戻る

水道の歴史と世界史地図 ~國が水道の運営をやめると國滅ぶ~ (製作中。皇紀2678年5月13日)

日本は、天之水分神(あめのみくまりのかみ)・国之水分神(くにのみくまりのかみ)・ 天之久比奢母智神(あめのくひざもちのかみ)・国之久比奢母智神(くにのくひざもちのかみ)という水の神様の住む水の国であります。

 「水を治めるものは、国を治める」
という言葉がありますが、本当に情けないことに現在の日本を見ると、グローバリズム勢力に言われるままに国を治める役割の者が自ら水を治めるのを放棄しようとしています。(水道民営化)

「B.C.七一〇 初の地下水道建設さる。エルサレムで戦争のさいに城外のギボンの泉から地下トンネルで水を引いた。この地下水道は長さ五二〇メートル、深さ四〇メートルであった。 」

上記のように、グローバリズム勢力は今から2700年以上も前から水道を作って、その重要性を知り尽くしている民族であります。資源・通貨発行権・メディアを支配して他民族を実質的な家畜奴隷にしてきました。国民側としては、資源・通貨発行権・メディアを少しずつでも自分たちのものでまかなう方向に進ませないと、このままでは茹でガエル方式で滅ぼされます。 実際には茹でガエルは茹で上がる前に逃げるらしいですが、問題なのは、現在の日本国民は逃げられない(資源・通貨発行・メディアを今止められたら生きていけない)状態であり、かつ、大半の国民がグローバリズム勢力の工作に気づいてないので、日本国民の場合はこのままでは茹でられるという事です。

既に様々な国で水道民営化をして、ほとんどが失敗という結果に終わっているのに、周回遅れでこれから日本の水道民営化をしようとすることなどは常軌を逸している。「水道代が3倍になります、発癌性物質や毒物などのテロの可能性が非常に高まります、安定供給もできなくなります」と周知すれば国民が支持するはずがありません。国民が気づかないように隠して進めているが、日本人は家畜奴隷ではない。国民の許可なく國が滅びることを勝手にやるな!日本国民をなめるな!!!といいたい。

グローバリズム勢力の手先となった植民地の管理者の者(売国奴)が、真の独立後にどうなるかは世界史が教えてくれます。 世界史地図を見ると、例えばインドやチャイナなどを見ると端っこや先っちょをまず手先の地域にして国を乗っ取っています。それは日本でも(150年以上前から?)同じ手法でやられてきた可能性があります。
確かに、このままでは日本人は、永遠にグローバリズム勢力の植民地の家畜奴隷です。
絶望した奴隷は永遠に奴隷です。絶望させようとする者は、グローバリズム勢力の手先だと断言できます。本当の日本の心の修身や國史にあるとおり、日本は絶望の國ではありません。
そして、奴隷という現実を認識しながらも決して絶望せず、奴隷から脱却しようと試行錯誤している者は、既に奴隷でなく人間です。

水道の歴史と世界史地図を重ねて見ると、何が見えてくるか?

参考文献:「水道が語る古代ローマ繁栄史」、「世界史年表」光文社、wikipedia

Ver0.1 新規作成 皇紀2678年5月13日