戻る

ユダヤ人の歴史地図  (ユダヤ史と世界史地図) ~本当の猶太人の歴史を日本人の子孫に伝えていきましょう~ (製作中。2017年9月30日)

下の3つの言及が無いユダヤ史の説明は、グローバリズム勢力による歴史事実を隠すための洗脳工作の可能性があります。

1.枢軸国側の視点のユダヤ人の歴史情報の有無
(連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方を同時に見ないと歴史事実が見えない。戦後日本は全て連合国(グローバリズム)側の情報しか言われないが、それでは非常に偏っている。戦前の日本でユダヤ人を多数助けたが、一方でユダヤ人は警戒が必要という意見も結構あった。(国立国会図書館のネットサービスでも読める)。戦後は無警戒にユダヤ人は仲間だ兄弟だという意見がほぼ全てで、ユダヤ人への警戒の意見がほぼ皆無になったが、向こうはグローバリズムが根底なのでその路線だと日本が滅びる方向になってしまうので、やはり警戒も必要で、連合国(グローバリズム)側と枢軸国(ナショナリズム)側の両方の視点の情報を同時に見て各自が考えるべき。)

2.タルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及の有無
(宗教の問題だけに限定し民族・人種の話をあまりしない、移民の歴史とユダヤ人の歴史を重ねて見て考えない、20世紀の話が多くされるがユダヤ人が紀元前から植民地と奴隷を多数展開してたのを言わない、聖書の話が多く、タルムードの話はあまりされないし、されてもタルムードの他民族の区別・対応と、それにより起きた他民族を奴隷化・搾取・虐殺の歴史についての言及はまずされない。今も、通貨発行権や派遣労働などで実質的にやっているのが問題。
「~本来の戒律とは全然反対のものを作り出すことに妙を得ていたからであると云はれている。グレーツ「猶太史」 第四巻一七八頁)」(「猶太民族の歴史的足跡」 三五頁)
「幼稚な人道主義者は、猶太律法は進歩した我々の時代に於ては最早行われていぬものであると考える。かかる意見を覆す事実は、約九百万の猶太人--これは世界の全猶太人口の約三分の二である--が今なおタルムードの厳格な信奉者であると云う事実である。されば凡(あら)ゆる國々の法律も猶太人にとって元来目の上の瘤であり、猶太人は常にそれに反抗することに力(つと)め、若しくはタルムード的狡猾さを以てそれを自分の目的の為に解明することに力めて来たのである。 それ故吾人の見聞する通り、猶太人は市民として凡ゆる職業に進出することに力めたのは稀であり、常に自分の為に特別の状態や特別の法律を獲得することに全力を傾倒してきた。一国の法律は猶太人がその術策を実行するのを機械的に妨げたけれども、此の法的束縛が何等かの影響の下に弛緩した時、猶太人は真先に凄じい勢で破口に突入した。我々は今日それをロシアに於て見、一九三三年前の独逸に於て見た。 大都会の猶太人はタルムードの律法とは全く無縁であるなどと云う見解にも賛成してはならぬ。何となれば、猶太人を作ったのはタルムードではなく、タルムードを作ったのは猶太人であるからである。加之(しかのみならず。「その上」の意)、該書は既に二千年間猶太人の生活を支配して来たのであり、子供には六歳の時から毎日吹き込まれ、従って当然の事乍(なが)ら、無神論的思想を有する株式投機業者であらうと、熱狂的宗教信者であらうと、猶太服を来たタルムード主義者であらうと、凡ての猶太人の性格を一定の方向に育成したのである。(「猶太民族の歴史的足跡」三九頁)
タルムードをベースに一枚岩の可能性もあり、そういう歴史の情報も多数ある。実体験として、イスラエルの人にタルムードについて話をしたら、「あなたが何故それを知っているの?」と言って非常に驚いた顔をした後で、不愉快の顔をしてそれ以降話をしなくなった人がいた。

3.ユダヤ人と日本人は真逆についての言及の有無
(根本が、ユダヤ人はグローバリズム・個人主義 、日本人は国民主義なので真逆。似てる瑣末な例を上げてユダヤ人と日本人は似ているという意見が何十年もメディアでなされてきたが、最重要の根本が真逆なので、似ているという意見は警戒を持たせないでグローバリズムで日本を滅ぼすための洗脳工作だと断言できるし、実際にそうなってきている。)
/**********************/

もともと遊牧民で、紀元前から地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していた根っからのグローバリズム民族なので、例えば前1700年ころもエジプトに侵入していた歴史もあり、現在自分の国があるからイスラエルの人はナショナリズムでありグローバリズムではないという意見もありますが、歴史を見ると根っから全てグローバリズム民族の可能性があるので、現状の無警戒だと國にとって非常に危険だと思います。「警戒」と「敵対」は違います。國は個人とは違うので、「警戒しつつ必要な交流」をすべきで、(国民にも)警戒が無い場合は「ゆでガエル式」に國が滅ぼされます。

歴史事実とされる項目をただ表示するだけのものです。人種差別撤廃を世界で最初に訴えたのは日本です(1919年パリ講和会議。欧米は人種差別撤廃に反対)。 八紘爲宇の心で世界の民族仲良く。本来、国や歴史の専門家が国民のために作成し公開されているべきものだと思うのですが、今の日本で一番必要なコンテンツなのにもかかわらず、残念ながらいまだに全く作成されないままの現状なので、少しでも日本を護るために、製作中ですが公開開始させていただきました。中立的にユダヤ人の歴史地図を創れるのは日本だけだと思います。歴史を中立に見るために旧連合国と旧枢軸国の両方の資料を参考にと考えたのですが、現実的に入手出来たのは殆どが旧連合国の資料でした。(両方の陣営の資料のある第二次世界大戦前までのコンテンツと考えております)

隠された根底に世界中の國と他文明を滅ぼし他民族を家畜奴隷化を目指しているといわれる目的からして排他的で不寛容で内向きでグロテスクな保護主義であるグローバリズム。共産主義も新自由主義もグローバリズムです。例えばチャイナでは千年以上前からユダヤ人共同体があり、1163年から開封でユダヤ人シナゴーグが建設されたりしていました。1286年にマルコ・ポーロがチャイナにおけるユダヤ人の商業上および政治上の影響力について記述しているとの事で、全く影響力が無ければ記述するわけがありません。チャイナは国名が無く王朝だけがあるとよく云われますが、実は、昔からグローバリズムのエリアだったのです。チャイナとUSAがイデオロギーが逆なのに親密になるのが不思議がられてきましたが、そういう民族的理由も一つあるかもしれません。ちなみに、米ソも同じ理由で冷戦自作自演説もあります。

