絶対に諦めない忠義 村上義光と子・義隆 (Flash製作中。皇紀2673年11月9日)

偉大な先人の方々は、敬神崇祖の念で一心に御皇室コウシツのため、日本のために、命を捧げてこられた。そのお陰により、不可能が可能になり、世界史上群を抜ヌいて最長の比類無ナき御皇室をいただく國、世界史上最長の歴史を有する國となった。
建武中興の最も大きな立役者であった村上義光。
親子二代が一緒に臣道に殉じて直接の血縁が絶え、
大塔宮尊ミコト雲法親王シンノウ(後に護良ヨ親王) 御年トシ二十五歳
村上彦四郎シロウ義光              四十歳前後
赤松律師シ則佑
般若寺住持
般若寺僧数名スウメイ
一乗院候コウ人按擦サツ法眼好専アツム
同   配下僧ソウ徒軍兵ヘイ多数
 
 
 
一乗院インの候人(こうじん。~の意)好ス専と称します者、ものものしく打ちよそほひました僧徒ト軍兵およそ五百を従へてさきほどより庫裏へ推参、当寺に詮議のかどあり、住持を出せなど、狼藉を申し居オります。
はて、この清浄結界に何を詮議の筋ぢや。
強つて(たって)申し出デを拒まば、打物モノとつて押入り、床を剥ハぎ、天井を毀(こぼ)ちても、たづぬる者をさがし出すなど、乱暴をいひつのり居ります。
 
 
 
 
 
 
しかし、格別私が灯なのではない。遂に日の本に闇のはびこれないのは、この國では権力が灯(あかり)ではないからぢや。人民をおほみたからと呼ばれ、人民(おほみたから)の富は朕の富、人民(おほみたから)の困窮(くるしみ)は朕の困窮(くるしみ)、人民(おほみたから)の悲しみは朕の悲しみ、人民(おほみたから)の罪は朕の罪と仰せあり、その苦楽をばみづからの苦楽とされて國土(くにつち)を営まれた祖宗の御精神に、一時の功名や野心貪欲の権化たる権力が、とつてかはれるやう筈がないのぢや。北条が権力を求めて世にはびこらうとする限
この真理(ことわり)をわきまへぬ関東の夷(えびす)ども!
申し上げます。お住持さまがただ今・・・
どうなされた?
敢なく、賊徒トどもの刃にかかられ・・・
賊徒どもは御遺骸(おんなきがら)を踏みにぢり、私どもの制止をきかず、遂に庫裏(くり。仏教寺院における伽藍のひとつ)へ押上つて参りましてございます。
宮をお隠まひ申上アげなくては。
寺はすでに賊徒トどもにとりまかれ居らうな。
山門のほとり、築土(ついぢ)の蔭、裹頭(かとう。僧の、頭を袈裟(けさ)などで包み、目だけを出す装い)の群れがひしめいて、すでに隙はございませぬ。おつうけ、こちらにも・・・
気遣ふはむしろわれらがことではなく、お身等ラの上ぢや。賊徒トどもの求め居るは、この大塔宮一人ヒトリ。この場はむしろ私に委せて、お身等ラはいかやうにもして一時ここを落ちのびて貰ひたい。お身等ラをここで失ふは、わが身を失ウシナふにもまして忍び得ぬことぢや。われ等なきあと、主上のおん行末スエをお護りし、われ等に代カつて勤皇の軍(いくさ)のさきがけする者お身ミ等をのぞいて他にはない。ここはこのままに一刻も早く・・・
お言葉をお返し申すはおそれ多うござりますが、かかる場合に命にかへて上をお護り申上ぐるためにこそ、強(た)つてお傍らを騒がし、かくわれ等は仕え居りまするのでござります。觀みれば、不肖彦四郎さきにおん旨を戴いて、故郷信濃は村上の郷より、倅(せがれ)義隆並びに郎等を引具(ひきぐ。いっしょに連れて行くの意)して幾山河、叡山におはす宮のおんもとに走せ参じますに祭し、所領鬢櫛(びんぐし)山の麓なる伊勢の御厨(みくりや)のおん前にひれ伏して祈願致しましたは、時到らば宮のおん身におかはり申し、この命をお役に立てうとの念願
賊徒等ラ庫裏より講堂を踏み荒アらし、いよいよこちらへ乱入致し参マイるげにございます。
(とつさに大般若経の唐櫃(からびつ。足がついたかぶせ蓋がついた箱のこと)に目をつけ)あれにしばらく身をひそめよう。・・・彦四郎シロウ、則佑、お身等ラは?
私どものことは海にもなれ山にもなれ。最早御ゴ猶予はござりませぬ。お早く・・・
 
(顔をこごめ経巻の上より親の子コに言い含めるが如く) 則佑ユウ、彦四郎両名、お傍に控ヒカえ居りますれば、きっとお心安く・・・
(櫃から離れず則佑ユウに) 宮のおん上は、彦四郎シロウ力のつづく限りお引受ウけ致すが、互いに萬一の場合もある。お身はその法体タイで賊徒どもの刃にかかり、死骸ムクロ(しにがら)さらしても格別名折れとも覺されぬか。
ははははゝゝゝゝ。お身はいさぎよく斬り死シにの覚悟か。われ等は飽アくまでもこの坊主姿で生きのびるよ。こゝで死んでは犬死に。第一上の御オ先途をお見届けもかなふまい。
よし、では。(大刀を引抜ヌき、大刀をもって法座ザを床から剥がし、中に忍シノび、もとの如くひきさげつゝ) われ等はこゝで宮をお護り申モウ上げる。
では、そこで経でも読んで居オれ。 (そのまゝ急に殊称ショウなるものごしをよそほひ、数珠ジュズつまぐりつつ腰を曲げて左手に向ふ)
 
