戻る

未来学の歴史と世界史地図 (製作中 皇紀2675年11月23日)

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」という有名な言葉がありますが、もっともだとも思うのですが、他方で「都合よく世界支配するための方便」と「原住民を虐殺し植民地侵略した歴史から目をそらす」と「世界中から國というものを無くす」という目的もあるかもしれません。
世界大戦・冷戦とグローバリズムが世界支配してきましたが、現在言われている未来予測も殆どが國の話がなく、宇宙や機械と人類の組み合わせが多いです。なぜか未来学者の意見と某グローバリズム民族の洗脳機関とも言われる某ハリウッド映画でよくある未来話が似てきたようにも思います。

機械(自動運転車、兵器ロボット、ドローンなど)の誤動作や暴走などを口実に、彼の教義に書かれているとの説もある國滅ぼしを実現されてはたまりません。超リアルCGによる嘘ニュースを流して煽動や、量子コンピュータを進めて他で計算が全く追いつかない部分で各種工作される可能性も意識に入れておく必要があります。
よく、「某民族も20世紀に國を持ったのでナショナリズム側でもあるし、一枚岩でない。組織的に動いてる証拠も無い。」という意見もありますが、半分はなるほどと思いますが、彼の教義に國滅ぼし的なことが書かれているとの事である、かつ、その目的としか思えない歴史事実とされる項目があまりに多くある現実から、「1枚岩であり組織的に世界中の國というものを滅ぼしにかかっている可能性もゼロではない」という考えと専守防衛の準備もしておかないと非常に危険だと思います。

現在の世界の未来に向けた技術は殆どがグローバリズム側から出ていると思われます。
ナショナリズム側というのは大戦後殆ど居なくなってるかもしれませんが、ナショナリズム側からの未来志向の技術開発をブラックボックス込みでどんどん進める必要があります。
例えば、日本のロボットベンチャーの複数の会社が某グローバリズム企業に買収されてるとの事ですが、豊田佐吉や本田宗一郎のように愛國心が國民にあればそうはならないわけで、修身と國史の教育を今すぐ取り戻す必要があります。
将来万が一、誤動作や暴走などを口実に國滅ぼしを始められたら、最低限の國民と國は守るという動きをする技術の開発が急務だと思います。
昨今動きを強めているようにも見える未来学は、盛んに出してくるのがグローバリズム側という面からも、未来学自身が欧米グローバリズム側の國破壊のための洗脳工作という可能性も意識しないと非常に危険だと思います。

未来は國が無くなり世界市民で一つになるという意見もありますが、そういった進歩史観は全く当てはまらない事は世界史の事実を見れば明らかであります。何らかのストーリーに目を向けさせておいて、その間に足もとから間接侵略する手法が多く、短時間の間に国境を超えた流行を沢山起こして國の意識を無くすという洗脳工作も日常的になされてます。隠された根底に世界中の國を滅ぼし他民族奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的グローバリズム。各種工作で國同士に戦争をさせて世界の國を破壊して國を消滅させるという某グローバリズム民族の目的の可能性に日本國民は要注意です。

発見したのが「国際チーム」だから国境は無いではないかという意見もあるかもしれませんが、各メンバーが母国で生まれ育ったからこその発見なので、やはり全て國のおかげです。

未来は人工知能が働いて人間は働かないでよくなるという話がありますが、それは金利などの不労所得で稼いでいるグローバリズム民族が、神様御自ら労働される建国から労働を本とする日出ずる國を道徳から滅ぼそうとしている工作の可能性があります。
実際に労働しないでも機械が食わせてくれる時代が来たとしても、日本では天皇の下に集まりその時代にあった修身を作成し、建国神話からの日本を維持することが重要だと思います。

國民で歴史事実を把握した上で、八紘爲宇の心で世界の民族仲良くやっていきましょう!

参考資料:「知的未来学入門」新潮選書、「2001-3000」イースト・プレス、wikipedia

 

皇紀2675年11月23日 版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力)

皇紀2675年8月18日 版図追加(チャガタイハン国、オゴタイハン国、ブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国、クリムハン国、ハザール・ユダヤ王国、カザンハン国、ハワイ王国、ノーサンブリア王国、マーシア王国、イースト・アングアリア王国、エセックス王国、ウェセックス王国、ケント王国、サセックス王国、イングランド王国、スコットランド王国、グレートブリテン王国、大英帝国の植民地、カナダ版図修正(準州と州))

皇紀2675年6月16日 公開開始