戻る

捕鯨の歴史と世界史地図


欧米帝国が捕鯨しすぎてコククジラなどのクジラを絶滅させてきました。
よくニシンの帝国と云われるオランダ帝国は、捕鯨史と世界史地図を重ねてみると、捕鯨帝国のオランダ帝国である可能性が高いが、なぜか捕鯨帝国のオランダ帝国とは言われないしアンボイナ事件も言われません。
捕鯨帝国のオランダ帝国・イギリス帝国・アメリカ帝国が、鯨のおかげで発展したのが一目瞭然になります。ペリーが捕鯨のために日本に開国要求。イギリスはオーストラリア付近で捕鯨。
ノルウェーは一貫して捕鯨に注力。
日本は欧米と違い、絶滅しないように管理しながら捕鯨している。
神武天皇にクジラが献上されました。
國民に、捕鯨の歴史の全体を教えない状況で、現在生じた事だけに限定して繰り返し煽るという残念な現状は、國民のために良くないし異常です。
捕鯨の歴史の全体を日本人の子孫に伝えていきましょう。

参考資料:「A History of World Whaling 」Daniel Francis、「捕鯨問題の真実」水産庁、「南氷洋捕鯨史」板橋守邦、wikipedia、日本捕鯨協会サイト

Ver1.4 版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力) 皇紀2675年11月23日

Ver1.1 版図追加(チャガタイハン国、オゴタイハン国、ブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国、クリムハン国、ハザール・ユダヤ王国、カザンハン国、ハワイ王国、ノーサンブリア王国、マーシア王国、イースト・アングアリア王国、エセックス王国、ウェセックス王国、ケント王国、サセックス王国、イングランド王国、スコットランド王国、グレートブリテン王国、大英帝国の植民地、カナダ版図修正(準州と州)) 皇紀2675年8月18日

Ver1.0 皇紀2675年2月8日

Ver0.1 公開開始 皇紀2675年1月30日