(行違ひにムヅと則佑ユウの肩をつかみ)貴様も当寺の坊主か。
(おどおどと首をすくめて)さやうでござります。
大塔宮をいづれに隠まひ申したか、ありていに申立タてろ。
(いぶかしげに)はあ?
大塔宮さまの御所在ショザイを詮議申上アげて居るのだ。答えろ。
大塔宮さま?大塔宮さまと申し上アげますると?
(癇癪げに則佑ユウの肩をつき放し、須彌壇(しゅみだん。仏像を安置する台のこと)の正面に立ち、足アシにかかりたる経机(きょうづくえ。経典を載せる机ツクエ)を蹴倒してあたりを見廻す)よし。かうなれば天井をひつ剥がしても詮議致イタすぞ。
 
(白刃をひっさげ、櫃に手をかけて)怪しい経櫃。
皆々唐櫃を囲み、 太刀を引ヒ抜き、または長巻、槍等ナドを擬す。
(一同を見廻して)刀を収めえ!恐れ多オオくも尊雲法ポウ親王さまを六波羅へお迎へ申モウ上ぐるに、卒爾(そつじ。無礼の意)の振フ舞ひあつてはならぬっわ。やむなくお対手申モウさねばならぬ場合には、その旨まづ好専より御挨拶申上アげる。その蓋をはね退けえ!
 
(口々に)おはさぬわ!居りませぬ。ゐない!(舌打ち)
 
どうぢや
講堂、宝塔、庫裏、いづれにも見あたりませぬ。
坊主どもにまぎれて、怪しい人柄は見受けなんだか。
寺方(てらかた)の者は納所小坊主に到るまで、厳重あれにて詮議いたしましたが、それと覚しい怪しい者は見ミあたりませぬ。
ふむ、続け!(心せきたるさまにて一同のあとを追ふ)
 
気がかりなは、かの見逃した経櫃。
まさしく、まさしく。・・・
 
おはしませぬ。やはりここではござらぬ。
ふむ。
 
いや、その経櫃はさき程調シラべたわ。したが大塔宮はおはさぬで、大唐トウの玄奘三蔵がおはしたわい、わつはつはつはつ!
ここにおはさぬとすれば、いち早く急をさとつて避けたと見ゆる。外ぢや、外へ出デえ!・・・最早一刻の猶予もならぬわ。手分けして、山門の内外、鐘楼ロウ、庭の隅々に到るまで、手ぬかりなく詮議、明るくならぬうちに匆々(そうそう)引上アげえ!
 
命冥加の奴ばらでござります。
どちらが命冥利なのぢや。
わつはつはつはつはつはつはつ!
はつはつはつはつはつはつはつ!
 
 
 
 
早速ながら申し上アげます。熊野三山の間は人の心ココロ不和にして、大義なり難きかと存じます。武家方カタに心を寄せ、ひそかに六波羅どのに内応の兆(きざし)あるもの、異心なけれど狐疑逡巡のものなど、たよるによしなき者も少スクなからず、むしろこの際は、おそれながら十津川の方へまずお渡り候ソウロウうて、時の到らんをお待ちあそばされるが上乗と存ぜられます。
して、そこもとは?
 
 
この四月三日、湯浅入道定仏所領紀伊の阿瀬川より赤坂城内へ兵糧を送らんとし、人夫六百人を狩り集めて米塩を人馬に負はせ、夜中に城へ入らんとするところを多兵衛どの五百騎をもつて道の切所にこれを襲ひ、ことごとくこれを奪ひ取りましてござります。この俵の中にものの具(武具や鎧(よろい)のこと)を隠し、屈強の兵二三百をにはかに人夫に仕立ててこれを宰領、城に向はせ、別に一手の勢をもつてこれを追い散らさん態(てい)に見せかけ、味方同志追ひつ追はれつ、たばかられし湯浅が勢に迎へられて、遂に城内に入りすましてござります。そこで
さもあらう。多聞兵衛が軍グンのかけひき眼に見えるようぢや。・・・その方も疲ツカれ居らう、さがつて今宵は一と休ヤスみいたせ。夜が明ければまた明日の働ハタラきがある。
なんの。おそれながら、猿(ましら)のやうに岩を伝い、鳥の如く渓を飛び、闇にも眼見えまたたく間に千里を遊行するは、われ等修験のならひでござります。かしこくも、高天原(たかまのはら)の神敕(みことのり)を頭に戴き、君にまことを尽さんとお希(こひねが)ふわが侶(ともから)が、全国の霊山霊場いづこの峰谷々にも夜昼錫杖(しゃくじょう。遊行僧が携帯する杖)を引き廻し居ります。お心安く御用仰せつけくださりませ。疲れれば歩きながらもゐ睡り、飢え渇けば腹を充たす木の根、水を吹く草蔓(くさづる)も心得をります。仰せ承れば、不
いや、その筑紫へは海一重ヒトエ、明日はそこもと等に足アシ労ながら四国へたつて貰はねばならぬのぢや。
明日と仰せ等ラレズ、
只今、
おん使ひの趣、仰せ下クダさりませ。
行つてくれるか。
は。
 
これなる祠(ほこら)の前に肩肘敷いて、ついうとうととまどろむうちに、いづこよりとなく、鬘結(びんづらゆ)ひたり童子一人来キたつて、われ等に申すには、熊野三山の間はなほ人心不和にして大義なり難ければ、これより十津川の方へ渡ワタつて、時の到らんを待てとあつた。これなる名もなき祠(ほこら)のあるじ、三所権現のお使ひとなつて、われ等の夢枕ユメマクラに立たれたと覚えた。・・・明日は熊野への道をかへて、十津川の方へ向ムはう。
おそれながら彦四郎シロウも、全く同じ夢ユメを見つかまつりました。ただ異(ちが)ひ申しますのは彦四郎が夢枕に立ちましたは、鬘結ふた童子に非ず、柿の衣コロモに笈(おい。修験者(しゅげんじゃ)などが仏具・衣服・食器などを収めて背に負う箱。)を背負った天狗の如き法師が二人・・・
ははははははは。彦四郎は眼をあいて夢を見ミ居つたげな。
はつはつはつはつはつ!
 
