戻る

数学史と世界史地図 ~科學に國境あり。ジャパニーズ・ルネッサンスの時代が来た!~

「現在目の前に非常におもしろい現象が現われていても、それが権威の文献に現われてない事であると、それはたぶんはつまらない第二義の事がらのように思われて永久に見のがされてしまう。われわれの目はただ西洋のえらい大家の持ち扱い古した、かびのはえた月並みの現象にのみ目を奪われる。そして征服者の大軍の通り去った野に落ちちらばった弾殻を拾うような仕事に甘んじると同じような事になりがちである。」

「西洋の学者の掘り散らした跡へはるばる遅ればせに鉱石の欠けらを捜しに行くもいいが、われわれの足元に埋もれている宝をも忘れてはならないと思う。しかしそれを掘り出すには人から笑われ狂人扱いにされる事を覚悟するだけの勇気が入用である。」
( 「備忘録」 寺田寅彦)

 

3Kやモテナイなどの理系の悪いイメージをバブルあたりから必死でメディアが洗脳していましたが、「理系離れ」をさんざん煽ってきた某グローバリズム勢力による「ものづくり立国日本」の破壊工作の可能性があります。某教義によるグローバリストの願望(國の消滅・他民族を家畜のように奴隷化)を実現するために、嘘でも延々とおのれの願望を繰り返し洗脳して、騙された国民が結果的に自ら実現してしまうという手法を今にいたるまでしまくってます。日本の強みとして「ものづくり」をアピールするくせに、毎日現場でものづくりしている人や企業を大切にしない支援しないで、ものづくりしてない世界の中だけでお金が動いてる現状のままでは國が衰退していきます。

数学史と世界史地図を重ねて見ると数学の力と国力が関係しているように見えます。失われた四半世紀とタイミングを合わせるように、日本からフィールズ賞受賞者が出ていない危機的状況だと思います。沢山の数学者の方が日本の数学力低下について警鐘を鳴らしています。戦後日本は、国際法違反GHQの指導のもとなるべく興味を持たせないような数学の教え方を意図的になされてきた可能性があります。メディアは国民の数学力が上がるコンテンツを意図的に出さないようにしてきたようにも見えます。日本は悪い國だと嘘の歴史を言う文系の専門家はまるでグローバリズムGHQの手先かと思うような百害あって一利なしなので減らして、その分理系の専門家を増やした方が良いです(特に数学専攻を多く)。そうなった場合の文化の継承の問題が言われてますが、嘘の歴史を言う文系の専門家を減らし、修身と國史を取り戻せば、今よりはるかに本当の日本に戻るので文化の継承も問題ありません。國の危機の時においては、勝安芳のような理系が國の危機を救ってきたおかげで日本が続いてきたとの事です。

荻生徂徠が、数学(当時は和算)を日常の役に立たない無意味なものと批判していたそうであるが、日本の数学力が幕末から西洋の数学・物理学を短期間で取り入れて武器や社会インフラを作り植民地にならずにすんだ最大の理由である。純粋・抽象数学が、応用数学や物理学をはじめとする各分野の実力の土台になっているわけで、それを理解できない言論人は残念ながら現代もいるようであるが、さすが菊池寛はある程度数学の重要性を認めていたようである。実は、数学は最も役に立っている学問である。

各国の識字率を見ると、現在は大半の國で高い識字率になってますが、それなのに各国の国力の差が大きいのは、OECDのデータを見ると各国の国民の数学力の差が影響している面もある可能性があります。 (國語の質の違いや識字率が高い期間の長さの違いも関係あるかもしれません)

