最後の特攻隊 ~関東軍の神州不滅特別攻撃隊~ (Flash製作中。皇紀2673年11月9日)

国敗れて山河なし 生きてかひなき命なら 死して護国の鬼たらむ

日本が続いたおかげで、今の日本人が生まれて生きている。
世界史を見ると、敵がいくら強くても敵の数カズがいくら多くても、勝ち負マけや損得を超えて勇猛に戦った国だけが長く続ツヅいている。

日本では、御先祖センゾ様の戦いを知った子孫が、同じように勇猛に戦い、魂が受け継ツがれて本当に七生報國となった。
そうして、日本だけが不可能を可能にしてきた。

敵がいくら強くても敵の数がいくら多くても、
日本の為に我ワが身を省みず戦った偉大な御先祖センゾ様のお陰で、今の日本の世界最高水準の繁栄、今の日本人、そして世界史上最長の歴史を有する今の日本がある。


関東軍の神州不滅特別攻撃隊の皆様、日本を護るためのソ連軍への特攻出撃、本当にありがとうございました。英霊の皆様の御魂により、永久に日本が護られていきます。

大東亜戦争の最後、ソ連軍の卑劣な侵攻から日本を護るために、自発的に特別攻撃を行った関東軍の部隊がある
大虎山(だいこざん)は、奉天(ほうてん)(現・瀋陽)と錦県(きんけん)(現・錦州)を結ぶ満鉄線の中間にある小さな町である。

 

1945年8月ガツ9日、ソ連がいきなり日本に宣戦布告し、満州へ侵攻を始めた。
8月9日ニチ、ソ連軍が虎トラ頭要塞に攻撃を開始した。      約1800人が籠城し戦う。約50名の生存者以外は玉砕。  
八月八日深夜、ソ連軍グン侵攻の入電と共に勇躍出動した能美上ジョウ尉の一個連は、八月十日コウアンよりサクリンに向かって挺進中ソ連軍の機甲部隊と遭遇し、敵の前進を阻止すべく果敢な遊撃戦を反復中部隊は全滅し、能美上尉も壮烈な戦死を遂げた。
五三部隊の主力は十日午後出発「ドレモト」に向かい挺進中、興安南方二十キロ付近でソ連狙撃一個連隊と遭遇し、死傷者続出したが、果敢に戦い就中志岐小校は重傷にも屈せず軍医の制止も受け入れず、最後には馬にかき乗り敵中に突入し壮烈無比の戦死を遂げた。
八月十二日勝山カツヤマ陣地では、各所で悲惨な死闘がくりかえされた。天野曹長の決死の切込コ隊など最も凄惨なものであったと云う。
中腹まで攻め寄ヨせた敵兵に対し、前夜半ハンになぐり込みをかけたのである。
その敵は戦車十余ヨ台、歩兵約ヤク100名に対しこちらは総勢十三名である。
匍匐して忍び寄ヨり、第一は手榴弾戦から始まった。
爆雷の音も次々に聞こえた。
幾台ダイかの戦車の軌道がやられ、相当の損害を敵に与アタえたが、天野曹長以下は一名も帰ってこなかった。

勝山山頂の大隊本部からも、この夜三角山へ約三十サンジュウ名の切込コ隊が出された。敵は約ヤク三〇〇名の内ウチ約一〇〇名メイが撃滅され、その上主力シュリョクは遙か後方へ退がったという。だがこの切込隊も天野隊同様、全員戦死してしまった。

一方、西の河西山からも勝山陣地に向かって切込コ隊が出され、山麓の道路上にいた敵をせん滅し大ダイ戦果を上げたが、数方面ホウメンから逆襲を受け河畔カハンの湿地に追いつめられて、遂に自決し果てたと云う。
1945年(昭和20年)8月12日、満州国鶏寧県麻生区(現中華人民共和国黒龍江省鶏西市麻山区)において哈達河開拓団が避難中にソビエト軍戦車部隊と満州国反乱軍によって攻撃されて集団自決した事件。死者は421人とされている。
八月十三日正午頃、磨マ刀石でソ連軍グンの重戦車の大群が目の前マエに現れた。
日本軍歩兵中隊が射撃をしても全く効果なく、肉迫攻撃より外に打倒の途はないのがわかった。
そこで速射砲分隊長の鈴木秀美候補生は、自分の速射砲が破壊されると、擱座(かくざ。戦車などが破壊されて動けなくなること)した敵の戦車を分捕り、その搭載砲を使ツカって敵戦車を砲撃し、たちまち数台の敵戦車センシャをやっつけ、敵軍の前進を一時阻絶完封の状況に陥れた。しかし、鈴木候補生の分捕り駒もそう長くはなかった。候補生自身も負傷し戦闘不能となるや、爆薬を抱いて砲と共トモに磨刀石イシの丘の上に散チっていった。
1945年8月14日、満州国興安総省の葛根廟において日本人避難民約千数百人(9割以上が婦女子)がソ連軍によって攻撃され、1000名以上が虐殺された

