戻る

移民の歴史と世界史と世界史地図 ~実質的移民や偽装難民を多く入れると國滅ぶ~

仁徳天皇さまは全ての日本の民のかまどを心配してくださったわけで、翻って現代をみると現代の奴隷制の「間接雇用」をさらに進めてる時点で、民の気持ちが分からない日本精神の無い許されないものであります。
メディアは「正規雇用か非正規雇用か」しか言いませんが、それは「直接雇用か間接雇用か」という最大の問題に気づかせないための隠蔽工作の可能性が高いです。
そして、どこのメディアも「直接雇用か間接雇用か」という最大の問題を取り上げない事自体が最大の問題です。
世界史をみると、グローバリズム勢力の手先となった者の中で、国にとって大きな実績を残した者はいません。用済みになったらポイ捨てにされ、歴史上も売国奴として残ります。

グローバリズム工作をメインで説明しない((隠してるのに近い)ということは、国民の許可を得ていない日本破壊行為であり、絶対に実現してはいけません。
国民が選んでいない民間議員とかいう輩が勝手にグローバリズム工作を進めることも、全て国民の許可を得ていない日本破壊行為であり、絶対に実現してはいけません。
国民一人一票の民主主義が破壊されてきて、グローバリストによる実質的独裁体制にどんどん進んでいる非常に危険な状況なので、英米のように全国民で国民主義を立ち上げないと日本が滅びる寸前です。

グローバリズム経済工作を進める名目のために、グローバリズム勢力が有事を作っている可能性が高いです(85年あたり、2000年代前半、今回、の3回とも全て)。二者択一(軍事か経済か、祈りか科学か、など)の感覚自体が戦後70年続いてきた属国奴隷根性であって、一般論として詐欺師は優先順位という虚構で騙して本当の選択肢を出しませんが、「腹が減っては戦ができぬ」の通りで軍備も戦争も国民経済がしっかりあってこそ出来るわけで、本当は両方同時にという第三の選択肢が必要なのです。85年あたりと2000年代前半の「愛国装い国を売る」の大グローバリズム工作が一気になされ、そして現在は3回目の「愛国装い国を売る」大グローバリズム工作のとどめで日本が滅びる寸前です。 「グローバリズム」対「国民主義」で見ないと全く見えてこないと思います。(同時に、枢軸国側の視点も含めた本当のユダヤ史も見る必要がある) 日本だけが未だに、かつ、世界で最もグローバリズムを追いかけてる情けない現状です。修身と国史を学び、「村上義光」を見習って決して諦めないで、主権者たる国民が国民主義を望み各自主張しつづければ、いづれ国民主義の選択肢が出来ると確信します。

グローバリズム勢力が難民を作るために世界各地で戦争を起こして、ターゲットの國に難民を入れて國を破壊してきた可能性が高いです。
同時に、偽装難民も近隣諸国からどんどん入れています。
今、日本で最も必要なのは国境をしっかり高くして、実質的移民や偽装難民を入れないことであり、本来の難民も発生しないように世界平和を目指し、もし難民が発生してしまったら当事国間と国連が責任を持って他国に行かないようにするのがグローバリズム勢力の本当の義務です。

「10年後は何割の仕事が無くなる」という煽りをグローバリズム勢力がここ10年くらいしつこくしていますが、それはグローバリズム勢力が「間接雇用」という現代の奴隷制を進めて、国民の安定的な「直接雇用」を奪って、グローバリズム勢力は汗をかかずに利益を中間搾取している現実に気づかせないための隠蔽工作の面が大きいです。

今の日本の諸悪の根源は、現代の奴隷制である「間接雇用」です。
85年あたりから始まって、2000年代前半で一気に拡大し、今回さらに拡大しています。

失業率が低いとメディアはいいますが、その内の「間接雇用」を除いたら全く失業率が高い状況であります。
人手不足をいわれますが、例えば現代の奴隷制の間接雇用を禁止して、業者の中間搾取分を労働者の給料に上乗せすればまだまだ労働者は集まります。デフレ脱却にもなります。
業者は、その際のマッチングの情報システムとかいいますが、そんなもんは國で國民の福祉の一環でやればいいのです。
すべて直接雇用でやってから、さらに各社で設備投資などで生産性向上に取り組めば何の問題もありません。

まず言われないのですが、業界によっては、自社で形だけ正社員でも仕事は客先常駐で、形態や安定性など実質的に間接雇用と変わらない「偽装派遣」「偽装請負」「多重派遣」が数十年前から横行しており、それが最大の問題です。
ここらへんの問題をどこのメディアも言わないのが大問題です。
さらに、短期間で拡大(外国法人買収含め)し、不祥事工作され、結局多くの日本の大企業が潰されてきたので、
細く長くの方がよかったのは明かで、規模よりも細く長く生き延びるための戦略にややシフトした方が長期に安定的に國のGDPも上昇するかもしれません。

/**********************/


人口が減ったとメディアが大騒ぎしていますが、「正規雇用」と所得が増えればいつの時代も人口は増えるので大丈夫です。それよりも非可逆である実質的移民を多く入れるのは國が滅亡しますので絶対にしてはなりません。
現代の奴隷制「間接雇用」の問題をどこのメディアも言わないのが大問題です。
間接雇用を禁止し、直接雇用を創出し、デフレ脱却が最重要課題です。

50年後は日本の人口が8000万人になるとかの予測をグローバリズム勢力メディアが出してきましたが、
長期予測が当たったことはほとんどありません。(その通りになっても200ある國の中の20位の多さです)
50年前に今日の日本を予測していた人はほとんどいません。
そして、なぜその時の他の國の予測を出さないのでしょうか?