 
芋瀬荘司の館前に設けられし仮り関セキ。
怪しの風態(ふうてい)を見かけた時は、いち早くここへ知らせるのぢや。
みな抜けめなく往来を見張つて居るのぢや。重い御褒美にあづかれるぞ。
熊野さまの御別当ベットウ定遍どののお触れでな。この春から十津川の郷は竹原八郎どのお館に御滞留タイリュウの大塔宮さまが、このたびおん髪をのばし還俗(げんぞく。一度出家した者がもとの俗人に戻ること。)あそばされ、おん勢をひきゐて十津川の郷を御ゴ発足、おしのびでどこかへ向はわれたおん気配ぢやが、もしかすると熊野さまへのみちすがら、当芋瀬の郷をお通りになるかもしれん。ついては、ここでそれをお遮り申し、首尾よく宮さま御一行をお捕へ申モウせば、よしそのうちの御家来衆シュウ一人を虜にしても、莫大の恩賞を下さるといふお達しなのぢや。
よし、制札を一度読ヨんでやるから、よう聴いておれ。・・・一つ。
大塔宮をとり奉りたらん者には、非職ショク凡下をいはず、伊勢の車間マ(くるまま)の荘を恩賞にあて行はるべき由、関東の御教書キョウショこれあり。その上に定遍まづ三日が中に六千貫を与アタふべし。御内伺候シコウの人、御手テの人をとりたらん者には五百貫、降人(こうにん。降参した人の意)に出でたらん輩には三百貫、何れもその日の中に必ず沙汰し与ふべし、とある。
恩賞も恩賞ぢやが、六波羅お奉行さまのあの厳しいお達しにもある通り、謀反の者を隠カクまひまたは見逃して、重いお咎めを受けては一大事。上(かみ)は荘司どのより下(しも)はお前たち女子供に到るまで、残らずそのままお許しはあるまいぞ。
六波羅の奉行職や熊野の別当づれが、なぜまた天朝アサさまの皇子(みこ)のおん勢に、そんな居猛タケル高ないひがかりを申せるのぢやらうかな。
大きな声ではいへぬが、そのおそれ多い天テン朝さまでもが、鎌倉どののおんはからひで遠い遠トオい隠岐の島とやらへ移され申して居るのぢや。世はさかさまよ。
そのさかさまごとに、なぜまた荘司どのも加担なさるのぢやな。
何も好きこのんでの御加担カタンではない。お達しにそむけば、関東勢をここへ迎へねばならぬわ。すれば、荘司どののこのお館はもとより、芋瀬の郷は残ノコらず軍馬に踏みにぢられてまたたくうちに焼野ノが原ぢや。猫の一匹満足には残るまいぞ。
したが、天朝さまに弓引ヒく関東は畢竟国賊、それに加担する者も、とりもなほさず国賊ではないかの。
これはまた穏やかならぬことを仰せある。日本國クニぢゆう天朝さまに弓引ヒく者が一人でもあらうか。三月二十二日かしこくも今上御即位以来、鎌倉どののお上への御忠義に二た心ココロあらうとも覚え申さぬ。畢竟は隠岐の君キミに忠誠を誓って鎌倉どのに楯つくか、それぞれの禄分で主(しゅ)を選ぶまでのことよ。武士(さむらひ)も風のなびきといはるるわ。
 
天に二日ジツなく、國に二人の君なしといふに世は季キ(すえ)ぢや。操(みさを)を重んずるまことの士は、いつの世にも潔イサギヨよく大義に命を棄て、それに代つて日本國クニには貪欲下根、卑怯未練、人間の屑のみが生き残ノコり、栄耀を極め申すと見ゆるわ。百年千年の後、これ等の子孫がはびこって、さぞよき國柄ガラとなり居らうて。われ等もよい時に年トシが老け申した。
申し上げます。今しがたあれへ、そこのお達しに描いてござります怪しい人影が・・・
 
もの申す
はい
ちとおたづね申すが、こちらは芋瀬の郷でござるな。
さやうでござります。
して、この館は?
当芋瀬の荘司どののお館でござります。
その方当館ヤカタのあるじではないのか。
家人頭猪之助と申します。
ふむ。ではたづね申すが、天下の大道をこのやうに柵で閉トざし、通行を遮り止め居オる理由は?
はい。六波羅御奉行ブギョウさまよりのきびしきお触れにて、通行の者をことごとく詮議して居ります。
われわれは熊野詣での旅の山伏で怪しい者ではござらぬ。ここを通して貰ひたい。
とりわけ修験姿の者をきびしくとり調べろとのこと。・・・
怪しい者は遮サエギり止めるのもよろしい。したがわれわれは通して貰ひたい。
それとも、われ等を怪しい者と見ミるか。
は。
 
恐れながら、大塔宮さまおん勢と拝ハイしまするは僻目(ひがめ。見誤りの意)でござりますか。
 
大塔宮さまおん勢とわれ等を見るならそれも勝手ぢや。しからば、大塔宮オオトさまおん勢と心得て、ここを通して貰ひたい。
それはなりませめ。
お上のお達しを反古には致しませぬ。
たつて、頼みをきき入れてくれぬか。
おそれながら、宮さまはどちらにおはしまするか。
あれにおはします。
(平伏して)尊きおん前にかかる狼藉をお眼にかけ、恐れ入イりましてござります。