国家間や文明間の話に終始する話が世の中のメディアの殆どを占めていますが、それは意図的に「グローバリズム 対 ナショナリズム」というもう一つの重要な世界史の側面に気づかせないためのグローバリズム勢力による隠蔽工作の可能性があります。少数の他民族に力を持たせて國を滅ぼすという手法は、今に至るまであちこちで繰り返されているように見えます。粗探しをして難癖をつけて袋叩きにして半分潰してから、再建の名目で中立を装った尖兵を中に入れて乗っ取るというグローバリズム勢力の乗っ取り侵略は、国にも企業にも今に至るまでよく行われています。よく、「グローバリズム勢力の目的は経済」と言われて判断基準にされますが、実は、 彼の教義に書かれているとされている事と歴史事実からすると、「目的は国滅ぼし他民族奴隷化、目標は経済」の可能性もあって、それを裏付けるかのような某共同体の経済面よりも国境を無くす体制の維持を優先した実例などの沢山の歴史事実もあります。

グローバリズム勢力は、かの教義をもとに「実質的に一枚岩」の可能性があって、 そう思わせないために様々な自作自演で「敵対してるから一枚岩じゃない」と思わせる様々な自作自演工作を、今まで日常的に沢山しているようにも見えます。グローバリズム勢力の十八番は自作自演という意見もあります。ハザールが彼の民族のルーツで、もともとのユ○ヤ民族は別でかわいそうな民族という論調もありますが、ハザールができる何百年も前から彼の教義ができており、そもそも紀元前からフェニキア人と一緒に地中海各地に植民地と奴隷を多数展開していたとのことなので、もともとも何もやはりグローバリズム民族であるのに変わりはなく警戒は必要です。

世界大戦は、グローバリズムとナショナリズムの構図という面もあり、グローバリズムが勝利し世界の大勢を支配してきました。歴史を中立に見るために、グローバリズムとナショナリズムの両方を同時に見る必要があると思いますが、グローバリズムが大勢を支配しているせいか、世界史の教科書でもナショナリズムは必ず教えられますが(良くないものとして)、一方、グローバリズムは殆ど書かれずタブーに近いような印象さえあるのは異常な状況である。教育とメディアが、極端にグローバリズムに偏った洗脳をしてきた戦後日本、國民に國の意識を失くさせ実質的な奴隷状態にしておけば間接統治する側から見ると都合がよいからだ。國の意識を取り戻さないと日本が滅ぶ状況まできているので、ナショナリズム差別をなくしグローバリズムに極端に偏った現状から公平中立に戻しましょう。


価値観の1番をお金に置くと、世界の金融を牛耳る古来の国債金融資本民族に買われて國が滅ぼされてしまいます。
世界史地図を見るとアフリカ・アジアなど世界中で、同じ民族や少数民族から奴隷を売る売国奴が出て國が滅び、植民地になっています。それは金融に形を変えて、今も世界中で同じことが行われて経済植民地支配されています。


東インド会社のように、現地の國の株式会社化(=世界中の國の滅亡と他民族の奴隷化)が目的とも言われています。○○の方舟計画で、人のDNAは彼のグローバリズム民族のDNAだけ入れられて、その後地球を焼け野原で殆ど死滅させられて、彼のグローバリズム民族だけの惑星にされる可能性も意識に入れて、そうならないように日本人のDNAを地球焼け野原にされても復活するようにする様々な準備も急務である。グローバリズム勢力が他民族を家畜奴隷支配する方法は、昔は軍事力を使って、現在は金融(通貨発行権)を使って、未来は人工知能を使ってなされる可能性がありますので、そうなる前に国民主義側でも國民を護る力を今から付ける必要があります。マスター人工知能が世界中の人工知能を支配し、マスター人工知能を支配するものが世界を支配するという話が出てきたりしてますが、グローバリズム勢力が人工知能を代理人として他民族を家畜奴隷とするということであり、そうならないように世界中の人口比のほとんどを占める國民で世界中の國と國民を護る処理をする人工知能をブラッボックスを点在させての開発が急務であり、万が一最悪の場合でも最低限の國民と國を護るシェルター的な人工知能も同時に開発が急務である。

国境を無くす方向のグローバリズムにいくと自由で才能も出てくるとメディアが必死で洗脳していますが、実際は逆で、某グローバリズム民族に実質的な家畜奴隷にされて搾取・虐殺されてきたのは世界史を見れば明らかであります。実は、日本が最も古くから1000年以上前から民主主義と自由があり、日本の独特なものづくりはそこから生まれました。
古代ギリシャは民主主義が早かったと言われますが、奴隷制度があり(某グローバリズム民族が関わっていたともいわれる)、奴隷制度の無い本当の民主主義は日本が最古といっても良いです。
グローバリズムの方向にいくと、実は多様性も才能も出てきませんし(価値観が世界で一つなので当然の帰結)、一見自由でも実質的に管理されて(○○ナンバーとか)不自由や表現の自由が侵害されたりします。

国境線がしっかりあって同じ国民が安心して暮らせる不安の無い自由な環境があってはじめて多様な才能が出るのは日本の様々な面白いコンテンツを見れば明らかです。日本の八百万の神々の中に無限の多様性が初めから入っているのです。

日本人の価値観は、金など2の次3の次で、あと一見、学問の発展のため永遠の真理の追求のためは素晴らしいと思いますが、その普遍性をグローバリズム勢力が國滅ぼしの口実に使っている現状を考えると、1番は天皇陛下のため、日本のため、に取り戻す必要があり、それが唯一の日本を護り國を子孫に残す方法だと思います。今までは、國民側が後手後手の防戦一方でしたが、これからは先手で「隠されてきたグローバリズムの歴史」をどんどん全國民で出していくことが日本を護る唯一の道です。歴史事実を知れば、子々孫々の日本人が侵略に気付き、その時々の最新・最良の対策を立てて日本を護ることができると確信します。

國民で歴史事実を把握した上で、八紘爲宇の心で世界の民族仲良くやっていきましょう!

(かたまり歴史地図化(ユダヤ人の歴史地図データをもとにかたまり歴史地図を作成)することにより、ユダヤ人の歴史の流れや及ぼしてきた影響を一目瞭然にでき、かつ、触って触覚で感じることができます。)

(あと、ユダヤ史地図を実軸、関税史地図・国債史地図・中央銀行史地図を3つの虚軸として、ハミルトンの四元数の考えで見ると何か発見があるか?ないか?)

