戻る

移民の歴史とユダヤ史地図と世界史地図 ~実質的移民多く入れると國滅ぶ~

下の3つの言及が無いユダヤ史の説明は、グローバリズム勢力による歴史事実を隠すための洗脳工作の可能性があります。

1.枢軸国側の視点のユダヤ人の歴史情報の有無
(連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方を同時に見ないと歴史事実が見えない。戦後日本は全て連合国(グローバリズム)側の情報しか言われないが、それでは非常に偏っている。戦前の日本でユダヤ人を多数助けたが、一方でユダヤ人は警戒が必要という意見も結構あった。(国立国会図書館のネットサービスでも読める)。戦後は無警戒にユダヤ人は仲間だ兄弟だという意見がほぼ全てで、ユダヤ人への警戒の意見がほぼ皆無になったが、向こうはグローバリズムが根底なのでその路線だと日本が滅びる方向になってしまうので、やはり警戒も必要で、連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方の視点の情報を同時に見て各自が考えるべき。)

2.タルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及の有無
(宗教の問題だけに限定し民族・人種の話をあまりしない、移民の歴史とユダヤ人の歴史を重ねて見て考えない、20世紀の話が多くされるがユダヤ人が紀元前から植民地と奴隷を多数展開してたのを言わない、聖書の話が多く、タルムードの話はあまりされないし、されてもタルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及はまずされない。今も、通貨発行権や派遣労働などで実質的にやっているのが問題。
「~本来の戒律とは全然反対のものを作り出すことに妙を得ていたからであると云はれている。グレーツ「猶太史」 第四巻一七八頁)」(「猶太民族の歴史的足跡」 三五頁)
「幼稚な人道主義者は、猶太律法は進歩した我々の時代に於ては最早行われていぬものであると考える。かかる意見を覆す事実は、約九百万の猶太人--これは世界の全猶太人口の約三分の二である--が今なおタルムードの厳格な信奉者であると云う事実である。されば凡(あら)ゆる國々の法律も猶太人にとって元来目の上の瘤であり、猶太人は常にそれに反抗することに力(つと)め、若しくはタルムード的狡猾さを以てそれを自分の目的の為に解明することに力めて来たのである。 それ故吾人の見聞する通り、猶太人は市民として凡ゆる職業に進出することに力めたのは稀であり、常に自分の為に特別の状態や特別の法律を獲得することに全力を傾倒してきた。一国の法律は猶太人がその術策を実行するのを機械的に妨げたけれども、此の法的束縛が何等かの影響の下に弛緩した時、猶太人は真先に凄じい勢で破口に突入した。我々は今日それをロシアに於て見、一九三三年前の独逸に於て見た。 大都会の猶太人はタルムードの律法とは全く無縁であるなどと云う見解にも賛成してはならぬ。何となれば、猶太人を作ったのはタルムードではなく、タルムードを作ったのは猶太人であるからである。加之(しかのみならず。「その上」の意)、該書は既に二千年間猶太人の生活を支配して来たのであり、子供には六歳の時から毎日吹き込まれ、従って当然の事乍(なが)ら、無神論的思想を有する株式投機業者であらうと、熱狂的宗教信者であらうと、猶太服を来たタルムード主義者であらうと、凡ての猶太人の性格を一定の方向に育成したのである。(「猶太民族の歴史的足跡」三九頁)
タルムードをベースに一枚岩の可能性もあり、そういう歴史の情報も多数ある。実体験として、イスラエルの人にタルムードについて話をしたら、「あなたが何故それを知っているの?」と言って非常に驚いた顔をした後で、不愉快の顔をしてそれ以降話をしなくなった人がいた。

3.ユダヤ人と日本人は真逆についての言及の有無
(根本が、ユダヤ人はグローバリズム・個人主義 、日本人は国民主義なので真逆。似てる瑣末な例を上げてユダヤ人と日本人は似ているという意見が何十年もメディアでなされてきたが、最重要の根本が真逆なので、似ているという意見は警戒を持たせないでグローバリズムで日本を滅ぼすための洗脳工作だと断言できるし、実際にそうなってきている。)
/**********************/

もともと遊牧民で、紀元前から地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していた根っからのグローバリズム民族なので、例えば前1700年ころもエジプトに侵入していた歴史もあり、現在自分の国があるからイスラエルの人はナショナリズムでありグローバリズムではないという意見もありますが、歴史を見ると根っから全てグローバリズム民族の可能性があるので、現状の無警戒だと國にとって非常に危険だと思います。「警戒」と「敵対」は違います。國は個人とは違うので、「警戒しつつ必要な交流」をすべきで、(国民にも)警戒が無い場合は「ゆでガエル式」に國が滅ぼされます。

歴史事実とされる項目を表示するだけのものです。移民の歴史とユダヤ人の歴史地図と國の歴史地図を重ねると何が見えてくるか?