近年の「製造業の民主化」など様々な名前で言われる世界の同時多発的な一連の動きは、理念は一見素晴らしいのですが、背後に某グローバリズム勢力による國や他民族の製造業破壊工作の狙いの可能性があります。それは、國の話が殆どなく殆どが個人主義(=ユダヤ主義)で意図的に国境の意識を無くす展開の話が多く、國や国民経済を発展させ國を護るという視点がほぼ皆無だからです。日本では昔から、井上でんや豊田佐吉など沢山の偉人が日本のために進取の気性で発明し産業を起こしてきました。修身でも「進取の気性」と「産業を起こせ」で、日本人の雇用の創出と納税で日本をより良くすることを尋常小学で國民に教えていました。某グローバリズム勢力による3S政策でごまかされてますが、戦後日本は士農工商がひっくり返ってます。「○○の民主化」 や「○○自由化」というのは、対象を滅ぼすための手法の一つなのは世界史の事実を見れば明らかでありますが、それに國民が気づかないようにグローバリズム勢力(メディア)が毎日洗脳しています。國や他民族分を奪って(潰して)、その分をグローバリズム勢力がやる事を民主化との美名で隠してきた可能性が高く、世界史でも近年でも民主化と言われて来たことを思い返すと國・資源・産業・インフラ・等々の多くが「民主化」の名のもとに潰されてきた現実を考えると、いま民主化を言われている分野はグローバリズム勢力の各種工作で潰されかかって危険な状況にあるとも言えます。

現場の人がイノベーションを起こしているからグローバリズムと違うという話もありますが、資本(出資や買収など)でグローバリズム勢力の実質的な手先になっている事も多くなっているので、それはすでにグローバリズム勢力です。商品開発して利益あげてもグローバリズム勢力に多くを持っていかれては、国富にならず日本のために何もなりませんので何の意味もありません。豊田佐吉は国富を考えて、USAから日本に帰って来ました。日本は日本民族だけで進取の気性で発明し新規産業を起こしてきましたし、これからもそうです。日本の八百万の神々の中に無限の多様性が初めから入っているのです。

新しい事をやるのは本当の日本の姿勢でないという意見がありますがそれは違っていて、実は、新しい事をどんどんやろうというのが本当の日本の心です。
本当の日本・戦前の修身で「進取の気性」、「産業を興せ」と、新しい事をどんどんやろうと教えていました。(当然ながら、天壌無窮のご神勅をお守りしますという國の根幹は永久不変で、それ以外のことについてです)
実は、伝統や老舗は常に新しいことに挑戦して結果的に伝統や老舗になったわけで、新しい事に挑戦するのは伝統や老舗ではないという考えでは衰退・滅亡が待っていることは歴史を見れば明らかであります。
ゼロ成長社会と言われる江戸時代でさえ、新しいものはどんどん出ていました。

あと、例えば1995年の製造物責任法などは、消費者利益の名のもとに企業を萎縮させ潰すという、「進取の気性」と「産業を興こせ」という修身で教えてた本当の日本のこころを消すのが目的の可能性があります。現実に他国の毒入りや爆発する商品を日本でも売りまくってるくせに、その被害が出てもメディアも政治家も「製造物責任法」について一言も言わないことの異常さを国民は気づく必要があります。なるほど他国企業だから日本の法律は関係ない?、しかし日本で販売している以上は日本の法律が適用されるのが当然であるし、不要ならそんな法律は廃止すべき。現実的に、他国企業の毒入りで爆発する商品を格安で売らせてデフレにして、他国企業よりは安全で高品質な日本企業の商品だけあら探ししてメディアが延々とバッシングして日本企業を潰しまくった20年です。極めて卑劣な一連のカラクリは、全てグローバリズム勢力による日本破壊が目的の可能性が高い。衰退した日本企業の業界にいつのまにか彼の多国籍企業の日本法人が参入してたり、日本企業の大手の4割くらいの株式がグローバリズム勢力にもたれてしまっているとの異常な話もあります。80年代までの日本の力なら、OSもCPUも検索エンジンもSNSも携帯プレイヤーも大半が日本企業が作っていたはずです。表現の自由という憲法で保証されている人権が確保されないケースが発生しているように見えるので、國で検索エンジンと動画サイトを作って運営して國民の表現の自由を確保しないと非常に危険な状態です。
他にも、某グローバリズム勢力は消費者利益を口実に、各分野の民営化、関税自主権の剥奪、各種自由化という名の安定インフラ破壊、日本の優れた企業を袋叩きして乗っ取る、などなど今に至るまで日本破壊工作を遠慮も民度もなく毎日フルスロットルで下品に続けています。メディアのほぼ全てと金融の大半をおさえているグローバリズム勢力は他民族を家畜と思ってるかの如く、ターゲットをやりたい放題にしてきました。新規産業を興させないように徹底的にデフレにされて、倒産の恐怖の植えつけや様々な洗脳宣伝で新規産業を興させない卑劣な洗脳工作が今日もなされてます。今も毎日のようにメディアが「○○が値上がりした」を連呼して洗脳してデフレ脱却させないような卑劣な工作をしています。