(赤松に)わたくしどもは好んで鎌倉どのお味方に加担申モウさうの、または恩賞の沙汰にありつかうのと申すのではござりませぬ。ただ、お上のお達しをないがしろにし、警固の手抜かりを致しましたあとのお咎めを、ひたすら恐れまして、かくはきびしくここを警固(かた)め居りまするのでござります。従って、いかに心には染まぬことながら、このまま事なく宮さまのおん勢をお通し申上ぐるわけには参りませぬ。
無理にも通して貰ふほかはない。
宮さまのおん勢に対しまことにおそれ多いことながら、無理にもと仰せあれば、無理にもおとどめ申さねばなりませぬ。
彦四郎はまだ参らぬか。
気(け)もない賞罰沙汰にそそのかされ、ひつこくつきまとつては山犬同然に遠吠えばかり致し居オります無知蒙昧の輩に、殿軍(しんがり)の村上氏も手テを焼き居ると見ミえまする。
これはこれは、わたくしこと、当芋瀬の莊司でござります。はからずもかかる狼藉に及び、尊きおん前を騒がせ、恐縮至極に存じます。
・・・さて、おん傍(そば)のかたにまで申上げまするが、宮さまのおん勢を事なくここをお通し申し、且つはわたくしかたの面目も立ち、六波羅どののお咎めをも遁( の)がれまするただ一つの手段(てだて)と致しまして、出来ますれば、ここにておん勢を遮り申して一戦を交へました證據として、おそれながらおん勢のうちどなたさまか頭領(かしら)だちましたるおかたおんひとかた、おん身柄をわたくしかたにお引き
うむ。それも一と思案。・・・それでここを通して貰へるか。
この願ひおきき屈け下さりますれば、あとは何とか申しひらきも相立ちまするかと存じます。
(宮のおん前に平伏し)おんきき及びの通りございます。何ぶん急場を切りぬけます窮餘の一策、なにとぞわたくしをば莊司の手にお渡ワタしあつて、御無事にここをお落ちくださいませ。
それはならぬ。この大事の時に、われ等が股肱(ここう。腹心の意)と頼むお身を、どうしてみすみす敵手にゆだねられようぞ。この災難はお身等の災難ではない、私の災難なのぢや。
もつたいない仰せでございますが、今は大事の前の小事、数ならぬわたくし如き命かかる場合にお役に立ちますれば望外の仕合はせでございます。もとより、主の危アヤふきを見て命を棄スつるは士卒の守るところ、されば、紀信は詐って敵に降オり、魏豹はとどまつて城を守りました。これみな主(しゅう。主君の意)に代カわつて命を果て、名ナを残した者でございます。兎にも角にも彼が心ココロ解けて、ここをお通しまいらすを得ますれば、則佑お大事になり代わつてここに残りますること、別に子細あるまいと存じます。
赤松氏、お身ミはわれわれの軍師のみではない、叡山以来全国勤皇の軍(いくさ)の総軍師グンシとして、上にお仕へ申モウして居る大切な御仁ぢや。かかる場合はお身に代カはれる人間なら、私をはじめここに幾人も居るわ。(宮に)おそれながら、わたくしをばお遣はし下さりませ。
いや、お身等ラはわれ等にとって、誰一人かけがひのない、いはば一心同體タイ。誰を一人ここに残してまいることもならぬ。何か他ホカになほ穏便なはからひもあらう。望みをたづねて見い。われ等にかなふことならば容れてつかはさう。
(莊司に)すべてここは居らるるは宮さま御側近ソッキン、一人を缺くわけにも参らぬわ。穏便にはからひたければ何かほかのものを望め。
然らば、恐れ多オオいことながら、大塔宮さま御一行とあれば、そこに御紋モンのおん旗幟(はたじるし)をお持ちのことと存じます。そのおん旗幟を宮さまおん身代はりにここにおんとどめ願ひ、六波羅どのへはそれを申しわけに、ここをお通し申上アげようと存じます。ほかには最早思案の餘地はござりませぬ。このいづれか、まげて御承知くださりませ。
な、何を野太いことを申す。おそれ多くも錦の御旗は、主上おん手づから朝敵追討のために下しおかれたおん旗であるぞ。汝等ラ凡下の者どもの手にとどめ置かるべきおん品ではないわ。
待て、矢田どの。黙視しがたいことではあるが、今は何ナニよりも穏便が第一。(宮の前マエに平伏して)人を賜タマワはりますか、おん旗を賜はりますか、尤モットも、戦場に馬ものの具を捨スて太刀(たち)刀を落として敵にとられますこと、さまでの恥ぢに非ずと心得ます。むしろこの場は彼カレが請ひにまかせて、おん旗をとらせまゐらす方が御ゴ分別かと存じます。
(うなづかれて)それで莊司が所存解ければ何より。錦の御旗をここに棄て置オかう。この笈をおろしてくれ。・・・・・・また縁あつて取戻モドす折もあらう。
お待ち下さいませ。このおん旗幟(はたじるし)が関東勢の手中に歸し、もし賊徒軍勢の陣頭にひらめくことでもございましたなら、國民ミン(たみ)百姓はこの戦いをどう見ることとおぼしめすか。
いや、いかな厚顔無耻ハジの北條といへ、朝敵征伐の旗幟をかかげて、朝廷にたてつくこともし得まい。これを渡してやれ。
(躊躇しつつこれを受取トり、遂に意を決ケッして莊司の前へ差サ出す)禮拜ハイ(らいはい)して受取れ。
おそれいりましてござります。では、どうぞお通りくださりませ。
 