8月14日午前11時40分頃、行動隊が葛根廟丘陵付近まで到達したところで、ソ連軍中型戦車14両とトラック20台に搭乗した歩兵部隊に遭遇したため、浅野参事官は白旗を掲げたが、機関銃で射殺された。ソ連軍は丘の上から行動隊に対し攻撃を開始し、戦車が機関銃で攻撃を加えながら、避難民を轢き殺していった。戦車の後方からは、ひき殺された人々がキャタピラに巻き込まれ宙に舞いだしたという。ソ連軍戦車は攻撃をある程度続けると、丘に引き返し、何度も避難民めがけて突入しながら攻撃を繰り返した。戦車による襲撃が止むとトラックから降りたソ連兵が生存者を見つけ次第次々と射殺し、銃剣で止めを刺していった。2時間余りの間に非武装の女性、子供を主体とした1000人以上が殺害され、生存者は百数十名にすぎないとされている。殺害を免れたものも戦車に轢かれたり、被弾して負傷したものや、家族が殺害されたものがほとんどであり、大勢が自決した。

生存者に対する襲撃も執拗を極め、暴民に身につけている下着にいたるまで身ぐるみ全てを剥がされるなどした。また、暴民から逃れようとして川で溺死した者もいた[1]。ある女性はソビエト兵に子供を殺され、続いて襲ってきた暴民に衣服を全てはぎ取られた上に鎌で乳房を切り落とされている[2]。暴民たちは、生き残った母子を見つけると母親を棒で殴りつけ、子供を奪っていった[3]。親を殺された子供達は、生き残った大人のもとに集まっていたが、暴民たちはその子供たちをも同様に奪っていった[4]。当時は日本人の男児は300円、女児は500円で売買されるのが一般的であった[5]。

/*************************/
当時三十二歳だった母に抱かれ、大きな溝に転がり込むように逃げました。左肩に銃弾を受け、「痛い」と振り向いたとき、すでに母は頭に銃弾を浴びていました。「おかあさーん」「おかあさーん」と母の体を夢中で揺すりました。母は、ばったりと倒れました。背中にすがりつき、わんわん泣きました。妹ともはぐれました。父の行方も避難前から分かりませんでした。
(西日本新聞 私の8・15<1>葛根廟事件より)
/*************************/
孫呉の第一ダイイチ二三師団シダン長北沢中将は、新編ヘンで未教育の兵の多オオい師団が真正面からソ軍にぶつかっても勝算なしと見て左ヒダリは愛琿陣地により、右は決死隊による大軍阻止の戦法を採用した。幸いこの師団には、根幹となる強兵一千名センメイが残っていた。師団ではこれを二隊タイに分かち、一隊タイは勝武屯に急行し、一隊は勝武屯後方の南陽山に布陣した。これら部隊は云わば決死の挺進隊で、その戦法は爆薬を抱いて体当たりする特攻隊と、司令部に斬り込む斬り込み隊に分かれ、十五日迄に少なくとも六〇台の戦車が破壊され、敵の進軍を阻止すること四昼夜に及んだ。一方、南陽山部隊の防戦も又もの凄かった。即ち右敵テキ兵団の側面に側方ホウから斬り込み、大乱闘が展開された。この激闘は三日間も続いた。終戦の噂などには見向きもせず、飽く迄マデ執拗に喰い下サがった。
又一方、愛琿の第一三五ゴ旅団は既設の陣地を守り抜ヌき、遂に屈しなかった。即ち同陣地ジンチの将兵六千名は、十日間に亘る敵テキの日夜連続の猛攻を悉く撃退して、衝天の意気を示シメした。
云わば孫呉ゴの主力陣地は、これら決死の挺進隊と愛アイ琿陣地将兵の無類の奮戦力闘に支えられて、大なる戦闘交えず終戦を迎えたのである。


掖河(えきが)でのソ連軍グンとの戦闘・・・
既に敵テキ戦車を射撃する砲も爆雷も爆薬もない。敵戦車センシャは傍若無人に目の前マエを横行闊歩する。誰だって切歯扼腕するに違いない。
堪り兼カねた名もなき兵であろう。傍らの石を抱イダき身を挺して飛び出ダして、キャタピラの間にその身を突ツき込んだ。戦車は止まった。動かない。勿論兵はこと切れた。
第一イチ二六師団の戦闘は難戦苦闘と云うよりは、潰滅をのがれんとするあがきの連続であった。特に郷土部隊の歩兵第ダイニ七八連隊レンタイは、最後まで愛河カワ南側の丘にへばりつき雲霞の如き大敵を引き受ウけて、苦しい苦しい戦いの日々であった。