20年前から某巨大ソフト会社の社長が「未来はハードがタダになる」というようなことを言ってましたが、 現実に「フリー」の流れが進んできており、國の製造業破壊のグローバリズム勢力の工作だった可能性があります。
モノがタダで、金融だけで儲け成り立っているのはまともではありません。グローバリズム勢力が作ったといわれる現在の金融の仕組みでは他民族が奴隷になる方向であり、現にそうなってきてます。現在の世界の金融の仕組みはほとんどの人類を不幸にしているので、世界のほとんどの人口割合を占めている國民でものづくり重視の國民経済側に修正していく必要があります。この20年で家電業界が潰され、部品数が少ない電気自動車の時代を考えると自動車業界も方向的に要注意です。

実際に日本の自動車業界も潰され始めており、それは急にメディアが一斉に必要以上に騒ぎだした免許返納運動や、ネットでの非メーカーによる新車販売への動きなどなどです。特に、ネットでの非メーカーによる新車販売は絶対にやってはいけません。ユーザーのためにという名目で、日本の自動車業界を潰すというのがグローバリズム勢力の目的です。
家電業界もメーカーの直販店がなくなり、大規模安売り店や非メーカーの販売で業界自身が潰されました。

部品数が少ない電気自動車の時代になっていき、日本の高レベルな自動車基板技術も提携とかで持っていかれてるので自動車業界も家電業界の二の舞になり、グローバリズム勢力はそれを狙っています。メーカーだけがネットで販売すればよいのです。非メーカーの販売は、その時はユーザーにとっていいような面があっても(メディアはそこだけアピールします)、業界自身が潰れるので、回り回って誰のためにもならない、家電業界を潰され大きな雇用が失われて悲惨な事が沢山起きたこの20年間を見れば誰が見ても明らかで結果が出ていることです。

もし自動車業界が潰されたら日本滅亡ですので、今からあらゆる業界の新規事業を興しまくり種をまく必要があります。USA以上に新規産業をどんどん興す気構えが無いと國が衰退していきます。この20年間で潰しまくられた以上、今の日本で最も必要なのは渋沢栄一の士魂商才の魂で日本のために新規産業を全國民でどんどん興しまくる事だと思います。特に、数学と日本文化を融合させて日本人にしか作れない新産業を興しまくり、日本人の正規雇用創出と納税で日本をさらに発展させましょう!日本人の日本人のための日本人による産業を興しまくる「メイド・イン・ジャパン・ルネッサンス」の時代です! USAの弱点は世界史の意識の無さ(インディアンへ侵略占領からの歴史も短いが、USA国民の世界史への興味の少なさが顕著)なので、日本はどんどん本当の世界史を盛り込んだ産業を興せばそうそうついてこれません。グローバリズム勢力が1000社の日本企業を潰すなら、日本國民で1500社の新規産業を興しましょう。(特にものづくりの)