彦四郎はまだ参らぬな。
(莊司に)あとからもう一人追ひついて参らう。仔細なく通せ。
 
 
ちとたづね申すが、この邊にわれ等と同じ風態(ふうてい)の山伏の群れを見かけなんだかな。
今しがたあれへ。・・・・・・
 
(旗竿をムヅとつかみ、大音オト聲に)こりやあこの錦の御旗を、その方どもはいかが致したのぢや。
(旗を持モち持ちたる家人一イチ、二を苦もなくねぢ伏せ、重カサねて置いて片脚にて踏んまへる)
今しがたここをお通し申モウし上げた大塔宮さま御一行のお身代はりに頂いたのぢや。
(旗を取トり戻さんとして苦もなく振りほどかれてよろめく)
狼藉致すな。返せ!
(しかしあとずさりする)
もし、その御旗は大塔宮さまのお言葉にて頂戴いたしたものでござります。お渡し下クダさりませ。
(一同イチドウを指揮し、自分もぢりぢりと義光に迫セマる)
それとも、あなたさまお身柄もともどもにここにおとどめ置き願ネガひませうか。
 
 
(旗を握り眼光凄まじくあたりを見廻し)さてさて汝等は何ごとぢや。かたじけなくも、四海のあるじでおはす天子の皇子(みこ)が、朝敵御追罰のためにおん忍びの路すがら、汝等ごとき大凡下の奴ばらが、これを邪魔するとは! おそれ多くも天が下シタは君のしろすめすところ、その民たる汝等がこともあろうに君に冠カン(あだ)する逆賊に媚び加担カタンして、かかるところでおん勢を悩まさうなど、もつてもほかの曲事(ひがごと)、言語道断の振舞マひぢや。敢へてわれ等に楯タテつかうとなら、あつぱれ楯ついて痛い目メを見よ。
(隙をうかがひ、前後よりおめき叫んで打ちかかる家人等ナド七八名メイを、身を翻へすとともに眼にもとまらず、一度に投げ飛トばす。しばしは起きあがる者なし。群衆おぢけおののき、蜘蛛の子コを散らすが如し。ただ一人、不屈なる面魂にてなほも迫り寄ヨり、大刀振フりかざして不敵に挑みかかりたる荘司を、義光苦もなく足蹴にして倒し、頭の上より踏んまへて、
貴様が当館ヤカタのあるじか。
(起きあがらんともがき、つひに断念して) もし、乱暴をなされますな。あそこのあの制札を御覧下クダされませ。尋常のことではここをお通し申モウしませぬところを、たつての頼みと仰せゆえ、六波羅御奉行ブギョウさまへの申しわけに、この錦の御旗おとどめ願うたのでござります。なにも力づく腕づくにて頂きましたのではなく、言葉を重ね理リを通し、一つはそれがおん勢のおんため、一つはわたくしがたの面目のため、かたがた宮さまの御分別フンベツにておん身代はりに下し置オかれたのでござります。
なに六波羅への申しわけ?貴様等ラの面目?(空を向ムいて哄笑する)片腹痛いことを申すな。六波羅へは宮さまおん勢と戦タタカつて命からがら打ち負マけたといひ置けえ。それで申しわけは立つであらう。
(荘司を助けんとして気を揉モみつつも近寄れず、揉み手テをして)無茶を仰せられます。何のそれが申しひらきになりませう。
なに?宮さまおん勢と戦つて、勝ち味があると申すのか。ならば手柄に汝等束になつてかかつて見よ。われ等一人で蹴散らしてくれるわ。(あたりを見廻はせど一人も近づく者なし。荘司を足蹴に五六尺転がしやつて)汝等得つきたくばこのさまよツく眼にとめて六波羅へ注進し、あつぱれ恩賞の沙汰にありつけえ!(旗を手の中にたぐつて押しいただき、あたりに反響(こだま)するが如き哄笑(たかわらひ)。竹矢來(たけやらい。竹をあらく交差させてつくった囲い。)を踏み破り、制札二基を引き抜くや無雑作にへし折つて擲(ほう)り出し、そのままあたり
 
当の吉野攻セめを下知し居イる大将は、二階堂出羽入道ニュウドウ道蘊ぢやといふわ。道蘊はさきに、日野中納言資朝アサ蔵人右小ショウ辨俊基両リョウ卿鎌倉に囚はれのおん身となり、かしこくも主上ウエ相模入道が忿(いかり)を静めんとおぼしめし立たれて関東へ御告文コクブンを賜はつた時、道蘊相模入道をば堅く諫イサめて、おそれ多くも、天子が武臣シンに対して直々に告文を下された例(ためし)は前代未聞、かりそめに披見せば冥罰バツを受けん、ただただ仰せに服し、文箱(ふばこ。書物を入れ、背負って運ぶ箱のこと。)はひらかずして勅使に返しまゐらすべしと、再往申しのべた由ぢや。
 
