅ぼしの口実に使っている現状を考えると、1番は天皇陛下のため、日本のため、に取り戻す必要があり、それが唯一の日本を護り國を子孫に残す方法だと思います。今までは、國民側が後手後手の防戦一方でしたが、これからは先手で「隠されてきたグローバリズムの歴史」をどんどん全國民で出していくことが日本を護る唯一の道です。歴史事実を知れば、子々孫々の日本人が侵略に気付き、その時々の最新・最良の対策を立てて日本を護ることができると確信します。

(かたまり歴史地図化(グローバリズム歴史地図データをもとにかたまり歴史地図を作成)することにより、グローバリズムの歴史の流れや及ぼしてきた影響を一目瞭然にでき、かつ、触って触覚で感じることができます。)

あくまで試作の一例で、この通りではないかもしれません。内容等についてなんら保証しません。

國民で歴史事実を把握した上で、八紘爲宇の心で世界の民族仲良くやっていきましょう!

 

2015年9月28日:公開開始 Ver0.01