八月十五日は終戦の詔勅の下った日だが、勿論遠いこの戦場には伝わる術もなければ知るひまもない。師団から下された後退命令さえも遂に伝ツタわらずに終わっている。後から聞くと連隊本部が数回その位置を変カえたので、連絡できずに取り残ノコされたらしい。その他の師団各隊は十五日夜半から十六日早暁にかけ、牡丹江を渡って遠く西方に後退している。従ってこの連隊ばかりが孤立無援、死守するの已むなき運命に置かれていた。
八月十六日早暁、連隊長山中肇大佐は残兵ヘイを集め勅諭忠節の項を奉読し、最後の敢闘を誓うと共に、暗にこの世に於オける将兵との訣別をしたのであった。昼間は到底最後の突撃を敢行する状況ではなかったので、薄暮に乗じ最終突撃を決行する手筈を決め、その日の午後ゴゴ四時頃付近フキンの窪地で軍旗を奉焼し、終って次々突撃用意の命が伝えられた瞬間、敵のロケット弾数スウ発本部付近に炸裂し、連隊旗手と旗護兵全員戦死し、山中連隊長以下数名は重傷を負った。山中大佐は、連隊長を中心とする将兵一体一丸となっての突入を諦め、早これまでと拳銃で自決して、その非運と非力を詫びた。これ歩兵第二七八連隊の最後であった。
残兵僅ワズか十名は大佐の遺体を愛河の丘に埋ウめ、各々血路を開き、脱出せんとして或る者モノは斃れ、ある者は傷キズつき、或る者は九死に一生を得て戦場センジョウを離れたのであった。かくして郷土連隊の殆ど全員が死守人柱となって、居留民数万の疎開と軍主力シュリョクの後退とを容易ならしめたのであった。
エキガの戦闘は、今次日ニッソ戦中唯一の大軍同士の攻防戦であった。特に郷土部隊とも云うべき歩兵第ダイニ七八連隊レンタイのみは、唯々独りエキガの丘で孤立無援の戦いを続け遂ツイに玉砕した。満州の戦いで、軍旗を奉焼し全滅の悲運に陥った唯一の部隊である。その玉砕は八月十六日であった。中根吉続曹長の壮烈な死も亦その日であった。