一の木戸落オちても、二の木戸で半ハン刻(はんとき)はもたう。みなのもの心置きなく一献すごせ。
武運つたなく、われ等今宵コヨイ吉野の露と消キゆるとも、お身の忠誠は何よりもの冥途への土産、護良ヨこの期(ご)に厚く禮レイをのべるぞ。
もつたいない仰せ。宮をおん護り申モウ上ぐるは、とりもなほさず主上をおん護り申モウ上ぐる心、主上をおん護り申モウ上ぐるは日本國コクを護る心で、われ等一同イチドウ粉骨碎身を誓チカって参りましたが、遂に今イマや刀折れ矢ヤ盡きましてござります。せめてこの期キに及んで心慰ナグサめまするは、宮さまおん前にてわれ等力チカラの続く限り心残りなく戦えましたこと、主従の縁今生にて尽きず、冥途へおん伴のかないますことでござります。今日まで一同に賜りました御温情オンジョウを、一同になり代り厚アツくおん例申上アげます。
みなに廻せ。
恐れ入りましてござります
頂戴つかまつります。この期に及び、なほいささか心残つて冥途へ道行きの邪魔になるは、この剣の先へ新院の叛逆僧岩菊丸めが首をさしつらぬけぬことでござる。彼奴(きゃつ)の裏切りさへなくば、金峯山に敵の手が廻って、今頃ここらに火のかかることはなかつたのぢや。
ええい!こともあらうに御座所の愛善寶塔裏に忍びの勢を伏せ置かうなど、いや、たかだか二百の敵にかくまで悩まされやうとは思ひもよらなんだわ。八つ裂にしても飽き足りぬ奴め! せめてこのきはに、隠岐にあらせらるる主上のおん消息に何かめでたきおんことと、赤坂を棄て千劔
千劔破(ちはや)城も今頃は幾万マンの関東勢を引ヒき受けて、多聞兵衛正茂どの例の機略ともつて、あつぱれ戦ひ居ることでござらう。尤もその関東勢のうちにも、新田小太郎義貞上よりおん旨を賜タマワはつて変心し、病ひを口実に一戦をまじへずして鎌倉へ下向するなど、内輪われが生ずる有様、和田、三浦、結城等ナド関東陸奥の勢ゼイが上のおん旨の応コタえ、留守を衝いて本拠の鎌倉を打ち落オとすのも間近でござらう。足元に火のつくのも知らぬ奴よ。
赤坂へは阿蘇禅ゼン正治時、長崎九浪ナミ左衛門を軍奉行ブギョウとして、関東勢のほかに、河内、摂津、和泉、加賀、美濃、淡路、丹波など七國コクの勢合はせて八萬ヨロズ余騎をひきゐて向かつたさうな。城は水ミズを堰かれて難渋し、遂に城シロの本人平野将監入道は敵を謀って仮に降人となり、大将阿蘇弾正より本領安堵の教書並びに恩賞を沙汰する言質(ことじち)までとつて城を開アけ渡したところ、長崎九郎ロウ左衛門尉二百八十二人の降人を請取(うけと)つて、ものの具太刀タチを奪ひ取り、高タカ手小手テに縛めて六波羅へつきだし、日ならずして六條河原へ引出ダしてことごとく首をはねたといふ。
えい!因果の道理も識らぬ六波羅が成敗。罪をゆるくするは将の謀(はかりごと)とも申すを。・・・かかる驕り(おごり)になれて、北條の武運も久しくはあるまい。ほどなく地獄の火の車クルマが迎えに行くわ。
しかし・・・赤坂はともかく、千劔破は難攻不落、多聞兵衛が例の謀ハカリゴトをもつて待ちかまへて居るからは、阿蘇が勢ゼイも軽々しくはこれに得近チカづくまい。さぞかし手を焼き居オらう。
打ち見まするところでは、當吉野攻ゼめの敵も關東の勢ではござりませぬな。
うむ。忍びの者の復命によれば、六波羅が軍略は、陸奥右ミギ馬助を將として軍奉行ブギョウには工藤二郎右ミギ衛門高景カゲル。使節として二階堂出羽入道ニュウドウが加はり居る趣オモムキぢやが、當面の軍(いくさ)を下知チし居るは、二階堂道蘊であらう。勢は近江、大和、山城、伊賀、但馬、丹後、伯耆、播磨など八國コクに、大番在洛の兵を合せて六萬といふ。
恐れながら、隠岐におはしまする主上ウエのおん消息は?
この頃は密教の秘法を試みられ、一人おん心を慰めまゐらせてをられるといふ風のたより。こちらよりも雨につけ、ひそかにおたよりは申上げてをる。われ等ここにはかなく滅びぬときこしめさば、おん嘆きもひとしほであらう。それのみが心の障りぢや。(涙を拭く)
(一同すすり上げる)
(木寺の舞)
これは村上氏。・・・戦況いかがでござりますな。
大手の一の木戸、いふ甲斐なく遂に落オち、敵味方二ニの木戸を挟んでひしめき合うてゐるわ。心得ぬ、あの管絃の音は?
されば。上には今や別離の宴を張ハられ、生き残りの一同に最後の盃を賜うてをられまする。いざ、村上氏にもあなたへ。・・・木寺どの上の御オ所望にて、ただ今、ひとさし舞ひ興キョウじて居られるところでござる。
なに、別、別離の宴とな? な、な、なにをたわごと仰せられる!別離の宴の、最後の盃のと。・・・何が最後ぢや。戦ははじまつたばかり、宮の御オ運のひらかせられるはこれからではないか。御免!
 
(幕をかかげて荒々しく中へ踏フみ込む。沈痛なる一座の気配に、ふと心憶オクしたるが如くたたずみしが、やがて宮のおん前にいざり寄って膝ヒザをつく。滂沱(ぼうだ)たる涙をそのまま)
宮!





(相手の言葉をだまって手で抑オサえ、急に満眼に涙をうかべて)いふな彦四郎シロウ。そなたの心事はようわかり居る。・・・これ、彦四郎シロウに盃をとらせ。
何の盃でござります。
叡山以来、とりわけてお身には言葉に尽くせぬ苦労をかけた。が・・・遂に武運つたなく今日の仕儀となつた。めぐり来る春ハルを夢見て居オつたであらうが、今はそれもはかなく消え滅ホロびた。頼むに甲斐ないわれ等に今日キョウまでぬきんでくれたお身の忠勤は、肝に銘メイじて忘れぬぞ。(盃を手づからとらせる)
何を仰せられます。(盃を砕けよと握りしめて)今宵ただ今この火の中に吉野は落城致しませうとも、これをもつて宮の御計画のおん挫折とは何をもっておぼしめされますか。叡山の落城赤坂の陥落、すべてこれ負け戦に似て負け戦に非ず、この間に勤皇の大義を炳然(へいぜん。光り輝いているさま)と闇に輝かせ、狼煙となつて全国の義軍に呼びかけて居りまするのをお忘れ召されましたか。吉野の落城は畢竟(ひっきょう。つまるところ、結局の意)吉野の落城、宮のおん計画は明日またこの灰燼から新たに輝かしく聳えねばなりませぬ。縁起でもない盃など彦
 
