仁徳天皇さまの民のかまどのお話

 

「民どもが、こんなに苦しんでいる時には、貢物を取ってはならない。」

「國は農業をもって本とするものです。だから、百姓の貧しいのは、國の貧しいことで、つまり朕の貧しいことです。」


天皇さまが國民の安寧を日々お祈り続けてくださっておりますので、日本人である以上は本当の孤独はありません。今上陛下まで連綿と続くありがたい大御心に感謝し、ご恩返しをさせて頂きましょう。

 

参考文献:「少年教育勅語物語」加納信夫編 金蘭社 昭和5年

戻る