[グローバリズム勢力による嘘の洗脳工作の常套手段]
・他国の話を隠す(他国は同じ時代にもっと悲惨な事が多いので隠す。全体で見ると嘘がぶつかってバレるので狭い範囲に限定した話で騙す)
・長期予想はだいたい外れる(グローバリズム勢力の願望の方向へ人々を動かすための嘘の内容。グローバリズム勢力の願望日記。)

これは、実質的移民を多く入れて國を滅ぼすための洗脳工作なので注意が必要です。
日本國は天皇(男系)を中心に日本民族が大八洲でまとまって世界史上最長の歴史を築いてきましたし、これからもそうです。

(白字が移民の歴史、緑字が世界史です)


/**********************/

「キ○ズウィークで有給消化という形で労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」、
「睡○負債解消という形で労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」、
「○き○改革という形で労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」、
「過労死対策という形で労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」、
「何々フライデーとかで労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」

これらの話がいきなりメディアに出てきて、國民の許可も無く勝手に進めている現状。
グローバリズム勢力が裏で支持率によりそれらを進めるが、イギリスのEU離脱やUSA大統領選で、メディアのいう 支持率はグローバリズム勢力による真っ赤な嘘だとバレてます。
日本人は家畜奴隷ではない。國を滅ぼす事を勝手にやるな!日本國民をなめるな!といいたい。

メディアが「労働の質の時代」とか言って勝手に己の願望の時代を作ろうとしてますが、この20年くらいそういった論調がありますが、量が質を生むので、質の時代ならばさらに労働時間を増やす必要があるのですが、メディアはあの手この手で日本の労働時間を減らしてGDP上昇を妨害してるのが明らかで、また、労働時間を減らす工作に警戒させないための洗脳工作であり、 「高度人材」の移民推進の洗脳工作でもあるといえます。

/**********************/

歴史事実とされる項目を表示するだけのものです。移民の歴史と世界史と國の歴史地図を重ねると何が見えてくるか?

隠された根底に世界中の國を滅ぼし他民族を家畜奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的で不寛容で内向きでグロテスクな保護主義であるグローバリズム。

西ローマ帝国に侵入したゲルマン民族は総人口の5%だったとの事で、それで滅びました。現在日本に1000万人の移民を入れようとの話がありますが、それですと約7.7%で十分國が滅びる割合です(しかも既に200万人以上入ってるとの事です)。 欧州がそのくらいの割合として例に出されますが、欧州はEUというグローバリズムの支配地域になってしまい実質的に國がある程度滅びているともいえます。そもそも欧州各国と日本は何も関係がありませんし、何でも合わせるのは駄目です。50年かけて1000万人という話ですが、年20万人としても移民が子供を沢山産むし混血も進むし配偶者が洗脳で反日的な思想を持つ可能性があるので、実際の混血する割合や子供の数は分かりませんが、その計画どおりにすると20年くらいで國が滅びる可能性があります。移民の結果として國の変化があるという面だけでなく、某グローバリズム勢力が世界中の國を破壊するために移民を作り出し増やし混血を進めている面があるとの事なので要注意です。異常に安い航空会社の急増や、急にメディアが言い出した民泊や、近年のアパート投資の急増や、いわゆるハーフといわれる人を非常に多く出し洗脳するメディアなど多数の例があります。少子化を進める様々な卑劣な洗脳工作を同時にして、移民の比率を更に上げて1日でも早く日本を滅ぼそうとしています。

よく満州やブラジルなどの移民をとらえて国策で日本もやってきたのだからという論調がメディアで多いですが、当時は世界中で移民しまくりの時代であり、なぜかいつも排日移民法しか言われませんが実はそれより前にチャイナに対しての反移民法が制定されていたとの事で(USAで)、とにかく100年ちょっと前の世界はグローバリズム勢力が世界中の國で移民を作り、各国に中央銀行を作り、世界大戦で各国を破壊し地球統一政府を作り他民族を家畜奴隷化しグローバリズム勢力は優雅な暮らし、を目指す流れがあった可能性があります。なせか19世紀後半地世界各国で先進国からも同時期に移民が急増して、その後例えばイタリアなどではファシズム(まとまる、の意=国民主義)政権による移民の禁止とありますが、それ自体が「グローバリズム VS ナショナリズム」の戦いだった可能性があります。現在ほぼ全てのメディアを支配しているグローバリズム勢力は都合が悪いので国民主義を悪いように洗脳していますが。そもそも、長く鎖国していた島国民族日本民族が自ら移民を発案するとは考えにくいですし、ずっと日本列島で生きてきて、二宮金次郎などの偉人を見習って質素倹約で生きてきたわけで、食えないからといって食えるかどうかもわからない異国に行くのを日本人が発案したとは考えにくいです。(現在の憲法もそうですが真の発案者は隠されて、日本人がしたとされる事がほとんど。嘘の資料やメディアで世界中が欺かれてきました。)