(涙のまま微笑みをもって)
相変わらず強きよなう。・・・したが、裏表オモテの木戸木戸、山ヤマの尾根谷谷タニ、幾万の敵テキが闇にひしめき合うて居イるのに、生き残りの味方はといへば、打ち見ミたところ・・・
幸ひと味方はこの闇、戦の始末はわれ等におまかせあつて、宮には闇の中におん姿を変へられ、この場をお落ち下さりませ。勝手明神の前より南天の川への間道は、寄せ手のくばりの最も手薄なところと心得ます。あれを打ち破って高野へ忍び向はせられたまへ。・・・尤も、一刻を争ふ場合、猶予はなりませぬ。二の木戸落ちれば寄せ手の勢は裏表より潮の如くこれに殺到しませう。さうなりましては切り抜けるすべもござりませぬ。ただし、あとに残り留まつて戦ふ兵はなく、宮のゐまさぬのに気づかば、宮の落ちさせたまふものなりと心得て、敵どもは八方へ散
なにをいふ!お身一人をここで見殺しになるか。死なばもろとも。いさぎよく手をとつて、今宵この吉野の桜と散らうぞ。
なにを気弱なことを仰せられます。昔、漢の高祖が滎陽に囲まれました時、紀信が高祖の身代りとなり、楚を欺くことを乞ふたのを、高祖はこれを許したまふたとあるではござりませぬか。かかる腑甲斐ない御所存で、天下の大事をおぼしめし立たれうなどと!(泣く)そもそも、われ等には幾百幾十の身がはりがござりますが、宮はお一人、他にかけがひはござりませぬぞ。たとへば、さきに令旨を賜はつて播磨の圓(円)心入道どのがもとへ帰りました赤松、河内で戦つてをります楠、伊豫に兵を起こしこのほど長戸探題を打ちおとしました土居、得能。近くは紀
(宮、面を垂タれられしまま無言)
(宮のおんからだにとりつき、子を叱シカる慈父の心にて、おん耳に近チカく強く)
宮! おん気強ツヨく!事は急でござります。はやおんものの具を脱ヌがせられたまへ。

(鎧の下帯に手をかけて無理に解ホドき奉る)
お許し下クダさりませ。
(涙を拭き、はじめてうなづく。義光の介添ひにて、おんものの具、鎧ヨロイ直垂を脱ぎたまふ。あり合はせの僧衣をまとはせられ、義光の手を堅カタく両手のうちにとりて)彦四郎!
(ぢつと宮の眼に見入ミイる。不意に双頬(そうきょう。両方のほお)に滂沱(ぼうだ。涙がとめどもなく流れ出るさま。)たる涙)では、おんつつがなく。おん身をおいとひあつて・・・(子をいたはるが如く宮ミヤをいたはり立たせる)
(義光の手をとりたるまま)お身の志ココロザシあだには思はぬぞ。・・・われ幸ひに生きて世ヨにあれば、お身の後生を弔はう。武運つたなく、ともに敵の手テにかからば、冥途でまた、同じ岐チマタ(ちまた)を行かうぞ。
(涙をまぎらし、いそがしく宮のおん懐に己が側差サ(わきだし)を入れ、みすぼらしき僧衣の後ろを、優しく直して)では。・・・
さらば。(やむなく立ちかかる。後ろ髪ガミひかるるおん心地)
(一同に)御先途センドくれぐれもお願ひ申す。・・・なに、ここは俺一人ヒトリでいい。
一同、見かへりがての宮を護マモり、左手樹の間アイダに去る。義光一人、落花を浴び、ひざまづきてこれを見送る。間。
おお、父上にはそこに。・・・宮は?
見い!上より賜はつたおんものの具、おん鎧ぢや。義隆、それにて禮拜致せ!
(素直に両手をついて拜し、いぶかしげに)何ごとでござります。
うむ。(きはめて冷淡に義隆を見て)上カミよりおんものの具、おん鎧直垂を下したまひ、あまつさへ宮のおん名を假りに賜はつて、義光賊徒輩の眞ん前でおん身代りに腹搔つ切つて果てるのぢや。
すりや、父上にはいよいよ最後のおん覺悟を?
(不意に眼に一杯涙をたたへる)
村上彦四郎義光一代の面目、家門末代のほまれ!
(顔をあげて嬉し泣きに泣く。ふと義隆を見てはじめてこれに氣づきたるが如く)喜べ義隆!宮より下しおかれたおん兜、おん鎧、おん鎧直垂。どうぢや、似合ふか?(心から嬉しげに哄笑する)
(ぢつと父のさまを見据ゑ、平素の気象を呑込みたるが如く、拳(こぶし)で涙を拭く。力なく刀をひつさげて立ち、しかし健気に)
それでは父上、お心置きなくそこでお仕度なされませ。義隆ここに見張つて、うかがひ寄る敵をば一手に引受け、御先途お見届け申してから、おあとを追ひまする。
(立ちかけてふと、白髪のまぢりたる義光の亂髪に眼をとめる。父のかたはらにゐざり寄り、ふところをさぐり、小さき蒔繪の小櫛をとつて)
御免下さりませ。(髪に手をかける)
何ぢや。 (小櫛を手にとる) しやらくさいものを所持し居るな。
鄕里(くに)をたちまする折、母上がおん形身ミにとて賜はりました。
母上が? (ぢつと手の中の小櫛を見ミつめ、心に掠めるもののある如く、ややしばらくして、その眼を、いまだ童顔(おさながほ)失せざる義隆の顔に移ウツす。無言、やや長き間マ。--不意に義隆の頭にやさしく兜をきせてやる。落花)ふむ。
(首を横に振フり、髪をなでつけ、おのれも兜をかぶる。櫛を義隆のしなやかなる両手の中に入イれ、草摺(くさずり)のあたりを直してやつて)俺のことはかまふな。・・・・・・宮はさきほど、勝手明神の前より天の川カワの間道へ、落ちさせられた。あとを追い奉マツれ。父に代わり身ミをもって御先途をお護り申モウ上げろ。
父上は?
俺のことは俺にまかせえ!(立上がり、鎧をゆすつて、本来の闘争精神にかへる) 早く行けえ!
はい。(残り惜しげに、しかし素直に、立つたまま一禮して淋しく暗き樹間マに去る)
 