歩兵第ニ七ナナ八連隊のエキガ丘上ウエの戦いは、八月十四日一時頃ゴロ、敵機の爆撃による夜間攻撃で火蓋が切られた。その日正午ショウゴ頃には、砲爆撃バクゲキに引続き大型戦車を主とした機甲軍団の攻撃を受け、戦闘は激烈を極めた。
これに対するわが方は装備も貧弱で弾薬も少く、唯々気力で応戦を続けていたが、十日以来の強行軍を徹夜の陣地作ヅクりで、将兵共に疲労し居眠りの儘敵弾テキダンに斃れ、戦車の下敷きになるもの多数という惨状であった。
第一戦陣地を守っていた第三中隊は十五日遂に連絡が絶え、砲煙に包まれ連絡に出した伝令も帰らず、人影も見えず、全滅必死と見られた。そこで第一大隊長は、第一機関銃中隊長石原中尉を長とする陣地奪回攻撃隊を編成し、夜襲により翌十六日早暁奪い返カエしたが、朝からの敵の攻撃は猛烈となり、石原隊も隊長以下多数タスウ死傷し再び危機に陥オチイったので、大隊長は増援として中根曹長の指揮する第二中隊の一個小隊を向かわせた。
曹長は部下小隊ショウタイを率い、混戦中の陣地に向かい突進した。敵は中根小隊の増援を知るや、十字火を浴アびせ弾幕を這張ハって攻撃を阻止せんとしたが小隊はこれに屈せず、弾丸雨飛ヒの中果敢な前進を続け、死傷続出するも怯まず所命メイの陣地に肉迫し、率先軍刀を振りかざし突撃を敢行、遂に陣地を奪い返カエした。その刹那敵の十字火を浴アび頭部を貫かれ、勿論終戦停戦の事実も知らず壮絶な戦死を遂げた。
八月十二日の幕はあいた。早朝から敵の猛攻が始まり、何時間かの激闘が続いた。正午近くから更に優勢な集中砲撃が行われ、続いて敵戦車センシャと歩兵の反復攻撃が繰返カエされ、わが方が全火砲カホウ全火器、全ゼン兵種を挙アげて対抗し乱戦となったが、遂にわが方にとっては虎の子コの火砲も火器も悉コトゴトく破壊され、死傷は続出し砲兵ヘイ本然の戦闘継続は今や全マッタく不可能となり、大隊長代理塩見大尉は下士官伝令を派遣し、連隊長の許に戦況を報告し命令指示を仰アオいだ。すると連隊長は厳然たる中にも慈愛の眼差しを以て「火砲と運命を共にすべし」と肺腑をえぐる如く命令し、その顔を部下に向ムけて一点を見つめて動かなかったそうである。この戦況下に於オいては指揮官として当然のこととは云え、人一倍部下思オモいの連隊長が、一個大隊の部下将兵ショウヘイを死地に送るその苦衷は察するに余りあり、定めし剛毅の鬼部隊長も流石心ココロの中では血涙の潜然たるを押し留トドめることは出来なかったであろう。
斯くて十二日の夕闇迫る頃コロ塩見大尉は部下将兵ショウヘイ一同を集め、本日までの健闘を謝し最後の別れの言葉を述べ、突撃準備態勢を整え好機を見るや、恰も(あたかも)夕闇を裂くが如ゴトく突進を号令し、自らは機銃を腰に構カマえて率先先登に立ち群ムラがる敵を掃射しつつ敵陣に突入し、遂に殆ホトンど全員光林台の露と消えた。
十三日の晩、連隊本部から谷山正弘少尉以下の特攻隊が出たが、敵の猛射に会い四名ヨンメイだけ帰隊したが他は消息不明となる。
十四日の晩、二十一時頃連隊レンタイ本部から坂田正知少尉以下十名ジュウメイの特攻隊が出たが、敵の重囲に陥り約半数ハンスウは戦死し、脱出して帰る。この夜第一ダイイチ大体からは脇山光夫軍曹以下十四名、第一中隊からは日野勲イサオ少尉以下十名ジュウメイ、第二中隊からは清水信雄少尉以下二十三名などの切込隊が出たが、脇山隊と日野隊は全員戦死か行方不明、清水隊は半数は傷ついたが全員翌日帰る。
十五日払暁(ふつぎょう。夜明けの意)から敵は愈々(いよいよ)決戦を意図してか異常に戦力を増強し、小豆山ヤマ方面に猛射撃シャゲキを集中して雌雄を決せんとして来た。わが方も必死に反撃し、一進一退茲(こ)を先途と戦い続けた。最早わが方も火砲は全滅し、戦死は続出する。愈々終焉の期が刻一刻近づいた様である。連隊長纐纈大佐も、最早残ノコされた途は唯一ヒトつと判断したのであろう。昼頃ゴロ残存将兵一同を集め、開戦以来の善戦健闘をねぎらい最後の別れを告げ、東方を遥拝して突撃の準備を整えた。
今が好機を見るや、猛然と号令一下シタ喇叭(らっぱ)手がここを先途と吹き鳴ナらす突撃喇叭と共に、連隊長は勇躍先登に立ち愛刀を振りかざし突進した。続く将兵一同も火の玉となり先を争って突撃したが、遂に殆ど全員が小豆山上の鬼と化した。

尚連隊長は阿修羅の様に奮戦中敵砲弾ホウダンのため腰をもぎとられ、血達磨ダルマとなって地面にたたきつけられた。だが聊(いささ)かも怯れることなく、尚突撃トツゲキと怒号しつつ軍刀を杖に二度三度サンド立ち上がらんとしたが果たさず、流石剛勇の部隊長も己の最後を自覚したのか、傍の本部書記桜木得男曹長に己の最後を見届ける様命令し、「天皇陛下万歳」を叫びながら拳銃を額にあてた一刹那セツナ、再び敵の砲弾を受け遂ツイに長恨の鬼オニと化した。かくて牡丹江コウ重砲連隊は、誕生以来僅ワズか三歳にしてその短い生涯を閉じたが、その勇戦の歴史は永く戦史の数頁ページを飾るであろう。
敵戦車の重機で薙ぎ倒タオさるる兵もあり、敵兵を手榴弾で倒す兵ヘイもいる。弾丸尽きて牛蒡剣(ごぼうけん。銃剣のこと)のみで敵中に突入する兵も見ミえれば、剣が無いのか銃をふり上げて撲り殺さんとする、阿修羅のようなつわものもいる。戦車にじゅうりんされたと思ったら、直ぐ立ち上がって奮戦する戦士もいて、敵も味方も分からぬ紛戦乱闘の連続であった。
ある初年兵は銃剣を敵砲弾ホウダンのため飛ばされ、行末スエどうしようかと悲観心配していた。気の細コマかい者は、要らぬ行ユく末を心配するものである。図太い先輩がそんなこと心配無用、至る所トコロ青山ありじゃ。戦死者の銃剣もあれば日本刀もある。それもなければ銃で撲れば良し。銃ジュウもなければ足で蹴ろ。足アシをやられたら手でアッパーを喰わせろ。それも出来ぬなら歯で噛カみつけ。なんぼでもあると宥(なだ)めていた。
終戦の直後二百七十余名の来民ミン開拓団が土匪ヒに襲われ全滅した。次の一文はその中の唯一の生存者宮本貞喜氏の手記である。