「若者の価値観が違う」「若者が原因だ」「若者の○○離れ」という論調がこの20年間メディアで多かったですが、それはグローバリズム勢力が日本の労働形態や経済を破壊してることに気がつかせないため隠蔽するためのスケープゴート(生贄)です。団塊ジュニアが団塊くらいの雇用や経済力を持っていれば今頃USAのGDPを抜いてますので、必死こいてグローバリズム勢力が団塊ジュニアを潰した形です。やられっぱなしでは滅びますので、これから反転攻勢が必要です。

今までに無い新しい種類のサービス産業の時代だから「ものづくりの時代は終わった」との論調がメディアで多いですが、それは日本復活を恐れるグローバリズム勢力の日本破壊工作の洗脳工作員だと断定します。この25年間その論調に騙され、日本のGDPを下げられ多数の倒産や自殺者が出ましたが、もう騙されません。 日本は「成熟した國だから新産業が起きない」というのも、日本復活を恐れるグローバリズム勢力による嘘の洗脳話であり、それならなぜ成熟した欧米先進国で新産業が出来てGDPが伸びてるのでしょうか。
日本はいつの世も「ものづくり立国」です!新しい種類のサービスも両方やれば、それこそシナジー効果も出ます。
世界一の日本のものづくりは、これからさらに基礎から応用にかけて無限の可能性があり、豊田佐吉の少年時代の言葉で言えば(すでになっていますが)世界一偉い國になります。


この20年間の各国GDP推移、特に日本のGDP推移が何よりの証拠ともいえます。国民概念によるGNPだとだいぶ違うかもしれませんが(93年からGDPになぜか変わりましたが、どこが主導してGNPを使わなくなったのか知りませんが。国内概念GDPに変えてから工場を海外移転しまくればGDPは他国に比べて相対的に低くなり日本の経済を潰せるからか。)、外国に工場移転してる時点で日本國民の雇用はかなり失われていますので、気づかれにくい「ゆでガエル方式」で日本國民が滅ぼされ続けています。この20年間の自殺者数が証明しています。グローバリズム勢力の手先ともいわれる中央銀行を筆頭にデフレにして金融的に日本を潰されてきました。25年経ってから分かりましたが、失われた沢山の命と時間は取り戻せません。本来、國破壊工作がされたら同時にその時に対策して國を護るのが政治家・役人・教師・経営者団体の役割ですが、残念ながらそれらが手先となり率先してグローバリズム勢力のやりたい放題の25年で日本が滅びかかっています。


東インド会社のように、現地の國の株式会社化(=世界中の國の滅亡と他民族の奴隷化)が目的とも言われています。「○○の方舟」計画で、人のDNAは彼のグローバリズム民族のDNAだけ入れられて、その後地球を焼け野原で殆ど死滅させられて、彼のグローバリズム民族だけの惑星にされる可能性も意識に入れて、そうならないように「高天原計画」として日本人のDNAを地球焼け野原にされても復活するようにする様々な準備も急務である。グローバリズム勢力が他民族を家畜奴隷支配する方法は、昔は軍事力を使って、現在は金融(通貨発行権)を使って、未来は人工知能を使ってなされる可能性がありますので、そうなる前に国民主義側でも國民を護る力を今から付ける必要があります。マスター人工知能が世界中の人工知能を支配し、マスター人工知能を支配するものが世界を支配するという話が出てきたりしてますが、グローバリズム勢力が人工知能を代理人として他民族を家畜奴隷とするということであり、そうならないように世界中の人口比のほとんどを占める國民で世界中の國と國民を護る処理をする人工知能をブラッボックスを点在させての開発が急務であり、万が一最悪の場合でも最低限の國民と國を護るシェルター的な人工知能も同時に開発が急務である。(地球焼け野原時の日本民族生存とGDP上昇にもなるし國で核&人工知能シェルターを各家庭に作ったほうがよい)