〔註〕義隆これより一人宮のあとを追ひ、よく殿(しんがり)をつとめ、宮をおとしまゐらせたる後、天の川の間道に添ふ小竹叢にて一人戦死す。
賊徒トども、しばらく静かに控え居オれえ!
われこそ天照大神の御子孫シソン、神武天皇より九十五代の帝ミカド、今上第三の皇子一イチ品兵部ブ卿親王護良、逆賊のために滅ぼされた恨みを泉下シタに報いんため、腹掻カつ切つてここに相果ハてる。汝等ただ今イマこのさまを見置いて、やがて忽ち(たちまち)武運つきて腹切キる時の手本に致せ!

(鎧を脱ぎ、兜とともにこれを櫓より投げ落とし、錦の直垂の袴ばかりに、練絹の二つ小袖の肌を脱いで、立ちたるまま、大刀のきつ先深くつき立て、左の腹より右へ力一杯一文字に掻つ切つて、血のしたたる腸(はらわた)をつかみ出し、矢ざまの板に投げつける。気を呑まれ息をひそめてこれを仰ぎたる群衆を、不敵なる面差しに悠々と睥睨(へいげい。にらみつけること。)し、天を仰ぐや肝のどん底よりゆすり上ぐるが如き哄笑(こうしょう。どっと大声で笑うこと。)一番、ついで、刀のきつ先を口に含んで、そのままがつばと俯伏せに伏して息絶える。血
 
 
吉野落城のみぎり、天(てん)の川間(かん)道の九折(つづらおり)なる細道に落ちし人をいましめ居つた吉野の執行が勢五百餘騎を迎へ義隆一人で戦ひ、寄せ手テの馬の諸膝ヒザ薙いでは切り据スゑ、平首(ひらくび)切つては刎(は)ね落ちさせ、半時ばかりささへし後、つひにとり籠めて射たる矢にすくめられて十餘箇所に傷をかうむり、敵の手にかからじとかたはらに小竹のひと叢茂りし中に走り入つて、腹搔カつ切つて相果てたと申します。
注進の卒一
一兩日前より吉野戸津トツ河宇多内ウチ郡あたりの野伏(のぶし)ども、大塔宮よりおん旨(むね)賜はりたりと稱し、七千餘人相催し、千劔破を圍むわが軍の背後に迫つて、ここの峯かしこの谷に隠カクれては、寄せ手の勢の往来を遮り、人馬を損ね、ものの具兵糧を掠めるなど至らざるなく、遂にわが軍は進退兩難の苦戦に陥って昨夜より圍みを解き、一時退陣の餘儀なきに至りました。至急援軍のおん手配ありたく、右御オ注進申上アげます。
注進の卒二
大塔宮さま無事高野に落ちさせられ、一山ザンの僧徒これを護って動搖の氣配いちぢるしく、事態容易ならぬ景色と相見ミえましてござります。
注進の兵三サン
播磨の赤松入道圓心ココロ則村、息イキ律師則ソク裕ならびに筑前守貞則サダノリ範とともに摂津の摩耶城外ジョウガイにて幕軍に抗戦、一時はおん差向ムけの一万餘騎キを得て大いにわが軍勢ひを盛りかへしましたところ、このたび瀨川の一戦に再び利あらず遂に敗退、この分にては赤松が勢ひた押しに京洛へ迫るは必定でござります。さすれば由々しき一大事出来(しゅったい)致しますれば、なにとぞ援軍おん手配のこと、至急におんはからひ下されたく・・・・・・
肥後の阿蘇大宮オオミヤ司一族、かねてお召しにより、千剱破攻めのおん勢に加クワはらんとて上洛の途中、大塔宮より令旨を受けて備前の鞆より引つ返カエし、筑紫の菊地武タケ時と相通じ探題おん館をうかがひ、まさに九州動亂の兆(きざし)ありまする趣、武藤四郎どのより御注進チュウシンでござります。
隠岐の判官佐々木淸高どのより火急御注進申上げます。
二十四日未明、隠岐の君〔後醍醐天皇〕六條少将忠顯朝臣をめし具し、御配所警固の當番佐々木富士名三郎左衛門尉義綱どのがはからひにて、ひそかに千波湊(ちぶりのみなと)より島を御脱出、途中追つ手の勢をおんはぐらしまゐらせて伯耆の名和湊におん着、名和長太郎長年一族に迎へられて船上山にお籠りあり。隠岐判官どの並びに左々木彈正左衛門尉どの軍勢二千餘騎にてすかさずあとを追ひ奉りましたところ、すでにおん勢盛んにして抗し得ず、佐々木彈正左衛門尉どのは流れ矢に眼を射ぬかれて倒
隠岐判官どの一人戦タタカつて、一の木戸まで破りましたが遂に利リあらず、攻め立てられて一千セン餘騎進退シンタイの自由を失ひ、やむなく退きましてござります。
隠岐の君島シマを御脱出とな?

(一座色イロを失ひ總立タちとなる。)

 

 

 

参考文献:
「村上義光」昭和十七年 凡東洋社