(P382から
 
戦えるだけ戦って見ようと云って応戦の準備にかかったのですが、銃は一挺もないし、タマもないし、鋏のない蟹になってしまったのです。
投石用に煉瓦を集めたり、目つぶしに石灰をチリ紙に包ツツんだり、肉切包丁ホウチョウを長柄につけて即製の槍を作ツクったりしました。手榴弾でもあればなァと歯ぎしりする思いでの応戦準備をするかたわら、自決用の毒薬を集め、自決場バの内外に薪や柳ヤナギの枝を石油缶カンと一しょに運んでおきました。
やがて日が沈むと包囲している連中の喚(わめ)き声が次第に大きくなり、夜の十ジュウ時頃にはとうとう攻めかかって来ました。銃で発砲する者、棍棒、大鎌、刀を振り上げる奴らが五百人ほども押し寄せて来て、三米の土塀を乗り越えて侵入しようとするのです。こちらは男女全員で用意の熱湯をぶっかける、石を投ナげつける、石灰の目つぶしを投げる人数を二分して東西二つの門を重点に守りました。
人数は男女合わせて約三十サンジュウ人ほどですから東門があぶないと云うと東門へ、西門が危険だと云うと西門へ、と云う具合グアイで防戦するのですからみんな疲れ切キってしまいました。朝から色んなことがあってロクに食事もとっておらんので、暴民ミン共の攻撃が始まってから運ばれて来た炊タき出しの握り飯メシを食べながら石を投ナげたり、石灰を投げたりしました。中には石と思オモって握り飯を投ナげた人もおりました。その内私ワタシの弟の初男が防いで許りしていては駄目だ、時には攻めねばと斬り込コみ隊を編成して敵の虚キョを見て門扉をサッと開いて、日本刀を手に手テに振りかざしながら喊声(かんせい。大勢で突撃するときなどにあげる叫び声の意)をあげて暴民の群に斬キり込むと、一瞬は怯んでサーッと退きます。こちらも少人数ですから、ほんのちょっとの間押オ戻すとサーッと門内に駈け戻モドって門扉を固く閉トざして守る訳です。
最後の日八月ハチガツ十七日の状況
明るくなると昨日以上に猛攻撃が始まりました。もう暴民共は土塀のすぐそばに押し寄ヨせて来て、警備の手薄なところを見ると土塀をよじ登っては入ろうとします。こちらは子供まで出て石イシを投げて防ぐのです。必死です。少年たちの斬り込コみ隊が門を開ヒラいて打って出ると、向こうは新戦法をとって来ました。門の前面に銃を並べて撃って来クる。バタバタ射ち倒されて、もう打って出るわけにはゆきません。敵の銃の数は多くありませんが、こちらは一挺もないのですから一方的にやられる許りです。
この日午後二ニ時頃、満マン人の警官が先頭に立って発砲しながら暴民共の攻撃を督励して攻めて来キましたので、こちらの死傷者数が急キュウに増えて防御の力がグンと落ちました。それでも十七日の昼間はどうにか不眠不休の疲労でフラフラになりながらも、どうにか守り通トオしました。
午後七時頃コロ東門から五間ほど離れた処の土塀を堀り崩クズして暴民共が雪崩れ込コんで来ました。いよいよ最後の戦いです。
私は剣道の胴をつけ、日本刀を持って立タち向かいました。十七才の長男義貞も、十五才の二男幸男も斬り込コみ隊の先頭に立った。弟の初男も、青年隊長だった末弟オトウトの末男も夫々(それぞれ)日本刀をかざして敵を迎ムカえ撃ちました。味方の数は約ヤク三十人、武器は日本刀と即製の槍だけです。敵は銃器の外に九キュウ尺の長柄に一尺三寸スンの刀渡りの大鎌です。刃の幅が十センチもある。牧草を刈る三日月型の鎌、これで殆ど足をやられました。私も耳を切られたが多くは足を切られたのです。
それと満語でビアンズーと云う皮カワの紐の長い奴ヤツの先端に分銅をつけたやつ。ビュー、ビューと振り回マワしてビュッと投げてくる。首に巻マきついたらぐいと引かれるとしまいです。敵の持モち物は長いから間合いをとらず、踏み込コみ、踏み込んですばやくなるべく顔と手テを狙って斬れと教オシえてあります。皆よく戦いました。敵さんは顔を斬キられると少年の力でかすった位でも武器を捨スてて座り込みます。
暫く斬り合アう内に、とうとう東門の門扉の閂を抜いて押オしあけた奴がいました。もう最後です。ドーツと雪崩れ込んで来キました。カン、カン、カン、と鐘が鳴りました。
敵の数カズがドッと多くなりましたから必死に戦いながら後退して自決場バの低い土塀を楯に斬キり合いました。今度は防御正面が狭いので生残ノコった二十人ほどでもかなりの時間を持ちこたえることが出来ました。女たちも石を投ナげて加勢していたのですが、又鳴ナり出した鐘の音オト合図に次々と自決場バに入って行きました。末弟オトウトの末男と私は奴らを自決場バに入れるなと叱咤しながら斬り合アいました。夢中で渡り合アっているうちに団長のバンザイという音頭の声が聞キこえ、次いで皆の唱和するバンザイが聞こえました。やがて自決場バの建物からパッと火が出デました。もう皆の自決は終わったのでしょう。団長も副団長もそれを見届けて火を放ハナったのでしょう。懸命に敵と斬キり合った少年たちも、青年たちも、ある者はその場で自決ジケツし、ある者は火の中ナカに飛び込んで命イノチを絶って行きました。
宝清キヨ県の佐渡開拓団跡で起オこった佐渡事件について。