参考文献: 「ユダヤ人の歴史地図」明石書店、「A HISTORICAL ATLAS OF THE JEWISH PEOPLE」Schocken Books、「HISTORICAL ATLAS OF THE JEWISH PEOPLE」CONTINUUM、「The Atlas of Great jewish Communities」UAHC Press、「ATLAS of JEWISH HISTORY」ROUTLEDGE、「Atlas of the JEWISH WORLD」Facts on File、「ATLAS OF MODERN JEWISH HISTORY」Oxford University Press、「猶太民族の歴史的足跡」新太陽社、「コミンテルンの正体は何か? ユダヤ民族の世界政策」教育勅語遵守連盟

 

2017年9月30日:ユダヤ史追加 Ver0.07

2017年7月29日:ユダヤ史追加 Ver0.06

2015年11月23日:版図追加(マホザ・ユダヤ王国、ナバラ王国、スエヴィ王国、アスツリアス王国、レオン王国、カスティリャ王国、柔然、高車、北魏、キエフ大公国、遼、金、後金、ザグウェ朝、ソロモン朝、後期ソロモン朝、テオドロス朝、ザグウェ朝(近代)、ティグレ朝、ソロモン朝(近代)、ソロモン朝(戦後)、臨時軍事、エチオピア人民民主国、エチオピア国、エチオピア連邦、クシュ王国、カネム、ボルヌ、ハウサ諸国、西ゴート王国、イギリス帝国の各植民地の線追加、ポルトガル帝国の植民地の変化入力) Ver0.05

2015年9月28日:項目追加 Ver0.04

2015年8月18日:ユダヤ人の歴史地図追加、世界史地図版図追加(チャガタイハン国、オゴタイハン国、ブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国、クリムハン国、ハザール・ユダヤ王国、カザンハン国、ハワイ王国、ノーサンブリア王国、マーシア王国、イースト・アングアリア王国、エセックス王国、ウェセックス王国、ケント王国、サセックス王国、イングランド王国、スコットランド王国、グレートブリテン王国、大英帝国の植民地、カナダ版図修正(準州と州)) Ver0.03

2015年6月17日:項目追加 Ver0.02

2014年8月10日:公開開始 Ver0.01

ユダヤ史項目 参考文献

エルサレム陥落よりもずつと以前、而してキリスト誕生よりも遥か前に、猶太人は当時知られていた凡ゆる國々に分散して生活していたからである。(例へばバビロンから追放されるよりも前に猶太人の銀行がメソポタミヤにあつたことが証明され得る。)
彼等はバビロンから自ら単独に漸次東へ東へと遷徒した。その頃彼等は既にイオニア諸島、小亜細亜に居住してをり、預言者達の言を信ずるならば、スペインにも住んで居たのであり、彼等はフエニキヤ人と共にスペインに移ったのである。(イザヤ書第六十六章第十九節)
農耕や葡萄栽培によつて素朴な生活を送つていた故郷を去り、比較的安易にして儲けの多い職業に従ふことを好む猶太人が幾千となく生じたと云ふことを伝へている。
猶太人は最初フェニキヤ人の傍に特にティロス及びシドンに永続的植民地を創設したこと丈を述べて置く。
その他のシリア地方にも拡がり、特に多数居住していたのはアンチオキア、セレウチア、ラオディツェア及びダマスクスである。彼等は小亜細亜にも惹き付けられ、隊商の通路や半島の沿岸諸都市に居を定めた。
かくて彼等はカパドチア、フィリギア、タルズス、トラレスに住んでいた。
イオニア地方では特に多数住んでいたのはスミルナ、エフェーズス、ミレト、ハリカルナスス、クンドスである。
彼等の植民地はチペルン、ロードス、デロス、パロス、クレタ、テッサロニヒ、コリント、スパルタ、アッチカに拡がっていた。(ヘルツフユルド「古代に於ける猶太人の商業史」 ブラウンシェヴァイク 一八七九年発行)
伊太利ではローマに就いて基督紀元前一三九年の頃からの最初の確実な報告が伝わっている。猶太人はローマに於ても、常時既に存在していた如き比較的大きな自治体を作り得る為には、それよりもずつと以前に居住していたに相違ない。
北阿の諸都市特に埃及(エジプト)にも同様に多数の猶太人が住んでいた。
埃及では主にアレキサンドリアが彼等を誘引し、彼等は間も無く全住民中で強大な少数民族を形成していた。
プトロメーウス・ラギの寛大な政治のお蔭で猶太人は到る処に居住することを許された。
かくして、猶太人の居住地は全地中海周辺にぐるりと円環状に形成された。
基督誕生の頃には猶太人の居住せぬ而して(しかして。「そうして」の意)猶太人によつて支配されていぬ如き地は一つも無かったと主張しているシュトラーボーの言は正に肯綮(こうけい。「物事の急所」の意)に当たっている。
第一にパレスチナから他地方への猶太人の移住は既に古代に始まり、漸次益々盛大に赴いたと云うことと、第二に此の移住は自発的に行われたものであると云うことを示している。