現在、日本の数学のトップレベルの方々が、某グローバリズム企業へ行っているとの事で、「物理学も西洋人のまねをすることはない。日本人に具合のいい物理学があるはずだ。」と言われた寺田寅彦博士のように國民に愛國心があればそうはならないわけで、修身と國史と多くの國民が興味を持つような数学の教育(他分野での応用が重要なので、特に現代数学・現代物理学の最新領域の考え方の概要も)を取り戻すことが急務である。

欧州のルネッサンス期、1980年代のUSA、ともに数学力を上げることで難局を乗り越えてきました。次は日本が(専門家は当然で)全国民の数学力を上げることで(同時に国史も)、ジャパニーズ・ルネッサンスを実現する時代が来ました!

西洋の個人主義&グローバリズムの発想からの、特にデカルトやニュートン以降の「部分の総和が全体に等しい」からと「ぶつ切りでものを見る方法」の限界が世界の様々な問題の原因になっているとの事で、それを解決し世界を安定化させるために、日本の國民・ナショナリズムからの発想で「全体をそのまま見る新しい数学」を開発する必要があるとの事です。現代物理学の統一理論(超ひも理論)、現代数学の統一理論(ラングランズ・プログラム)、人工知能の統一方式(マスターアルゴリズム)、などなど何でも統一はグローバリズムの発想であり、効率よくその通りに動くのかもしれませんが、本当にそれ以外に無いのか、グローバリズム側からはその理論がよいだろうが、国民主義側から別の数学を作れる可能性はないのか。特にグローバリズム勢力が地球支配したここ100年くらいの数学・物理学にグローバリズム側の工作的なものがこめられている可能性もあるので、国民主義側から現代の数学・物理学の検証も必要で、能力的にも本来の思想的にもそれができるのは日本だけだと思います。

欧米数学は、土台が個人主義&グローバリズム(=ユダヤ主義)の発想なので、國民・ナショナリズムからの発想から出るであろう 全体をそのまま見ていく考えの数学は、教義的思想的にもできないというか弱点だとの事で、そこにこそ21世紀の日本の数学・物理学のチャンスがあるといえます。物理学などの他の分野の最新結果が、純粋数学に戻って影響し純粋数学の新分野の開発につながっているとの事なので、日本独自の文化や精神性から作られた様々な分野の最新結果から純粋数学の新分野の開発に挑戦するということを、國として組織的・継続的にやって頂きたい。21世紀のメルカトルは日本から出たので(というかそれ以上の人類史上初の画期的投影法です)、ぜひ21世紀のガウスも日本から出てほしいと思います。

天壌無窮のご神勅をお守りしますという「祈り」が最重要だと思いますが、南米やアフリカなどでも神に祈るというのは世界中で行われていたようですが、世界史を見ると数学・物理を土台とした軍事とものづくりの力がないと欧米グローバリズム帝国の侵略で國が滅ぼされ奴隷になって大虐殺されています。反対に、祈りが無く数学や物理学だけでも、効率追求からグローバリズムの方向になるので國が無くなって國民の多くが難民化奴隷化し日本民族が滅ぼされてしまいます。実際に、数学や科学の普遍性を、グローバリズム勢力がナショナリズム潰しに利用している現状です。しかし実際は、例えば古代のエジプト国で測量での必要性から幾何学が生まれたりと、いわば國のために生まれ育った面もあるので、数学や科学が全て永遠の真理の追求のための純粋で國とは全く関係が無いもので全ての面が普遍性だというのも、グローバリズム勢力によるナショナリズム潰しの洗脳のための嘘のストーリーです。

「科學に國境あり」 と言われた仁科芳雄博士や寺田寅彦博士のように、祈り(愛國心)と数学(と物理学)の両方が最重要だと思います。「物理学者である前に、日本人であれ。歴史学者である前に、日本人であれ。國史を疑ったら既に日本人ではない。」という事だと思います。司馬遷もヘロドトスも国連にのみ属して中立を装って歴史を書いたわけでなく、自分の國に属して歴史を書いて結果的に普遍的なものになりました。タイムマシンが無い以上、完璧に正しく普遍的なものは世界の誰にも無理です。國史を認めず中立を装って普遍的なのを目指すスタンス自体がグローバリズムGHQの洗脳の結果です。自国史に立ってない人は他国からも信頼されません。世界最長の歴史の日本は生き証人としての説得力や役割があるともいえます。

