戻る

国債史と世界史地図 (準備中)

政府保有の国債を消滅させる案が出てきましたが(財政再建名目)、これはグローバリズム勢力の日本国債全体の中の保有割合を一気にはね上げるための工作の可能性があり警戒が必要だと思います。

日本國の国債を日本人が保有しているという事が重要な国防です。愛国心ある日本人の保有割合をさらに上げるべきで、決して下げてはなりません。中央銀行の利率の操作で民間銀行が国債を買わない方向に誘導されるとか、日本人の保有割合を下げる方向の動きが出てきましたが、それはグローバリズム勢力に日本人が実質的に奴隷化される方向であります。最後の鍵は國民の愛国心なので、必死で國に不満を持たせるためのメディアによる洗脳工作が毎日されています。(例:日本の悪い部分だけ繰り返し見せて、沢山ある良い所を隠す。)

グローバリズム勢力が国王に金を貸して、その力で様々な特権を得ていったとの歴史が起源とも言われる国債。グローバリズム勢力が国を操作し乗っ取り、やがては滅ぼすためのツールの可能性もゼロではありません。特に債権者が外国人の場合は、その国の富を国外にどんどん奪われているともいえるかもしれません。グローバリズム勢力が国債を使って様々な国を操作してきた歴史と世界史地図を重ねて見ることにより、世界史のパターンが見えてきて、これからの予測に少し役立つかもしれません。

隠された根底に世界中の國を滅ぼし他民族奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的グローバリズム。今までは、國民側が後手後手の防戦一方でしたが、これからは先手で「隠されてきたグローバリズムの歴史」をどんどん全國民で出していくことが日本を護る唯一の道です。歴史事実を知れば、子々孫々の日本人が侵略に気付き、その時々の最新・最良の対策を立てて日本を護ることができると確信します。

(あと、ユダヤ史地図を実軸、関税史地図・国債史地図・中央銀行史地図を3つの虚軸として、ハミルトンの四元数の考えで見ると何か発見があるか?ないか?)

参考文献:「国債の歴史」東洋経済新報社、wikipedia

 

 

国債史と世界史とユダヤ史と世界史地図

国債史と関税史と中央銀行史とユダヤ史と世界史地図