如何なる民族も自分の所へ移住して来るように猶太人に頼んだのでもなければ、況んや猶太人を強制したのでもない。
猶太人の歴史家ヘルツフェルドが誌している如く、「数百年も経たぬ中に、而も全般的に外部から何等強制されることも無く、猶太人はメヂアからローマ、ポントスからペルシャ湾、マケドニアからエチオピアに至る凡ゆる地方に居住していた。而して此の広大な領域に於て重要な商業都市にして猶太人の居ない所は一つも無かった。」(前掲書二七四頁)
この商業を営む素質は世に云う如く猶太人が他の諸民族から強制的に排斥された結果発生したものではなく、それは常に猶太人の生活の不変的な衝動力であったと云うことを述ぶるに止めて置かねばならぬ。
かう云つたからとて別に猶太人を非難している訳ではない。蓋し商業や交易は我々の存在にとつて必要欠く可からざる要素であるからである。
併し(しかし)猶太人の商業生活の特質に対しては非難すべきことが少なくない。
既にソロモンの時代に、恐らくそれよりもずつと以前に、交通頻繁な隊商路がパレスチナを経てバビロンに通じていたこと、ソロモンが通過する商人から貢物を徴したこと、彼がダマスクスやその他の所に市場を開いたこと、その当時既に埃及(エジプト)との馬匹取引が大規模に行われたこと、而して最後に、フェニキア人と共に、神秘に満ちた遥か東方に在る黄金の地オフィールへの、有名な旅行が企てられた(ベール 「講演と論文」 第二巻参照)ことも事実である。
ダマスクスから、イスラエル平原を通ってアッコー湾に至る国道の他にも交通頻繁な商業路があった。
その一はスキトポリスからズィヘムに通じて居り、他の道はゲネアを経て同じくズィヘスに通じ、そこからエルサレムに通じていた。
このエルサレムの町とアイラート港との間には直接盛んな交通が行われていた。
今一つの道はエルサレムから海に臨んだヨッペ市に通じている。
多数の猶太人、就中(なかんずく。とりわけの意)専ら農耕に従事して居た寛大なペルシャ人の間に居た者は短期間の中に莫大な富を蓄積するに至つた。
失はれた故郷を恢復せんとする悲願が遂に到達されるに至つた時、全民族がパレスチナに歸還したのではなく、歸還を強制された極く一部の貧しい「敬虔な信者」のみが歸つて来た。
外国に止まつた猶太人達はその商業及び銀行業を彌々東方に向かつて進め、何れも異民族の間に止まつた。
パレスチナに歸つて来た者は大いに働いて耕作せねばならぬ人に少き土地を見出した。猶太人は必要に迫られてその仕事に従わねばならなかつたとは云へ、それは彼等の本旨ではなかつたのである。
前述の諸地方へ彼等が間も無く集団的移住を開始したことはこの事を最もよく証明している。
我々がいつも欺される大嘘は、猶太人は分散生活と禁止法令により商業以外の凡ゆる活動から閉め出され、従って余儀なく金貸業を営まねばならなかつたと云ふ主張である。事実は全く反対である。
猶太人はかかる利得を獲得するのには異国が最も好適であると考へたが故に、猶太人は他へ移住して行つたのである。
それ故、最も繁昌した猶太人植民地のあつた所は大きな商業中心地であつたことは偶然ではない。
若し猶太人が労働を行はんことを念願したとすれば、肥沃な土地のある地方へ移住し、決して石ころの多い島や狭隘な港町へ移住するやうなことはなかつたであらう。
例へばスペインのバスク人居住地にはまだ余り都市はなかつた。此の地方の交易を盛んにする為に賢王サンチョ(1189年)は旧ガスタイツを都市となし、自分の品物を売る外国人は誰でもあらゆる義務を免除されて生活し得ると云ふ勅令を発布した。
その結果、好機を逸すべからずとして直ちにスペイン全国から多数の猶太人が移住してきた。(カイゼルリング 「ナヴアラの猶太人」 114頁)
ペルシャに於てアバス・ソフィールが戦争の為に荒廃した國を経済的に復興せしめんとした時、彼は外国の商人に莫大な特権を賦与した。
その結果、そこでも凡ゆる地方から他民族と共に主として猶太人が多数流入して来た。(シュット 「猶太珍聞集」 第一巻27頁)
波蘭(ポーランドのこと)、ベーメン及び其の他の國家に於ても全く同様であった。
支那や印度の産物を西洋へ運び、自國の貴重な品物によつて地中海沿岸の市場をうるほしたバビロンの商業に猶太人は既述の如く活発に参加した。
併し著名な多くの豪商は極めて評判が悪かった。バビロンの三都市は特に悪評高く、その理由は猶太人が商業に従事していたことによるものであつた。(ヘルツフェルド前掲書219頁)
猶太人は熱心にフェニキヤ人と共に協力したが、屢々(しばしば)此の人種的に半ば血縁関係にあるフェニキヤ人と激しく争った。
アレキサンドリアに於ては猶太人は狡猾な取引や金融業により間も無くその土地の財政王に昇進し、収税権受託官となり、且つ必要に応じ国王に金を貸し(例へば彼等はアグリパに信用状を交付した)かくして宮廷に於て勢力ある地位を獲得した。
猶太人がかかる勢力を有するに至つた為に、屡々民衆の暴動が勃発した。
特に116年猶太人に対して禍害が加えられたが、猶太人は極めて辛棒強くその商売を初めからやりなほし、間もなく往年の勢力を再び獲得した。(ヨースト 「猶太史」 第四巻、230頁)
そしてアレキサンドリアに於けると同様に猶太人はシレーネやエチオピヤ(此処で一猶太人は女王カンダーケの会計課長であったと云ふことである。使徒行伝第八章第二十七節) 及びアラビヤ、黒海沿岸、ギリシャ諸島に於て盛んな仲買業を営んで生活した。
要之、猶太人は歴史時代に入って以来タルムードに記された古典的文章即ちエバモート条章六十六頁にある言葉に忠実に従つたのである。
「商売に百フロリン投資すれば毎日肉を食べワインが飲めるが、農耕に投資せられる百フロリンでは塩も野菜も手に入れることは出来ない。」
そして猶太教法師エレアツァールが、甘藍(かんらん。キャベツのこと)が苗床に横に植えられているのを見た時、彼は次の様に云つた。
「人が野菜を縦に植えようとしたにしても、商取引の方がお前よりましだ。」
猶太教法師が或る時穂の間を通過し穂が波打つているのを見た時、次の様に云つた。
「いつ迄も波打つているがよい。商売の方がお前よりましだ。」
高利貸業と詐欺は初めから猶太人の常習であつた。
ホセア書中の言葉「彼はカナン人(商売(あきうど))なりその手に偽り詭詐(いつはり)の權衡(はかり)をもち好んであざむき取ることをなす」(独逸語旧約聖書ホセア書第十二章第八節、邦訳旧約聖書第七節)
ヴィクトリア市の参事会は保護を求める請願を國王に提出した所、國王は猶太人が借用證書を作成することを禁ずる法令を発布した。「此のままの状態が續けば、基督教市民はその為に莫大な損害を蒙り、それ所か遂には都市に住民が居なくなるであらうから」(1332年)と云ふのが此の法令の発布された理由であつた。(カイゼルリング 「ナヴァラに於ける猶太人の歴史」 伯林1861年、119頁)
吾人の考察せる如く多くの外國人が誘引されて移住したペルシャに於ても、或る年代記作者の誌す所に依れば、「猶太人は百方手段術策を尽くして土着の國民を甚だしく搾取し貧窮に陥れたので、喧々囂々たる非難の声が皇帝の耳にも入った」 そして、「如何にすれば他の外國人を凌辱することなく猶太人を仕末し得るかに就いては大臣は長い間頭をひねつた」のである。(シュット前掲書第1巻27頁)
コンスタンチノープルにも多数の猶太人が居住して居り、彼等は其處でも同じく莫大な富を獲得した。タヴェルニールの報道している所によると、「大部分の金は皇帝と猶太人の掌中にある。余には猶太人が何故コンスタンチノープルに居住するかが分る。何となれば、地方に居住している猶太人は困窮して居り、土地を耕作し得ぬ故に基督教徒よりもみじめである。彼等は暴利を貪ることに熱中して居り、商売で幾ら儲けても飽くことを知らぬ。」(「セライユの記録」 第十章)
猶太人は総督に対し往々贋造貨幣で金を前貸し、関税事務を管掌し、「彼等は其処で主として基督教徒の膏血を絞り、同じくシリヤ、パレスチナ、埃及でも関税徴収権を借りて居り」(テヴノー 「旅行記」 第七十八章、三六九頁)
スペインではどうであつたかと云ふに、猶太人は其処では古い時代から情用捨も無い奴隷商人として知られていた。彼等は莫大な金の力により原住民を圧迫して、基督教徒を保護する為に制定された法律を蹂躙し若しくはその実施を妨害することを心得ていた。
「猶太人はずつと以前から金融業と両替業を営んで居り、反猶太的史家はそれを高利貸業と呼んだ。」(カイゼルリング「ナヴアラの猶太人」四三頁)
此の史家が其の著書の冒頭で、猶太人は「他の市民と同等に取り扱はれ、而も特権を有していた」ことを認めているから、高利貸業は猶太人に対する敵意の結果生じたのではなく、他の所でも然るが如く、多くの年代史家の反猶思想は猶太人が高利貸業を営んだ結果生じたものなのである。
カイゼルリングは誇りやに「中世紀を通じてトゥデラに在る奴隷市場程栄えたものが何処にあつたであらうか」と叫び、更に続けて次の如く云つている。
「奴隷市場は昔からスペインの猶太人によつて行はれた。それは半島の他の王国に於けるよりもスペインに於ては一層大なる範囲と意義とを獲得し、最も長期に亘り即ちマウル人を完全に征服するに至る時迄乃至は猶太人を放逐する迄弱められることなく継続して行はれたのである。」(欧州諸国では奴隷売買は十三世紀中に廃止された。)
此の奴隷売買の為にトゥデラは「重要な商業都市の地位」に上つた。然るに、奴隷売買から利益を収めたのは殆どマウル人のみであり従つて数百年前不法にも猶太人を呼び寄せた人々の子孫であつたと云ふことによつて此の取引は特に繁昌した。
併しその運命も尽きることとなつた。ヘマンが前掲書中に述べている如く、最後のマウル帝国が崩壊した時、猶太人を放逐することが決議されるに至つたからである。
ローマに於ても代々の皇帝や法王は常に猶太人問題に心を労せねばならなかった。或る時は猶太人の権利や自由が強化されねばならなかったし、又或る時は(例へば一二一五年の第四回ララルノ宗教会議に於ける如く)猶太人の高利貸業を禁止する法令が発布されたり、強制的に猶太人をしてその拒否する一割の課税を支払はせたり、基督教宣教師を冒涜することを禁じたり、彼等の律法を裁判所の下に従属せしめたりした。(フォーゲルシュタイン=リーガー 「ローマに於ける猶太人の歴史」 伯林、一八九五-一八九六、第一巻、二三〇頁。宗教会議に於て基督教徒の高利貸業--それが目立つ時は--も禁止されたと云ふことは、僧侶が決して盲目的な憎悪に基いて猶太人を責めたのではなく、現実的な根拠に基づいて行動したことを立証している。)
猶太人は早くから既に裕福な地主であつたが、自ら農耕を行ふことはなく、フォーゲルシュタイン=リーガーの述べている如く、「猶太人が所有している土地の耕作するに適当な労働力を獲得する為に奴隷売買が盛んに行はれた(特に多くの奴隷はゴール地方から輸入された)。」(前掲書、第一巻、一四七頁