隠された根底に世界中の國と他文明を滅ぼし他民族を家畜奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的で不寛容で内向きでグロテスクな保護主義であるグローバリズム。

西ローマ帝国に侵入したゲルマン民族は総人口の5%だったとの事で、それで滅びました。現在日本に1000万人の移民を入れようとの話がありますが、それですと約7.7%で十分國が滅びる割合です(しかも既に200万人以上入ってるとの事です)。 欧州がそのくらいの割合として例に出されますが、欧州はEUというグローバリズムの支配地域になってしまい実質的に國がある程度滅びているともいえます。そもそも欧州各国と日本は何も関係がありませんし、何でも合わせるのは駄目です。50年かけて1000万人という話ですが、年20万人としても移民が子供を沢山産むし混血も進むし配偶者が洗脳で反日的な思想を持つ可能性があるので、実際の混血する割合や子供の数は分かりませんが、その計画どおりにすると20年くらいで國が滅びる可能性があります。移民の結果として國の変化があるという面だけでなく、某グローバリズム勢力が世界中の國を破壊するために移民を作り出し増やし混血を進めている面があるとの事なので要注意です。異常に安い航空会社の急増や、急にメディアが言い出した民泊や、近年のアパート投資の急増や、いわゆるハーフといわれる人を非常に多く出し洗脳するメディアなど多数の例があります。少子化を進める様々な卑劣な洗脳工作を同時にして、移民の比率を更に上げて1日でも早く日本を滅ぼそうとしています。

よく満州やブラジルなどの移民をとらえて国策で日本もやってきたのだからという論調がメディアで多いですが、当時は世界中で移民しまくりの時代であり、なぜかいつも排日移民法しか言われませんが実はそれより前にチャイナに対しての反移民法が制定されていたとの事で(USAで)、とにかく100年ちょっと前の世界はグローバリズム勢力が世界中の國で移民を作り、各国に中央銀行を作り、世界大戦で各国を破壊し地球統一政府を作り他民族を家畜奴隷化しグローバリズム勢力は優雅な暮らし、を目指す流れがあった可能性があります。なせか19世紀後半地世界各国で先進国からも同時期に移民が急増して、その後例えばイタリアなどではファシズム(まとまる、の意=国民主義)政権による移民の禁止とありますが、それ自体が「グローバリズム VS ナショナリズム」の戦いだった可能性があります。現在ほぼ全てのメディアを支配しているグローバリズム勢力は都合が悪いので国民主義を悪いように洗脳していますが。そもそも、長く鎖国していた島国民族日本民族が自ら移民を発案するとは考えにくいですし、ずっと日本列島で生きてきて、二宮金次郎などの偉人を見習って質素倹約で生きてきたわけで、食えないからといって食えるかどうかもわからない異国に行くのを日本人が発案したとは考えにくいです。(現在の憲法もそうですが真の発案者は隠されて、日本人がしたとされる事がほとんど。嘘の資料やメディアで世界中が欺かれてきました。)

紀元前から地中海沿岸をはじめ各地に植民地と奴隷を作っていた某グローバリズム民族の歴史地図と、通常言われる移民の歴史を重ねると何が見えてくるか?

数百年~数千年の移民の歴史と世界史地図を見ていると、移民推進と移民抑制の波の動きを使って国境を破壊というか國破壊されてきたようにも見えます。

現在世界で求められ始めた「グローバリズム VS ナショナリズムの新しい世界史観」は、特定の大統領が国民主義・愛国主義というだけでなく、今回民族の動きと世界史地図を重ねるアニメーションを作ることで、1000年以上前からユダヤ人 VS スラブ人 の流れもあったことが一目瞭然になりました。グローバリズムは彼の民族の彼の教義からくるといわれる1000年以上前からのもので、ナショナリズムは通常のどの國の民族ももっているものです。ハザールが彼の民族のルーツで、もともとのユ○ヤ民族は別でかわいそうな民族という論調もありますが、ハザールができる何百年も前から彼の教義ができており、そもそも紀元前からフェニキア人と一緒に地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していたとのことなので、もともとも何もやはりグローバリズム民族であるのに変わりはなく警戒は必要です。