数百年~数千年の移民の歴史と世界史地図を見ていると、移民推進と移民抑制の波の動きを使って国境を破壊というか國破壊されてきたようにも見えます。

現在世界で求められ始めた「グローバリズム VS ナショナリズムの新しい世界史観」は、特定の大統領が国民主義・愛国主義というだけでなく、今回民族の動きと世界史地図を重ねるアニメーションを作ることで、1000年以上前からユダヤ人 VS スラブ人 の流れもあったことが一目瞭然になりました。グローバリズムは彼の民族の彼の教義からくるといわれる1000年以上前からのもので、ナショナリズムは通常のどの國の民族ももっているものです。ハザールが彼の民族のルーツで、もともとのユ○ヤ民族は別でかわいそうな民族という論調もありますが、ハザールができる何百年も前から彼の教義ができており、そもそも紀元前からフェニキア人と一緒に地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していたとのことなので、もともとも何もやはりグローバリズム民族であるのに変わりはなく警戒は必要です。

本来、国や歴史の「専門家」が国民のために作成し公開されているべきものだと思うのですが、「移民の歴史と世界史地図のアニメーション」は今の日本で一番必要なコンテンツなのにもかかわらず、残念ながらいまだに全く作成されないままの現状なので何をやっているんだいい加減にしろと言いたいですが、少しでも日本を護るために、製作中ですが公開開始させていただきました。民族と宗教と政治はタブーと言われますが、それは奴隷を奴隷のままで間接統治するための嘘の洗脳の結果であり、GHQの事後検閲が今は自己検閲になって間接奴隷が自分から足かせを装着している現状であり、本当の事を國民が知らなければ知らないところを利用されて滅ぼされます。国家意識や公益心の無い専門家のタコツボ化が言われて久しいですが、我が身はどうなろうともタブーを打ち破って國民に本当の事を教えていくのが専門家の役割ですが、日本に専門家はいないのでしょうか?そんなのなら人工知能のほうがマシです。

八紘為宇はグローバリズムという意見がありますが、そうではなくて、個人主義の視点からいえばグローバリズムに見えるかもしれませんが、国民主義・國単位の視点から言えばナショナリズムの考えです。戦前の国民主義の日本が提唱したのでナショナリズム(国民主義)の考えであり、何でも個人主義(ユダヤ主義)で考えるのはGHQの洗脳工作の結果です。

現在も、既に欧州で移民を入れると國がどんどん破壊されて滅亡の方向に進んでいるのは誰が見ても明らかで結果が出ている事で、実際に欧州各国で反移民の動きが大きくなっているのが現実です。そしてUSAで初めて国民主義の大統領が誕生して「国境に壁を作り、不法移民を国外に出して自国民と自国の産業を大切にする」と本来当たり前の事を言っていわばグローバリズム勢力からの独立記念日になってますし、世界中で国境線を意識することが求められ始め、今までよりは世界が安定化すると言われています。移民国家のUSAでさえ沢山の反移民法を制定して移民に反対してきた事実があるので、何でもUSAを後追いする日本もUSAを見習って反移民法の制定の検討が急務である。皇室を中心として日本民族が家族のように暮らす日本だからこそ世界史上最長の歴史を有しているわけで、大量移民を入れるたびに國の寿命が短くなっていくようなものである。

イギリスのEU離脱やUSAの大統領選で、メディアは嘘ばかりついてきたのが白日の下にさらされました(というか、何百年も前からグローバリズム勢力が他民族を家畜奴隷化するために欺くために作ったのがメディアとも言われています)。次々と移民の名称を変えてごまかしたり、嘘の名目(過疎対策や人手不足の救世主、高度人材で経済発展、観光ビザでいなくなる、実習制度でいなくなる、など)でメディアが必死こいて洗脳して何とか入れようとしてますが、どんな名称や名目であれ、言葉より実態で「他国から来て日本に長くとどまる(とどまろうとする)」のを移民と考えるとメディアに騙される率が下がると思います。

「移民の歴史と世界史地図」を見ると、移民で成立した國でない場合は誰が見ても明らかな「実質的移民多く入れると國滅ぶ」という歴史事実を全国民で把握し、日本人の子孫に伝えていきましょう!

 

 

参考資料:「移民の1万年史」、「カラー世界史百科」、「移住・移民の世界地図」、「世界の民族地図」、「人の流れでわかる世界の歴史」、「道の文化史」、「世界の「道」から歴史を読む方法」、 wikipedia

Ver 0.7 公開開始 皇紀2076年12月23日