八月二十七日朝になるとソ軍は宿舎を砲撃で破壊し、今度は自動小銃をうちながら迫って来ました。
朝十ジュウ時頃愈々最後の時が来キたようです。近くの井戸の底ソコからこの世のものとも思えない子供たちの泣き声コエが聞こえました。
五、六ロク年生以上イジョウの男女二十五、六人ニンが一団となり、一生懸命木ヤリを作って、校長先生が先頭になって突撃した。
そのときソ連兵の一部が土塀の中になだれこんで来て、三十人ばかりの母親の一群を見つけると一箇所に集め、そのまん中に手榴弾を投げ込んだ。

八月二十七日夕刻ユウコク、遂にソ軍が戦車を伴いやってきて忽ち高社シャ郷の居る宿舎シュクシャを包囲し、四周シュウから銃砲弾を射ち込んで来た。

生き残りの高山すみ子さんも二人の子供と共に自決場へ急ぎ二人の子供は殺されたが、自身は死にきれずふらふらと外へ出て行った。すると目の前にソ連戦車が見えた。その時武田タケダ団長の奥さんの清子さんが片手に邦子ちゃん(三才)を抱き片手カタテに小銃を持って戦車に突進して行った。私は「あら・・・出て行イくの・・・」と呼びかけたがそれが清子夫人との最後の別れでした。
清子さんの夫君ギミの武田団長は五月十六日わが郷土兵団たる第一イチ二六師団シダンの工兵隊タイに招集を受け掖河で奮戦したがあとで高社シャ郷開拓団が全滅したことや奥さんがソ軍戦車センシャに立ち向かって行き忽タチマち撃たれて倒れ、その上を重オモいキャタピラが踏み潰していった事などを聞いたと云う。
佐渡事件での死者は総計一四ヨン六四名メイ一箇所でこんな多勢が死んだのは他に例レイはなく、佐渡事件が全満マン第一の悲劇とされる所以である。
満州里は満州の最果(さいはて)と云うところで、周りをソ領及オヨび外蒙や湖ミズウミなどに囲まれて云わば袋フクロの中の鼠同然の位置にある。一般在留邦人約一千二百名は或いは殺され、或いは自決し又は捕らわれの身となった。即ち八日夜半過ぎ開戦となり、国境監視哨ショウや同警察隊の大部と憲兵隊全員ゼンインが戦死した外、九日早朝婦女子のみがトラック二台に分乗し避難しようとしたが、ソ軍の攻撃を受けて約ヤク三十名が射殺された。
在留邦人の多くは避難のいとまなく男子三六六名メイはソ領に連行され、婦女子七八八名は戦々恐々として市内各所に逃げ隠カクれて閉じ込もったが、ソ連兵ヘイのため次々掠奪暴行されようとする有様となり、数箇所で全員自決を決めたと云われる。