本来、国や歴史の「専門家」が国民のために作成し公開されているべきものだと思うのですが、「移民の歴史と世界史地図のアニメーション」は今の日本で一番必要なコンテンツなのにもかかわらず、残念ながらいまだに全く作成されないままの現状なので何をやっているんだいい加減にしろと言いたいですが、少しでも日本を護るために、製作中ですが公開開始させていただきました。民族と宗教と政治はタブーと言われますが、それは奴隷を奴隷のままで間接統治するための嘘の洗脳の結果であり、GHQの事後検閲が今は自己検閲になって間接奴隷が自分から足かせを装着している現状であり、本当の事を國民が知らなければ知らないところを利用されて滅ぼされます。国家意識や公益心の無い専門家のタコツボ化が言われて久しいですが、我が身はどうなろうともタブーを打ち破って國民に本当の事を教えていくのが専門家の役割ですが、日本に専門家はいないのでしょうか?そんなのなら人工知能のほうがマシです。

八紘為宇はグローバリズムという意見がありますが、そうではなくて、個人主義の視点からいえばグローバリズムに見えるかもしれませんが、国民主義・國単位の視点から言えばナショナリズムの考えです。戦前の国民主義の日本が提唱したのでナショナリズム(国民主義)の考えであり、何でも個人主義(ユダヤ主義)で考えるのはGHQの洗脳工作の結果です。

現在も、既に欧州で移民を入れると國がどんどん破壊されて滅亡の方向に進んでいるのは誰が見ても明らかで結果が出ている事で、実際に欧州各国で反移民の動きが大きくなっているのが現実です。そしてUSAで初めて国民主義の大統領が誕生して「国境に壁を作り、不法移民を国外に出して自国民と自国の産業を大切にする」と本来当たり前の事を言っていわばグローバリズム勢力からの独立記念日になってますし、世界中で国境線を意識することが求められ始め、今までよりは世界が安定化すると言われています。移民国家のUSAでさえ沢山の反移民法を制定して移民に反対してきた事実があるので、何でもUSAを後追いする日本もUSAを見習って反移民法の制定の検討が急務である。皇室を中心として日本民族が家族のように暮らす日本だからこそ世界史上最長の歴史を有しているわけで、大量移民を入れるたびに國の寿命が短くなっていくようなものである。

イギリスのEU離脱やUSAの大統領選で、メディアは嘘ばかりついてきたのが白日の下にさらされました(というか、何百年も前からグローバリズム勢力が他民族を家畜奴隷化するために欺くために作ったのがメディアとも言われています)。次々と移民の名称を変えてごまかしたり、嘘の名目(過疎対策や人手不足の救世主、高度人材で経済発展、観光ビザでいなくなる、実習制度でいなくなる、など)でメディアが必死こいて洗脳して何とか入れようとしてますが、どんな名称や名目であれ、言葉より実態で「他国から来て日本に長くとどまる(とどまろうとする)」のを移民と考えるとメディアに騙される率が下がると思います。

「過労死対策という形で労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」、
「何々フライデーとかで労働時間を減らして、不足する労働力を補うためという名目での実質的な移民の推進」

これらの話がいきなりメディアに出てきて、國民の許可も無く勝手に進めている現状。
グローバリズム勢力が裏で支持率によりそれらを進めるが、イギリスのEU離脱やUSA大統領選で、メディアのいう 支持率はグローバリズム勢力による真っ赤な嘘だとバレてます。
日本人は家畜奴隷ではない。國を滅ぼす事を勝手にやるな!日本國民をなめるな!といいたい。

メディアが「労働の質の時代」とか言って勝手に己の願望の時代を作ろうとしてますが、この20年くらいそういった論調がありますが、量が質を生むので、質の時代ならばさらに労働時間を増やす必要があるのですが、メディアはあの手この手で日本の労働時間を減らしてGDP上昇を妨害してるのが明らかで、また、労働時間を減らす工作に警戒させないための洗脳工作であり、 「高度人材」の移民推進の洗脳工作でもあるといえます。

/**********************/

「移民の歴史と世界史地図」を見ると、移民で成立した國でない場合は誰が見ても明らかな「実質的移民多く入れると國滅ぶ」という歴史事実を全国民で把握し、日本人の子孫に伝えていきましょう!

(白字が移民の歴史、青白い字がユダヤ史です)

 

参考資料:「移民の1万年史」、「カラー世界史百科」、「移住・移民の世界地図」、「世界の民族地図」、「人の流れでわかる世界の歴史」、「道の文化史」、「世界の「道」から歴史を読む方法」、 wikipedia

Ver 0.1 公開開始 皇紀2076年12月23日