戻る

気候文明史と世界史地図

「どうしてある特定な時期に全世界で一斉に歴史の変化が起きているのか。~略~ 文明や歴史を動かしてきたキーワードの一つとして気候変動があることに気がついた。」 (「気候文明史」田家 康)
同じ地球で同じ時に存在していたという面だけでも、関係が無いとは言えません。
参考文献:「気候文明史」田家 康、「気候で読み解く日本の歴史」田家 康

Ver0.02 版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力) 皇紀2675年11月23日

Ver0.01 公開開始 皇紀2674年12月13日