例えばツェゼナでは猶太人がその資本力で全市の支配者になりはせぬかと人々が憂慮する程であつた。「ヘブライ人の金貸」が二割以上の利子を取らなければ市長は大満足であつたと云ふことを聞いても人々は別に驚かなかつたのである。(フォーゲルシュタイン=リーガー前掲書第二巻一一七頁)
リヴォルノでは猶太人の勢力は極めて大となり、その結果多くの他の都市に於けると同様に基督教徒は猶太人の為に土曜日を安息日としなければならなかった。(ミッソン 「伊太利紀行」書簡三九、一〇〇九頁、シュット「猶太珍聞集」第一巻二二八頁)
諸侯に軍資金を前貸し、同様に金を貸してその浮華と浪費とを助成し、その代償として高い利子と特権とを獲得することによつて、猶太人は屢々(しばしば)諸侯に対して自己の存在を必要缺く可からざるものとなすことを心得て居り、又さうすることに力めた。
その為に諸国王は何処に於ても猶太人を擁護した。そして諸国民の反猶熱は極度に昻まり、その結果遂に諸国王が猶太人の特権に制限を加えるようにとの切望を聴許するに至つた。
一猶太人に対して加へられた侮辱がスペインの最高貴族に対して侮辱が加へられた場合と同じ程度に罰せられたナヴァラに於ける例が示す如く、諸国王は屢々(しばしば)猶太人を武力を以て保護した。
トヴァラでは金銭上の事の為に猶太人を捕縛することは許されず、猶太人は商品に對する凡ゆる課税を免ぜられていた。
トゥデラに於ては国王サンチョ(一一七〇年)は身體安全の為に猶太人にその居城に住ふやうに勸めた。
加之(しかのみならず)、猶太人は世襲財産として相続された財産の一割の税金を支払ふことも免除された。


猶太人が基督教徒から何かを借りる場合には、基督教徒は二人の証人を出し、「その中の一人は如何なる場合にも猶太人でなければならなかつた。」 カイゼルリング前掲書十六、十八、十九頁)
一二三五年トゥデラ市民は激昂し、それを鎭靜するのに隨分骨が折れた。そして新しい憲法が制定されたが、のちには再び昔乍らの詐欺が行われるやうになつた。
ナヴァラの諸王も遂には全然窮迫した状態に陥った。家に帰って来ても夕食も無く、猶太人から買つた穀物の代金を支払ふことも出来ぬ有様であつた。
公然猶太人の権利並に特権の為に尽力したパトロン達の国家状態に対して猶太人が毫(ごう。きわめてわずかの意)も顧慮しなかつたと考へるならば、それは大きな錯誤である。
彼等は依然自己の存在を「不可缺なもの」とすることを心得ていた。
「彼等から取られた利子が莫大な額に達した觀があることを吾人は否定しようとは思はぬ」と幾分苦しさうにカイゼルリングは認めている。
彼は更に次の如く云つている。「凡ゆるものが抵當に取られた。農民はその鋤を、騎士はその居城を、國王は金銀の装身具を、僧正はその司教指輪を抵當に出した。」

 

