多図法版 盛衰の世界史地図 (製作中 2014年3月15日)

 

今までの世界史地図帳は、複数の地図投影法を使用しているのにもかかわらず地図投影法が明記されず、その結果、違う地図投影法の世界史地図の間には緯度経度の投影ひずみの違いがあるはずなのに、見る人にそれを意識させません。

これは、結局国境線の位置が不明確なままに近い状態であります。昔は国境線が不明確だったという意見もありますが、資料が無くて部分的に仮定の国境線の位置だとしても、明確な一つの基準(投影ひずみを除外した各時代の国境線の緯度経度データ)があることは、各国間の比較や世界史全体の流れの把握に貢献すると考えます。

 

資料が無い部分を表示しなかったり、図法を変えて国境線の位置をうやむやにする見せ方では、その国の版図のイメージが得られないままだからです。
正確で詳細な国境線の位置は重要ですが、それ以上に、世界史全体の流れを俯瞰し、各国間の出現順や位置関係をイメージで把握することが国民にとって最重要だと思います。

 

本来、国が地図投影法の投影ひずみを除外した「国際的に認められた世界史地図の元データ」(各時代の国境線の緯度経度データ)を作成し、世界に主導的に発信すべきものだと思いますが、残念ながらそういった話は聞いたことがありません。

 

地図投影法によって世界地図としての特長が違うので、同じ年の世界史地図でも、様々な地図投影法で見ることで新たな発見があるかもしれません。世界史解析の新手法でもあります。
また、各地図投影法ごとの「かたまり歴史地図」も製作予定です。

 

製作予定の地図投影法:

サンソン図法・モルワイデ図法・エイトフ図法・放物線図法・超楕円図法・ハンメル図法・2点正距図法・正距方位図法・正射図法・心射図法・外射図法・平射図法・ランベルト正積方位図法・ラグランジュ図法・ファンデルグリンテン図法・ランベルト正積円錐図法・アルベルス正積円錐図法・正距円錐図法・ランベルト正角円錐図法・グード図法・ボンヌ図法・ヴェルネル図法・正規多円錐図法・直交多円錐図法・正距円筒図法・ランベルト正積円筒図法・メルカトル図法・ベールマン図法・ゴールペータース図法・ゴール図法・ロビンソン図法・ヴィンケル図法・エッケルト第1図法・エッケルト第2図法・エッケルト第3図法・エッケルト第4図法・エッケルト第5図法・エッケルト第6図法

(現在製作中の「盛衰の世界史地図」はミラー図法です)

各図法の特長: