日本武尊と弟橘姫 (Flash製作中。皇紀2673年11月9日)

 

東征までの概要(生い立タち~西征概要  
   
東征の命 「今、東国が乱れて、悪者があばれまはり、蝦夷は悉コトゴトく(ことごとく)叛いて、人民を殺したり、財物を奪ったりして、容易ならぬ有様である。誰をやって、この乱を平タイらげさせよう、討手の大将タイショウは誰にしよう。」と仰せられた。
  けれども群臣たちは、直には御答へ申すものもない。この時に日本武尊は、進み出デでられ、
「私は、さきに、西南の征伐にほねをりいたしました。このたびの征伐は、必ず兄上大碓命イノチの御役目でございませう。」
と奏せられた。
大碓命は案外のことに驚かれ、座をたつて、草の中ナカに御身をかくされた。天皇は御使ツカの者に命じて、命を御前にお呼出しなつて、
「汝、征伐にゆきたくないといふなら、しひて行けとは言はぬ。賊を見ミないうちに、そんなに、おそれぬでもよいではないか。」
と仰せられた。

後、命ミコトは美濃國を賜タマワはつて、その國を治められた。美濃は、東國への交通の地にあたる要地である。後、御子孫がその地方に栄えた。
  日本武尊は、東征の大事を、御兄アニの命にお譲り申モウし上げても、右のような次第であるので、今は、皇國のために、大なる覚悟を定められた。そして、雄々しく次のやうに仰しやつた。
  「熊襲が、やつと平定して、まだいくらもたたぬうちに、更にこのたび東夷がそむきました。いつの時になつたら、天下太平の春になるでありませうか、見込がつきません。私はいかやうに苦労いたしましても、奮って東夷の乱を平タイらげませう。」
  この勇壮の御言葉をきこしめされて、天皇は大いに御喜ヨロコびになり、柊の八尋矛ホコ(やひろぼこ。柊(ひいらぎ)という堅い木キで造った長い矛ホコ)を御手づから日本武尊に御授サズけあそばして、
「朕チンが聞くところによれば、彼の東國の夷族どもは、性質強暴にして、上にそむき、人を苦しめ、互に他の土地を奪い合ひ、または物を盗ヌスみ掠(かす)めて、上下の区別もなく、山に村ムラに悪者どもがはびこつている。良民の苦しみはいかばかりか。その東夷の中で、蝦夷が最モットも強く、父子の別ベツもなく、兄弟も互いにそねみ、冬は穴アナに籠り、夏は巣スに栖(す)み、獣の皮を着キて、血を飲んでゐる。
  そのさまは、全く禽獣に同じく、恩をうけても忘れてしまひ、怨があれば必ず仕返しをする。をりをり大勢で國境に攻めこみ、農事を害し、人民を掠(かす)め苦しめる。そして、これを撃てば草に隠れ、追へば山に逃げこみ、実に始末におへぬ。それ故、昔からまだ皇恩に従はないものどもである。今、朕、汝の人と為(な)り
   
   
   
  御東征トウセイの御準備もととのうたので、日本武尊は、いよいよ御出発シュッパツになつた。今度の御遠征エンセイには、御妃の弟橘姫をも一所に御連ツれになつた。
尊は先づ伊勢イセにお出でになり、皇大神宮に参拝して、戦勝の御祈りをなされた。ここには、御叔母オバさまの倭姫命ミコトが、斉宮として奉仕されてゐる。御参拝サンパイの後、其処へもお立ち寄ヨりになつて種々の御物語をなされ、
「このたび天皇の詔をうけたまはりまして、東征の途に上り、賊徒トどもを討平げるげるのでございます。お暇乞コひ申し上げます。」とこまごま別れををしまれる。

   
伊勢神宮で倭姫に剣と袋をもらう この時、倭姫命は特別に重大の事とおぼしめされて、神器の一つである天叢雲ムラクモ剣(あめのむらくものつるぎ)を御授サズけになり、
「これはしらるるとほり、天祖ソ大神より賜はりし三種の神器の中の御オ剣である。このたびの東征は誠に御国クニの重大事、御身ミ、この宝剣の威力によつて、首尾良ヨく東夷を討平タイ(うちたい)らげたまへ。よくよく謹ツツシんでゆだんをなさるな。」
と仰せになり、別にまた、燧(ひうち)を入れてある袋を与えられ、
「にはかな危難の事があつたならば、この袋の口を開ヒラかれよ。」
と、ねんごろに御さとしあそばされた。

   
   
   
   