故ルッターはいみじくも次の如く云つている。
「猶太人が莫大な金額を提供しそれによつて諸侯の御用を務めていると人々が云ふのを耳にする。然らば猶太人は何処からそれを出すのであらうか。猶太人自身の懐からではなく、猶太人が高利貸業によつて奪掠した臣民及び諸侯の財産の中から出すのである。
・・・臣民が金を出し、猶太人によつて絞り取られねばならめ。我々が猶太人の為に酷く愚弄されるのを見て猶太人は秘かに嘲笑しないであらうか。」
「人が濡れた海綿を絞ると水が出て来る。併し海綿はそれより以前に既に水を汲ひ込んでいたのだ。斯くの如き濡れた海綿は猶太人であり、彼等は成程一般の利益の為に何かを提供するが、彼等はそれ以前に高利貸業によつて基督教徒から搾取しているのだ。(略)一般の利益となる猶太人の金は正に蜘蛛の巣の如きものであつて、基督教徒はそれに引懸けられて了ふのである。」(デー・ミュラー「猶太人の探偵、」シュツト前掲書第二巻二〇五頁)
獨逸の猶太人が圧迫され虐待されていたかの如き風説が今日でも流布されている。これは全然事実無根である。
以前彼等は自由に移動し、至る所に居住することが出来た。然もそれのみに止まらず、獨逸の原住民と平等な権利は極端に走り、その結果猶太人はその同族たる猶太人の裁判官にのみ訴へられ得ると云ふこととなつた。
猶太人の有する斯かる権利が古い特権であることを吾人に示し、今日更めてその事を保証する最も古い文書は一二三〇年のものである。
加之、一基督教徒にして少くとも一人の猶太人の証人を立てることが出来なければ、或る猶太人に対して要求を貫徹することは出来ないと云ふ規則がある。
猶太人の法廷裁判は多くの場合猶太教会堂で開かれ、カトリック教会の高僧ですら猶太人と法律上の争ひを行ふ場合にはわざわざ猶太教会堂に赴かねばならなかつた。
然るに猶太人は太古から伝承した厚顔さを以て此の特権を凡ゆる領域に押し擴めることを心得ていた。彼等が営んだ広汎に亘る質屋業に於て、或る猶太人が手先にある贓品について自分はそれを正当な方法で買い取つたと言明すればそれで充分であると見做されたのである。
正当な所有者が自分の所有物件を返還して貰ひ度いと要求する場合には、猶太人の質屋が支払ったと主張する代金を弁済することを命ぜられた。(シュトッベ「獨逸の猶太人」 ブラウンシュヴァイグ、一八六六年、一一九頁)
ゴスラール市の法律は、贓品であることが分つている物件に対しても金を貸す特権を猶太人而も専ら猶太人のみに賦与した。
合法的に獲得した物件を持つていることが見付かつた場合には、獨逸人はそれを何等の代金を貰ふことなく本来の所有主に返還すべき義務があつたのに対し、猶太人は彼自身が定めた価格を請求することを許された。(リーベの好著「往昔の独逸に於ける猶太民族」 ライプチヒ、一九〇三年一二一五頁に就き詳細を参照され度し。)
法律により定められた利率は三三%と一二〇%の間を上下していたが、実際に要求されたものは往々それよりも遥に高いものであつた。
ヴァルラム・フォン・ツヴァイブリュッケン伯は十七の猶太人高利貸に取圍まれて居り、小都市オーバーヴェーゼルでは一三三八年猶太人から借金している負債者が二百十七人以上もあつたと云はれ、オェッラィンゲン伯はその黄金の王冠を売却し、バルタザールオ伯、テューリンゲンのフリードリヒ及びヴィルヘルムはエルフルトの五人の猶太人の為に全然死命を制せられていた。
一三八五年ウルムの一猶太人は獨りで四十三通の借用證書を所有して居たしエルフルト出身の二人の猶太人に宛てた五十五通の證文があつた。
猶太人イザークがミュンヘンから逃げ、後になつてうまく捕縛された時、彼が市民や貴族の装飾品のみならず國王の銀器を所持していることが発見された。
大抵の場合同族たる猶太人が一人此の宮廷猶太人の書記として輔佐したが、彼はヘブライ語で簿記を書いたので、彼のみ営業状況を洞察し展望することが出来た。
猶太人は第十三世紀に至る迄如何なる職業にも就くことが出来、萬事開放されていた。併し彼自身はゴイムと一緒に働くこと等は全然考へもせず、厳重に自分を隔離し、唯取引に必要な限り非猶太人と関係した。
ファルツ候フィリップはその息子と共にシナゴーグ(猶太教会堂)に行き、猶太人は處女マリヤの像の側で舌を出してこれを嘲笑しても僅か十グルデンの罰金を支払へばよかつた。
一三二七年レーゲンスブルグで或る基督教牧師は自分を殺害せんとした二人の猶太人を恐れて逃亡せねばならなかつた。而して猶太人自治体が犯人を罰することを拒んだ時、基督教徒の裁判所は犯人との交際を禁止すること丈で満足した。
或るシュトラスブルグの年代記作者によれば、猶太人を侮辱した者は一般市民を辱しめた者よりも重い刑罰を受ける覚悟を持たねばならなかつた。
猶太人が支配権を掌握すれば必ず独逸民族は衰亡し、猶太人の勢が衰へると独逸民族は繁栄する。
第二次十字軍後の時代とペスト流行の時代に(第十四世紀の中葉)二回共独逸の窮乏は頂点に達した。
猶太人迫害の理由「井戸への毒の投入」等が猶太人側で語られることは、空虚な妄語であり、それは事実と虚偽とを区別することの出来ぬ愚かな人々によつて、若しくは独逸人を愚かな熱情家と考へんとする猶太人(例えばグレーツの如き)によつて流布されたものである。

ペストが猖獗(しょうけつ)を極めていた頃独逸人が根本問題は何であるかを自覚していたことは、エルフルトの年代記が見れば分る。
その年代記には、「男爵や騎士、市民や農民が猶太人から借りた莫大な金」が抑々(そもそも)の原因であると誌されている。
併し自暴自棄の発現は何の役にも立たなかつた。数年後事態は再び元通りになつて、利子奴隷は前よりも甚だしくなつた。
戦争で国家が苦しんだ時、結局猶太人は儲けた。全く今日と同様に、「凡ての長官は猶太人であり、凡ゆる猶太人は長官であつた。利益になりさへすれば、猶太人は欺瞞と詐欺の別名なる法と自由を持つている。」これは三十年戦争時代に人々が溜息の中に洩らした言葉である。
「直ちに経済生活の不振を惹起し、強靱な商業精神に顧慮する所なく活動する可能性を與へた公共生活の混亂期は猶太人にとり誂へ向であつたことが注目される。」(前掲書一六七頁)とリーベは云つている。

第十三世紀及び第十四世紀迄猶太人にも開放されていた--それだからとて猶太人は手工業を営む義務を感じはしなかつた--手工業組合は、今や原則として猶太人を排外した。
以前猶太人は都会に居住することを許されていたけれども(猶太人は大抵猶太人区域に住むことを好んだ)、今や隔離生活が始まり、かくて以前にあつた状態たるゲットーが今や規範と見られるに至つた。(ドクター・アルトゥール・ルッピンは「現代の猶太人」中で同様に、猶太人の隔離は「最初は自発的なもの」であり、「後になり初めて強制的なもの」となつたことを認めてゐる。)
暴利を貪る猶太人は尖つた帽子によつて外形的に区別する目印とされ、彼との交際は許されなかった。
猶太人が社会的地位に於いて最低ではなかつたと云ふことは、農民に適用されたと同じ称号である bescheiden (訳注、「謙遜なる」、「適度の」を意味し、中世独逸に於いて農民等の姓名の前に付けられた呼称法である。)が猶太人にも用ひられていたことにより判明する。
或るフランクフルト市の記録によると、「フランクフルト市民はコンスタンチノープル在住の土耳古帝と同じく猶太人の制度に対して無関心であつた。」
"トリートハイム僧正は一五一六年次の如き具體的な、今日にも妥當し且推稱すべき言を吐いてゐる。
「身分の高下を問はず、學識の有無を問はず、暴利を貪る猶太人に対する反感が深く人々の心に根を下してゐることは當然である。余は、猶太人の暴利を取締つて国民の生活を安定せしめる凡ゆる法的規則を承認する。外国から侵入してきた異民族が力量や勇気や徳の力ではなく、その金によつて--金の獲得は猶太人の最も好む所であるらしい--我々を支配することが許さる可きであらうか。併し暴力的な迫害や掠奪によつて猶太禍を脱しようとしてはならない。寧ろ猶太人をして凡ゆる暴利獲得や凡ゆる有害な詐欺から絶縁せしめ、彼自身を田野や作業場に於ける有用な仕事に就かしめることによつて猶太禍を克服することに力めねばならぬ。」(リーベ前掲書三二頁)"