全てをブラッボックスには当然できませんしすべきでもありません。特にたくさんある数学の最新領域は欧米が群を抜いて進んでいるので、取り入れないと大きく遅れて非常に危険です。ですが、日本の重要な部分(根本思想部分と、他に無い領域の最新部分)だけでも、間接侵略も含め万が一侵略されたときの命綱としてブラッボックス化すべきだと思います。

世界史のメイン年表に残る発明はもちろん、今の世界でそれこそグローバルに売れている商品も、最初は発明した個人が面白い・美しいと思って作ったものが結果として広がって行ったものが多く、昨今流行りの最初からグローバル展開や効率が目的では最大公約数的なところにとどまる事が多いので「面白い・美しい」やストーリーや魂が無いので結果としてグローバルなものにはならない事が多いです。メディアがグローバルを煽るほど知恵やアイデアのある面白いものは減っていくと思いますし、実際この20年はそうなっております。

グローバリズム勢力は、かの教義をもとに「実質的に一枚岩」の可能性があって、 そう思わせないために様々な自作自演で「敵対してるから一枚岩じゃない」と思わせる様々な自作自演工作を、今まで日常的に沢山してきた可能性があります。 自作自演の歴史事実とされる項目が沢山ある現実なので、グローバリズム勢力の十八番は自作自演という意見もあります。少なくとも、その可能性は0ではないので、それに対する様々な分野の工作、特に内部崩壊を狙った工作への防御の準備もしておかないと非常に危険です。

グローバリズム勢力の最大の弱点は「生贄を袋叩きにして目をそらす手法で必死に隠してきた「それの歴史」」です ( 関税史中央銀行史国債史ユダヤ史グローバリズム史)。それらを國民の多くが把握することが日本を護る唯一の道になります。
國民のほとんどが結構なところまで数学・物理を把握しているというのが日本だけの強みといっていいと思います。日本のために、國民をあげて修身と國史と國語と数学・物理と日本民族DNAから知恵を頂いて日本人にしか作れないものをどんどん創ることが、グローバリズム勢力による國破壊洗脳工作から「ものづくり立国」である日本を護るのに最も効果的な方法です。

日本は「大鏡」などにあるように、鏡に本当の事を出していくのが日本における歴史です。タブーだから知ってはいけないというのは奴隷の発想であり、本当の事を出したら駄目というのはWGIPなどによる洗脳です。

侵略に抵抗しないものは奴隷です。日本人は奴隷ではありません。欧米と違い、昔から日本に奴隷制度はありませんし、人種差別撤廃を世界で最初に訴えたのは日本です(1919年パリ講和会議。欧米は人種差別撤廃に反対)。

