戻る

関税史と世界史地図 (製作中。皇紀2675年11月23日)

関税自主権を無くし国境を無くす方向性に流されるということは、強制的にしてくる側の植民地または経済植民地にされてしまうということであります。ここでいう「してくる側」は、國単位でなく、○○○-○-○会議などで裏から操作してくるグローバリズム勢力です。「國境」を無くす実験の結果は、今まさにEUが崩壊しかかっておりますし、ソ連邦は既に滅亡しました。強制的に「國境」を無くされた自治区などは虐殺や自殺が頻発してます。古代都市国家が滅亡したのは関税自主権が無くなったからで、国境が無くなり一つの地方になった状況ということは國は滅んでいるということであり、他国の権力者が好きに搾取や虐殺をするケースが殆どです。日清日露と戦い勝ち、ようやく日本が得た関税自主権を手放すのは、日本の爲に命を国に捧げられた偉大な先人の方々に大変申し訳なく思います。また、これからの日本人の子孫にも申し訳なく思います。

八紘為宇はグローバリズムという意見がありますが、そうではなくて、個人主義の視点からいえばグローバリズムに見えるかもしれませんが、国民主義・國単位の視点から言えばナショナリズムの考えです。戦前の国民主義の日本が提唱したのでナショナリズム(国民主義)の考えであり、何でも個人主義(ユダヤ主義)で考えるのはGHQの洗脳工作の結果です。

隠された根底に世界中の國を滅ぼし他民族奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的グローバリズム。今までは、國民側が後手後手の防戦一方でしたが、これからは先手で「隠されてきたグローバリズムの歴史」をどんどん全國民で出していくことが日本を護る唯一の道です。歴史事実を知れば、子々孫々の日本人が侵略に気付き、その時々の最新・最良の対策を立てて日本を護ることができると確信します。

古代からギリシャやエジプトほかの国で、グローバリズム民族が国債の債権者としての力もあったのでしょうか各国の関税徴収人の職に代々ついていたので、結果的にグローバリズム勢力の各種工作の拠点の一つとしての役割も税関にあったといえるかもしれません。

(あと、ユダヤ史地図を実軸、関税史地図・国債史地図・中央銀行史地図を3つの虚軸として、ハミルトンの四元数の考えで見ると何か発見があるか?ないか?)

参考資料:「世界関税史」 日本関税協会、wikipedia

皇紀2675年11月23日 版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力) ver0.06

皇紀2675年10月6日 関税史項目追加 ver0.05

皇紀2675年9月18日 関税史項目追加 ver0.04

皇紀2675年8月18日 関税史項目追加、版図追加(チャガタイハン国、オゴタイハン国、ブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国、クリムハン国、ハザール・ユダヤ王国、カザンハン国、ハワイ王国、ノーサンブリア王国、マーシア王国、イースト・アングアリア王国、エセックス王国、ウェセックス王国、ケント王国、サセックス王国、イングランド王国、スコットランド王国、グレートブリテン王国、大英帝国の植民地、カナダ版図修正(準州と州)) ver0.03

皇紀2675年8月6日 関税史項目追加 ver0.02

皇紀2675年7月1日 公開開始 ver0.01

関税史と世界史と世界史地図
関税史とユダヤ史と世界史地図
関税史と世界史とユダヤ史と世界史地図
日本史と関税史と世界史とユダヤ史と世界史地図
関税史とかたまり歴史地図
国債史と関税史と中央銀行史とユダヤ史と世界史地図