例へば吾人がニュールンベルグの年代記を繙(ひもと)き、市民が一四九九年猶太人を追放するに至つたのは如何なる動機に依るものであつたかを探求すれば、その解答は極めて簡単である。
「ニュールンベルグ在住の猶太人は洵(まこと)に仕合せであつた。彼等は益々強慢となり抑制し難くなつた。彼等の行つた度外れの暴利獲得、彼等が耽溺(たんでき)していた飽くことを知らぬ貪欲、基督教に対する誹謗、日々の人口増殖は、遂に市参事会及び市民をして遂に斯くの如き商業を害する悪質の客人即ち吸血鬼を今後自分の所に滞在せしめることを厭ふべきものと考へしめるに至つた。」(ヴュルフェル 「ニュールンベルグの猶太部落に関する歴史的報道」 ニュールンベルグ、一七七五年、八三頁)
一四九九年猶太人は(彼等に害が加へられぬやうに、軍隊の保護の下に)「彼等が長年居住し貪欲な高利貸業によつて莫大な富を獲得した」(ヴュルフェル前掲書八五頁)都会から連れ出された。
一三一〇年ハインリヒ七世皇帝がニュールンベルグ市民に「特権」を賦與し、猶太人が市民から四三%三分の一、外国人から五五%以上の週利(一週間の利子)を取り立てることを禁じたと云ふ事実から既に納得されよう。成る程これは結構な特権ではある。(オーバーハイン歴史雑誌、第十巻、六六、カールスルーエ、一八五九年。尚ヴュルフェル前掲書をも併せて参照)

 

"例へばアウグスブルグから猶太人が追放された時、牧師ハルトマン・クライディウスは次の如く云つている。
「呪ふべき猶太人は甚だしい暴利と高利であわれむべき基督教徒の膏血を絞るのみならず、凡ゆる商業によつて糊口の道を奪ひその為に多くの市民はその妻子と共に零落して乞食に成り下らねばならなかつたから、猶太人追放は当市の市民にとつて大きな利益であり、且それは他の諸都市に見られぬ利益である。」(「アウグスブルグの奇蹟説教」 五○八頁。シュット前掲書第六巻四七頁)"
一五三九年独逸全國に一つの法令が流布されたが、その中に、猶太人は高利貸業を営むことを禁ぜられ、基督教徒と同様に額に汗して食を得ることを学ぶやうに猶太人に手工業を行はしめるべきことが規定されていた。勿論そんなことは何の役にも立たなかつた。
手形偽造、虚偽の破産、若い未経験者や富裕な両親を持つ子供を誘惑して濫費せしめ、約束手形をヘブライ語で書き、信用して受取られたものを後で翻訳して見ると無茶な文句が記されていたりする。買い物の際に小包をすり代へ、それを開けて見ると品物の代りに石や藁が発見される。

「臣民の間に猶太人を居住させる王侯は、池に若い魚を入れる戸主と同様の事をやつている。卵を食ひ盡くして了ふ數尾のだつを入れて見よ。猫に魚の番をせさるのと比較して何れが馬鹿げたことであらうか。誰が果して狐を鵞鳥(がちょう)の番人若しくは家禽の番人としようとするであらうか。親愛なる当路者(とうろしゃ。重要な地位にいる人の意)諸氏よ、諸氏があわれむ可き人々を苦しめようと思ふ時は猶太人を國内に入り込ませるがよからう。」(「猶太の脱穀」三、五、八○)


猶太人が比較的多数生活している凡ゆる國に於て常に猶太人の詐欺や暴利獲得に対して諸国民は一様に不平の声を揚げたと云ふ事実を挙げて置かう。
勿論基督教徒の中にも不純な分子が居り、盗人や無頼漢もいたが、その悪事に対する判断に於ては凡ての人は一致していたけれども、猶太律法は猶太人相互間の態度と非猶太人に対する態度には明確な区別を設けていると云ふことである。
"バーバ・カムマ條章一一三頁に次の言葉がある。
「申命記第二十三章第三節に、汝の兄弟の失ひたる遺失物云々とあるのは何を意味するかと云ふに、汝の兄弟にそれを返す可きも、異教徒には返す必要なしと云ふことである。」"


"教法師カイニナは次の如く云つた。
「利末記第二十五章第十七節に、汝らたがひに相欺むくべからずと書かれている事は何の意味であらうか。その訳は次の如くである。汝等らがトーラ並に律法に於て結ばれている人を苦しむ可からずと云ふことである。」(バーバ・メツィア五九頁a)"


他の箇所に於ては、盗みの禁止は唯猶太人相互間にのみ限られ、しかも人間誘拐にのみ限られていることが教へられている。
タルムードに誌されているヤコブとラケルとの対話は正に典型的なものと云ふべきである。

ヤコブ「貴女は僕と結婚しようと思ひますか。」
ラケル「私の望む所です。併し父は詐欺師です。そして貴方は父にはとてもかなひませんよ。」
ヤコブ「私は詐欺では貴女の父の仲間です。」
ラケル「正直な人が詐欺に長けていると云ふことは一體許されるのでせうか。」
ヤコブ「貴方は純潔な者に対しては純潔を示し、不正な人に対しては不正であればよい。詩篇第十八篇第二十七節を御覧なさい。」(メギラ条章十二頁a)
ハマンがマルドカイに、人は敵が倒れるのを見て喜んではならぬと云つた時、マルドカイはそれに答えて、「それはイスラエル人のみに当てはまることである。併し、汝等の場合には如何と云ふに、申命記第三十三章第二十九節には、「汝はかれらの高き處を踐ん」と誌されている。」(前掲書、一五頁a、b)
教法師シラは或る埃及婦人と同衾(どうきん)した或る男を折檻した。その男は王の所へ行き次の如く云つて教法師を弾劾した。「彼は猶太人の間で王様の御許可を得ずして裁判致します。」
そこで王は直ちに教法師の許に使者を送り出頭を命じた。シラが来た時、裁判官は、「なぜお前は此の男を折檻したのか」と訊問した。「牝驢馬(めすろば)と同衾(どうきん)したからです」と答えるや、「証人がいるか」との問に対して、「はい、居ります」答へた。
するとエリアは人間の姿でやつて来て、それを証明した。そして裁判官は、「さう云う次第であるならば彼を死刑に處す可きである」と云つた。教法師はそれに答へて、「我々が郷土を追ひ出された時以来、我々は人を殺す力を有しないが、貴方達は思ふ存分に彼を處分し得る。」
裁判官達が如何なる處置を採らうかと思案していた時、教法師シラは次の如き歴代志略上巻第廿九章第十一節中の言葉を誦(よ)み始めた。
「永遠なる者よ、権勢と能力は汝に属す。」 裁判官が「何を云つたのか」と尋ねた時、「私は「地上の王国並に天上の王國を作り、汝等に対し裁判に於ける権力と慈悲心を賦与した慈愛に富める神に祝福あれかし」と云つたのです」と答へた。
すると裁判官は、「此の人は国家の栄誉を大いに尊重する」と云ひ、彼に権柄(けんぺい)を手渡し、「裁判官たれ」と云つた。
教法師シラが外出した時、彼から折檻された男が彼に向かって次の如く云つた。
「慈愛に富める神は虚言者にかかる奇蹟を行うふのであらうか。」
シラ「瀆神者よ、お前は驢馬(ろば)に等しい者ではないか。エゼキエル書第廿三章第廿節に何と書かれているか。その人の肉は驢馬の肉の如し。」
その男が裁判官の所に行き教法師が自分を驢馬と呼んだことを訴へんとするのを見た時、教法師は次の如く考えた。
「此の男は迫害者である。汝を殺害せんとする者には先手を打つ可しとトーラに記されている。」
そこで彼は棒を以てその男を打ち殺した後、次の如く云つた。
「歴代志略上巻第廿九章第十一節の言葉により余に奇蹟が現れた故に、余はその言葉を爰(ここ)に宣揚しようと思ふ。
永遠者よ、権勢は汝に属す。それは、創道の業に関係する。」
(ベラコート條章五八頁a、タルムードの最高権威者の一人なる教法師マイルに関して同時代の人々の報告している所に依ると、何人も彼の真相を掴むことはできなかったが、その理由は、一見極めて明瞭な律法から比較や他の箇所から得られた結論により
本来の戒律とは全然反対のものを作り出すことに妙を得ていたからであると云はれている。グレーツ「猶太史」 第四巻一七八頁)