   
草薙の剣と火打ち石で何とか難を逃れる 尊は駿河國コクまで進まれた。その地の賊ゾクどもは、表向きはおとなしく降参した。そして、尊におすすめして、
「ここの野原に、大きな鹿どもが沢山をります。あまりに多くいますので、その吐く息イキは、朝霧かとうたがはれ、その長い足アシは茂つている林とまちがはれます。御出デましになつて、御狩をなさいませ。御供トモいたしませう。」
と申し上アげた。
尊は彼等に深いたくらみがあるとはご存じなく、その言葉を信と思はれ、ことには、元来武張バつた事が御好スきなので、案内につれて、妃も将士も御一所イッショに広野をさして御出イでになった。その中に御案内アンナイをしたものどもは、何時か見えなくなった。雑草の高く生オひ茂つた見る目メも遙かな広野原ハラ。けれども、鹿の群れも居イない、鳥の飛ぶのも見えない。

すると、忽ち見ゆる彼方の野火。白い煙ケムリ、ぼうぼうぱちぱちといふ音、赤い炎ホノオ、をりからの風。次第に尊の御身近ミジカく燃えつづいて来る。逃ノガれる場所とてはない。尊たちの御命イノチは風前の灯ともいふべき有様。
尊は、はやくも賊どものために欺かれたと気づかれた。この時、ふと御思オモひ出しになつたのは、叔母君ギミから賜はつたかの袋。かかる時にこそと、その口を御オ明けになると、燧石(ひうちいし)がはいつてゐた。手早く燧石を以て火を打出し、あたりの枯草に燃やしつけ、また叢雲剣(むらくものつるぎ)を抜いて草クサを薙払(なぎはら)われた。不思議にも、風の手テは変わって、火は敵テキの方へと向かった。敵は却(かえ)つて自分で出した火ヒで、わが身を焚くこととなり、大あわて。尊は危難を免れたまひ、すぐに家来とともに賊どもを攻めてこれを滅ぼされた。

この事があってから、その所に焼津という地名がついた。
また、叢雲剣(むらくものつるぎ)は草薙剣(くさなぎのつるぎ)と改めとなへることになった。

   
  駿河から、尊は相模を東へ海岸に進みたまひ、上総國コクへと志したまふ。この間は走水の海といふところである。尊は、海を御オ見わたしになり、彼方に霞む上総・房州の山々を望ませられ、お元気に、
走水で尊の意見 「これは小さな海である。立跳ハねても渡られる。」
と、仰せられた。
さて、一同が御乗船ジョウセンになる。海の中ほどに進まれた時、にはかに空合が怪しく曇つて来て、暴風が起り、御ゴ船は荒波とともに漂いまはる。今にも覆るかと思はれる。今の東京湾の南、潮流の急なところのある浦賀海峡、時折風波の難のある所。その昔では、渡りの神のたたりと信ぜられてゐたものであった。
弟橘姫の尊への話 すると、御側ソバにいらせられた弟橘姫は、尊の前に御オ手をついて、
「只今、このとほり、風は暴アバ(あ)れ狂い、波は高タカく、御船(みふね)は何時沈シズまうも知れませぬ。これはただごととは思はれませぬ。
定めし海の神様が、皇子に祟りをするのでござりませう。御大切タイセツな御身、私が御身代ミガりに、人身御供となりまして、海中に入りませう。皇子には、御父チチ帝の御命メイじなされた大任を、完全に果されて、御復命フクメイあそばしませ。」
と申し上アげられるまもなく、八重の菅畳タタミ、八重の皮畳タタミ、また八重の絹畳タタミを波の上に重カサね敷いて、静かにその上にと下りたたれた。悪魔のやうな荒浪は、この美しい畳とともに、たふとい媛を呑ノまうとする。媛は名残の御歌ウタをよまれた。
  その御歌ウタ、
   
   
弟橘姫の辞世の句  さねさし 相模の小野に 燃ゆる火ヒの 火中に立タちて 問ひし君はも


  (あの相模の野原で敵の仕かけた猛火に包まれて危うい時も、ご自身のことは、かばわずに、その火の中に立ちながら、私のことを心配して声をかけてくれました。 <あの時のやさしいあなたの想い出を胸に抱きしめて私はこの荒れ狂う浪に身を投じて海神の怒りを鎮めにまいります> ああ愛しいあなた)
   
弟橘姫の入水 八重の菅畳、八重の皮カワ畳、また八重の絹キヌ畳を波の上ウエに重ね敷いて、静かにその上にと下りたたれた。
   
   
吾妻はや」と尊が歌う 日本武尊が東征を終えて凱旋される途中、足柄峠にさしかかった時、遙ハルか相模の海の方ホウを見られて、弟橘姫の悲劇が胸にせまって涙が止まらず、「吾が妻ツマはや」(吾が妻はもはやいない)と嘆かれた。ここから東国のことを「吾妻」と呼ぶようになった。
昌子内親王の御染筆センピツで~

 

 

参考文献:
「少年大日本史 日本武尊」 昭和十年 建設社