仁徳天皇さまの民のかまどのお話

 

「民どもが、こんなに苦しんでいる時には、貢物を取ってはならない。」

「國は農業をもって本とするものです。だから、百姓の貧しいのは、國の貧しいことで、つまり朕の貧しいことです。」

天皇さまが國民の安寧を日々お祈り続けてくださっておりますので、日本人である以上は本当の孤独はありません。今上陛下まで連綿と続くありがたい大御心に感謝し、ご恩返しをさせて頂きましょう。

 

仁徳天皇さまは全ての日本国民のかまどを心配してくださったわけで、一般論として、言葉だけの人が「ものづくり」の時代じゃないというのは多くの国民の雇用を考えておらず民の気持ちの分からない日本精神の無い許されない者であります。

この20年くらいの日本の製造業破壊工作でグローバリズム勢力が「ものづくり」の時代じゃないと洗脳してましたが、この期に及んで未だに言うのは周回後れのグローバリズム洗脳工作員と断定します。「もの離れ」を煽った結果、この20年に多数の製造業が倒産し何十万人何百万人の人が自殺しました。現在の日本でいまさら「もの離れ」を煽るのはグローバリズム勢力の思うつぼであり(又は手先か)、新興宗教なら信者に御布施を出させるために「実体のない奇麗事」を煽る必要があるだろうが、むしろ、本当の日本の心・戦前の修身では「工夫」の項目で「ものづくり」と発明のすすめの、いわば逆を教えていました。

資源も無い、大規模農業で輸出する面積も無いわが国は、「ものづくり」で主な雇用を創出するしか無いのです。工作員の出してくる例は、気持ち・思い、IT、金融、などなど大半の国民の雇用創出にならないものばかりです。(USAでも同様のようです)

この20年の日本の製造業の問題は、新しいよい物を発明できなかった問題なのに、製造業の時代じゃないと言う嘘に騙されている人が多い現状である。間接雇用をはじめとする非正規雇用の問題が新しい物を生み出せなかった大きな原因だが、国民主義者なら大問題の間接雇用の禁止を主張すべきであるが、主張する人はほぼ居ない、残念ながらほとんどがグローバリストに近いのだろう。

あと、この20年散々洗脳してきた「選択と集中」は、「1.新しいものを生み出させない2.リスク分散させない3.部分的に廃業させる」、ための最悪の日本企業破壊工作だったのが明確になりました。(某グローバリズム・メディアは今でも必死こいて洗脳してます・・・・・・)

「話半分」とか昔から日本は、何でも言葉で契約の他国と違い、言葉はあまり信用せず、日本では「物にも神が宿る」としてきました。物を否定すことは神を否定することであり、本当の日本の心・戦前の修身では物を大切にせよと教えていました。
最新の情報理論では、「全ての情報は物理的なものである」との事で(メモリのリフレッシュ、ハードディスクの磁気、脳の電位など)、情報=物ということは、物の否定は情報の否定であり、祈りの否定にもなる。本来不可分なものとも言えて、唯物だ唯心だと分けて考えてる事自体が既に西洋の感覚の面もあり、それを物だけ否定する話は無理がある。VRもAIも物がなければできません。古典物理学があったから最新の物理学があり、しかも古典も最新も違う役割で両方とも現在でも重要です。

「物より○○」というCMに代表される製造業破壊工作は90年代からの20年間で散々やられてきたグローバリズム勢力による洗脳工作で、既にその時代は終わってるのです。
実は、某グローバリズム・ネットワークを「ものづくり」で復興させようと「メイカーズ・ムーブメント」が世界中で起こっていて、(それらにやられないように國で支援して國の「ものづくり」産業振興をする必要があるが)むしろ「物の時代の回帰」が世界中で起きている最新事情です。 現在、3Dプリンタなどで今まで物じゃなかったものが物にできるようになってきて、むしろ物の時代が再びやってきたという流れです。言葉だけでは決して分からない、触覚の体験だから分かることが多いのです。

(より正確に言うと、ここでいう「物の時代」の物とは、既存の製造業だけではなく、ハード → ソフト → データ(現在)と 進んできた流れの次の段階の事で、「データを(触覚で感じられる)物にする」という全く新しい(巨大)産業のことであり、ただの回帰というより 「らせん型」の形状のような流れという方が近いです。)

天之御中主神からの日本の神は、宇宙のはじまりから日本のナショナリズムそのものであり、天之御中主神をはじめとする神々は生死を越えて常にいらっしゃる、というのが日本の感覚で(だから神社でも物でもいつでもどこでもお会いできる)、その反対の、無常感や旅で時間で変化していきいなくなるというのはダヴィデもそのようなことを言っていたらしいがグローバリズムの方向の面があるとも言える。

「ものづくり」産業の振興をしない事を実質的に擁護するものは、民の気持ちの分からない日本精神の無い許されないものであり、本当の日本の心・戦前の修身では「産業を興せ」の項目で「ものづくり」産業の振興を教えていました。

いつの世も日本は日本精神を込めた「ものづくり」立国です!!!

参考文献:「少年教育勅語物語」加納信夫編 金蘭社 昭和5年

戻る