よく言われるのが、いつも歴史は一部の少数の人だけが動かしたという話がありますが、例えば幕末と現在は社会制度も何も違うので、多くの国民は知らない方が良いというのは専門家の欺瞞と職域防衛と傲慢です。
現在は民主主義で国民が選挙で決める仕組みなので、ほとんどの国民が本当の歴史を知らないとその知らない部分を利用されて國が滅ぼされてしまいます。現にそうなってきてます。
インターネットの時代において、知識は専門家のものだけではありませんし、それどころかグローバリズム勢力の手先の「専門家」が日本は悪い國だと嘘の歴史で国民を騙したせいで國が滅びかかっているではありませんか。本来、歴史の専門家が忙しい國民のために短時間で世界史の全体の流れの概要を把握できるツールの開発をしているべきでしたが、残念ながら今まで作れなかったので國民の大半が世界史の全体の流れの概要を把握できないままの現状で、嘘の歴史に騙されて結果本当の日本が滅びかかっています。これは、複雑な話でいてもらわないと飯が食えない「専門家」の職域防衛の可能性もあり、情報が抜け落ち偏るという「かんたんな話の危険性」は当然ありますが、それ以上に、複雑な話に嘘を織り交ぜて忙しい國民を煙に巻く今までの歴史観の害悪の方が遥かに問題です。それでは忙しい國民は全く分からないどころか、嘘を信じますので。忙しい國民はつまらない長話や分厚い本を読むという古いメディアにつきあっている暇がある人は多くはありません。その上で現実に選挙があるので、少しでも効率よく短時間で理想をいえば、一瞬で世界史の全体の流れの概要を把握できるツールが今の日本で最も必要なものなのです。本来の日本の修身では全国民で日本の事を考えようと教えていました。(いわば全国民で政治を考えようと教えていた。政治は政治家や政治団体のもので一般国民は関係ないという言説がありますが、その感覚自体が国際法違反GHQの嘘の洗脳の結果です。民主主義で国民に選挙権があります。)
歴史業界の独立中立性を強調しすぎるスタンスはグローバリズムGHQの洗脳の結果であり、それなのに独立中立性の高い世界史の具体例が作れないのでは、実質的にはGHQ歴史観からの脱出を妨害しているということであり、グローバリズムGHQの代弁をするだけの手先に限りなく近いといえます。

現実的にはいわば、定性的というより定量的な面もあると考えられて率の問題とでもいうか、例えば右とも左ともあまり関わっていない中立のものがいてそれが長生きしていたとすると、その中立のものの立場からの意見を言うこと自体がそれら全員の中で最も中立に近いという考え方もできて、それでいくと、むしろ日本の國史をベースとした世界史がもっとも中立的といえるかもしれません。それ以前は皇紀前(BC661以前)と表記して。世界のグローバリズムVSナショナリズムのバランスを取り世界平和実現のためにも、むしろ國史と修身を取り戻しそれに世界史をかぶせて時間で融合するのも一つの現実にものを創れるアイデアだと思います。

今最も日本で必要なのは、全ての国民が本当の歴史を知ることです(國史+世界史+ユダヤ史(グローバリズム側とナショナリズム側の両方の資料を同時に見て各自考え判断する))。知れば嘘に騙されませんし、日本を滅ぼそうと毎日なされている各種工作に各自で考えて対処するようになります。

「歴史事実を知る事」と「人種差別」という全く関係が無いものを意図的に混ぜて行われているグローバリズム勢力による某グローバリズム民族の歴史事実の隠蔽工作に騙されないことが重要です。

あと、歴史をみると、グローバリズムにかなり引っ張って行った後にその反動を利用してナショナリズムを立たせてから國同士をぶつける(戦争)ようにもっていかれているようにも見えるので、グローバリストはそういう狙いの可能性があるとの認識を持って、世界中の國を尊重し世界平和を目指すこと(八紘為宇)が重要だと思います。

豊田佐吉や寺田寅彦は狂人扱いにもめげずに日本のための仕事をして、その仕事が日本を現実に護ってきました。我が身を省みず日本を護ってくださった偉大なご先祖様のお陰で、日本が続いて私たち日本人が生まれ生きています。

國民で本当の歴史を把握した上で、偉大なご先祖様を見習って日本國を愛し日本國を護りましょう! 天皇陛下のために、日本人のご先祖様と子孫のために。

参考資料:「物理数学の直観的方法」長沼伸一郎、「無形化世界の力学と戦略」長沼伸一郎、「素顔の数学者たち」、wikipedia

(日本、インド、チャイナなど西洋以外も紀元前から数学がありますが、 数学の教科書などに取り上げられているメイン項目だけの入力になっております。)

Ver 0.5 公開開始 皇紀2076年12月23日