ある母親は涙ながらに生後間マもない赤ん坊の処分にかかったが、恩愛の絆断タち切れず二、三サン人の手を借カりてやっとその命を断ち、次ツいで子供十二人を次々に処分し、大人は縊死を図って六人は死んだが、残る六人は死に切れずに残った。
東寧の勝鬨陣地は、僅か一個大隊の守兵を以て大敵の強攻を受け、二日間約七〇〇〇トンの砲爆撃を被りながら、遂に八月二十六日迄戦い抜き、第三軍参謀の停戦命令を受けて矛を投じたのである。
荏原開拓団が入植したのが十九年の三月、云わば一年五カ月ゲツで思わぬ惨憺たる運命を迎えたが当時の在団ダン者は九六ロク四名であった。
八月十七日午後二時過ぎ兆南県双明子アキコ部落を出ると両側から猛射シャを受け、更に前方にはソ連戦車センシが砲口を向けて停止していた。更に背後からは双明子コの部落民が喊声をあげて肉迫して来た。進退谷まって付近の麻畑に潜入した。すると敵は完全に麻畑を包囲して執拗な攻撃を加えて来た。
青壮年たちは九百名の婦女子を守らんと数回に亘り斬り込コみを敢行したが、多勢に無勢で成功せず遂に婦女子は相踵いで服毒又は自刃して死んでいった。敵弾に倒れるもの、相擁して服毒するもの、母は幼児を絞殺して自決し、またたく間に麻畑の中は累々たる屍の山を築キズいた。

この戦闘で戦死自決合アわせて六二○名メイ、行方不明を合わせると殆ど全滅で開拓団の犠牲者から云えば全ゼン満一というべきだろう。
十二次仏立郷キョウ開拓団
終戦時の在籍者数スウ約七〇〇名で小池団長指揮の下モトに避難行動中、八月25日午後ゴゴ三時頃兆南街西方セイホウ二○キロの地点でソ連機動キドウ部隊の襲撃を受け殆ホトンど全滅した。
1945年8月27日に満洲国吉林省敦化(現吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市)でソ連軍によって連日に渡り集団強姦され続けていた日満パルプ製造(王子製紙子会社[1])敦化工場の女性社員や家族が集団自決した事件。日満パルプ事件とも呼称される。
泣き叫サケぶふたりの女中たちは手とり足アシとりでジープに連れこまれ、車は砂煙をたてて社宅の門を出ていった。

数時間たって無理やり連れていかれた女中のひとりが帰ってきた。髪は乱れ、顔色は蒼白となり、一言も口をきかず、狂人のように目をすえたままよろめくように自分の部屋にはいってしまった。
なだめすかして事情を聞くクラブのコックのおかみさんに向かって、この女中は一言投げ捨スてるように答えた。
「野良犬にかまれたようなものよ。Aさんは途中牡丹江にはまって流されてしまったわ」

帰ってきた女中のほうは、以前町で飲食店に勤めていたことのある婦人だったが、もうひとりのほうは清浄無垢なしろうとの娘さんだった。
二十五日、婦女子は子供とともに独身寮へ、男子は全員正門前に集合せよという命令がきた。
ソ連兵の目的は、すでに明らかであった。
「男子と婦女子との分離」これだった。
男子たちは後ろ髪をひかれる思いで妻や子供たちを残したまま、飛行場わきの湿地帯に全員無理やり連行されていった。独身寮に残された婦女子と子供約ヤク百七十人ほどは、独身寮に十五、六人ニンが一団となって教室に監禁されてしまったのである。
ソ連兵たちは容赦しなかった。
悲鳴があちこちからあがった。目をさました子供たちが叫ぶ。
「やめてください!なんでもさしあげますから、それだけは後生ですからやめてくださいッ!」
婦人のひとりはとっておきの金指輪をさし出し、手テを合わせて泣訴したが、指輪はとりあげられ、婦人の手はソ連レン兵に固くつかまれていた。
「助けてえ!助けて下さいッ!」
子供のように足ずりして、行くまいとするその婦人を、ソ連兵は荒々アラアラしく引きたてた。
後ろのほうからほかの婦人たちが、引き立タてられる奥さんの足をとって、やるまいとする。

「悪魔ッ!おまえたちは悪魔だッ!」
たまりかねたひとりの婦人が、全身の憎悪をこめて叫んだ。
しかし欲望に狂ったこのソ連兵ヘイたちはそのような言葉には全く無関心に、必死になって救いを求める婦人たちをひきずりながら部屋から去っていった。
あちらの部屋でも、こちらの部屋でも同じような光景が展開されているが、ソ連軍の幹部はいっこうにこの言語に絶する暴行をとめる様子もない。
悲劇の一夜は明けた。
どの顔もどの顔も一夜のうちに十も年トシをとったように荒れすさみ、狂女オンナのような目がギラギラと光っていた。しかも夜が明アけても、彼らの暴行はやまなかった。二、三人サンニンの集団が波状的に各カク部屋を襲い、泣き叫サケぶ婦人たちを引きずっていた。

ある婦人は頭髪を切って坊主刈ガりになった。われもわれもと、それを真似た。顔にスミをぬって二目と見られぬ人相に化けた婦人もある。
しかしそのような苦肉の策も獣ケモノそのもののソ連兵たちをさえぎることにならなかった。彼らは部屋にはいるなり手当たり次第に婦人たちのふところに手を入イれて乳房をさぐった。
被害をこうむったのは若い婦人ばかりではない。六十いくつの老婆も彼らの毒牙をまぬがれることはできなかった。
「私のような使い古しの犠牲で、若い人たちがのがれることができるなら・・・」
と、この老婆は冗談にまぎらせて若い人々の盾になり引き立てられていったが、この悲壮な冗談は冗談にならず、部屋には一段とはげしい泣き声がわき起こるのだった。
ソ連兵の暴行はまる二日間、二十七日の深夜まで続いた。
このころになると、人々は"死"という問題を現実の問題として考えるようになっていた。
もちろん反対論がでないわけではなく、自重論も戦わされたが、結局自殺論が勝ちを制した。
ソ連兵が去ったとき、全員のハラはもうはっきりしていた。子供を合わせて三十数名が自殺を決意したのだ。
九分通り自殺と覺悟をきめながら、最後の一分・・・夫が帰ってくるかもしれないというほのかな期待を捨てきれないでいた人々に、最後の決を与えたものは、隣室からもれてくる痛々しい叫び声だった。
ソ連兵にいどまれたある奥さんが、カミソリで動脈を切って自殺を企てたのだ。
思いもかけない抵抗と飛び散る血潮にキモをつぶしたソ連兵は、横っ飛びにすっとんで逃げてしまったが、傷ついたその奥さんは、皆に介抱されながら苦痛のうめき声をあげ、
「殺して!殺してください」と絶叫していた。

二十七日未明。明けがたの巡視に来たソ連兵は、この一室だけが異常に静まりかえっているので、ふすまをあけてみて驚いた。
三十人余りの自殺体タイが重なりあって座敷内に散乱している。
プーンと鼻をつく薬品の臭気、血の香カオり!
畳は血潮にまみれ、どの死体もどの死体も口クチから血を吐き、虚空をつかみ、畳をかきむしって見るも無惨な断末魔の表情だ!

 
゛キャー゛と悲鳴をあげたそのソ連兵はころがるように何かを叫びながら階下に駆けおりていった。
死んだ人ヒトは全部で二十三人。死にきれず助かった人は子供をいれて五名ほどいた。父はどこへ行ったかわからず、今また母に死シなれた長男はひん死の弟をひしと抱いてただ泣きに泣くばかりであった。
後の1946年2月3日には中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市で中華民国政府の要請に呼応した日本人の蜂起とその鎮圧後に行われた中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)による虐殺事件。日本人3000人が虐殺されたとされている
 
 
<ソ連兵ヘイは人道など欠けらほども持ちあわせていない、犬畜生チクショウにも劣る奴等ナドである。と私はあえて言いたい。物を掠カスめ取り、婦女子を強姦すること以外、考えていないようだ。物欲、獣欲を満たすためには、人前も、立場も忘れ・・・>
<ソ連兵はいやがるおばさんを引きずって行こうとした。おばさんは泣き叫サケびながら抵抗したが、ソ連兵ヘイは殴りけとばし押し倒タオした。夫も子どもも知人もいる前でことが行われた。おばさんは泣きながら収容所を飛び出ダし、そのままいつまでたっても戻らなかった。昭和二十年九月クガツ、満州でのことである。(「満ソ殉難記」より)

ソ連軍グン将兵による容赦ない虐殺、野獣のような暴行、略奪の地獄は、八月十五日の後もなお各地で展開されている。
軍人は武器も人員も極めて不足している状況で、日本を護るため石を抱えてソ連軍戦車のキャタピラに突入した。
幼児を抱いた主婦がソ連戦車に特攻玉砕した。
開拓団十四、五才サイの少年数名が日ノ丸マルの鉢巻をきりりと締め、腰コシには日本刀をたばさみ決死隊に入れて呉クレれと頼んできたが、あたら蕾の少年を戦闘の犠牲にしてはならなぬと思い、是非部下ブカにして連れて行って呉クレれと腰にすがりついて泣いて頼タノむのを、やっとの思いで説ききかせ、折よく来合わせた鉄道巡ら車クルマに乗せ、夜陰に乗じ後退させた。 (牡丹江重砲兵連隊第二大隊長松本英太郎大尉の手記より)
草原を走る通ツウ遼病院の一隊があった。その中に日ニッソ開戦前に郷里愛媛県から娘の徳永文子婦長を訪ねて来た父親チチオヤがあったが「露軍に敗ハイけて退くとは何事ぞ、も早や死シを選ぶのみ」と叫び絶食して行軍中に死んだ。日露戦争に従軍した七十歳の老ロウ勇士であった。
 
参考文献:
「満ソ殉難記」昭和五十五年 満ソ殉難者慰霊顕彰会
「妻と飛んだ特攻兵」 平成二十五年 角川書店