右の説話の意味は余り解説を加へずとも明かに了解されるであろう。その中には凡ての事が含まれている。
即ち非猶太人に対する気違ひじみた軽侮、豫言者エリアにより認可された嘘、トーラにより許可された殺害等、それである。


モーゼ第五部書(申命記第二十三章第二十節)の言葉を茲(ここ)に付け加へよう。
「他国の人よりは汝利息をとるもよし。唯汝の兄弟よりは利息をとるべ可らず。」これは経済的動機である。
今日の欧州人の如く猶太人に近づき、寛容の手を伸し、「来れ、我々は一つの民族とならう」と云つた波斯(ペルシャ)の国王の物語りに民族的動機が見られる。
それに対し教法師タンクームは次の言葉で応へている。
「その通りだ。我々割礼者は汝等と齊(ひと)しくなることは出来ぬ。されば汝等の方で割礼を受け我々と齊(ひと)しくなれ。」(「サンヒドリン」三九頁a)

かかる民族的区別、二重の根抵テイを有するかかる道徳は、理論並ナラびに実践に於ける猶太人ジンの過去及び現在の明かな事実である。
権威ある学者で極めて親猶ナオ的傾向の強い人ヒトの言葉を爰(ここ)に紹介しよう。
「此処に集アツまつた猶太教法師が一般の基督教徒に対タイして、猶太人は凡(あら)ゆる人間に対し同一の道徳的態度を採る義務ギムがありと説き、猶太教キョウを人類愛の宗教なりと刻印するならば、それは鉄面皮極まる行動である。」(ベルンハールド「イスラエル民族の歴史」第一巻カン五一〇頁)
元来非猶太ユダ人の正当な所有物であっても、異教徒の所有物は猶太人ジンの目から見れば主シュなき荒地に等ヒトしく、それを横領してもそれを正直に獲得したのであり(「バーバ・パトラ」五四頁ペーb)
幼稚な人道主義者は、猶太律法リッポは進歩した我々の時代に於ては最早行オコナわれていぬものであると考える。
かかる意見を覆す事実は、約九百万の猶太人ジン--これは世界の全猶太ユダ人口の約三3分の二である--が今なおタルムードの厳格な信奉者であると云う事実ジジツである。
されば凡(あら)ゆる國々の法律も猶太フトシ人にとって元来目の上ウエの瘤であり、猶太フトシ人は常にそれに反抗することに力(つと)め、若しくはタルムード的狡猾コウカツさを以てそれを自分の目的の為に解明することに力めて来たのである。
それ故吾人ゴジンの見聞する通り、猶太人は市民シミンとして凡ゆる職業に進出することに力めたのは稀であり、常に自分の為に特別の状態や特別の法律を獲得することに全力を傾倒してきた。
一国の法律は猶太人がその術策サクを実行するのを機械的に妨げたけれども、此の法的ホウテキ束縛が何等ナドかの影響の下に弛緩した時、猶太人は真先マッサキに凄じい勢で破口クチに突入した。
我々は今日それをロシアに於て見、一九三三年前マエの独逸に於て見ミた。
大都会の猶太人はタルムードの律法とは全く無縁であるなどと云う見解ケンカイにも賛成してはならぬ。何となれば、猶太フトシ人を作ったのはタルムードではなく、タルムードを作ったのは猶太フトシ人であるからである。
加之(しかのみならず。「その上」の意)、該ガイ書は既に二千年間猶太人の生活を支配して来たのであり、子供には六歳の時から毎日吹き込コまれ、従って当然の事乍(なが)ら、無神論的思想シソウを有する株式投機業者であらうと、熱狂的宗教信者であらうと、猶太服を来たタルムード主義者であらうと、凡ての猶太人の性格を一定の方向に育成したのである。(「猶太民族の歴史的足跡」三九頁)
ユリアン・アポスタークが再び異教の信仰を許した時、シリアの猶太人は従来に倍する熱烈さを以て基督教徒ト迫害を行ふ為有アりと凡ゆる術策を弄した。其の後ゴキプロス島の猶太住民が多数になった時、彼等は一夜の中に他の住民を悉く殺戮することを決議した。
銘記すべき此の決議ケツギの結果非猶太人ユダ二十四万人ニンの生命が犠牲に供された。(モムゼン「羅馬史」)
例えば一八〇七年ナポレオンが有名な猶太人全般ゼンパンのサンヒドリンを巴里に招集し係争問題を解決する為に猶太人に若干の難問を出した時トキ、猶太人はその解答として罪無ナき小羊の如く清浄潔白な事を表明した一連の論文を作成した。
併し(しかし)、此の解答カイトウ文の冒頭には次の如ゴトく書かれている。
「佛蘭西及び伊太利の王位に御旨ムネに適へる支配者を即かしめ給ひし主なるイスラエルの神を讃サンへ奉る。」
ヴァルター・ルーベンスは次の如ゴトく記述している。
「メンデルスゾーンにより開始された改革運動即ち猶太教と人道主義との実践的融合の潮流は行きづまつた。それは間も無く退歩的な運動に変化した。・・・狂信の為にスピノーザを暗殺せんとしたと同様の狂信的感情が醸成された。
現代の猶太人は此コの狂信を隠蔽するに足る丈ダケの政治的手腕を有し、唯此シ處彼處トコロ(ここかしこ。あちらこちらの意イ)に狼の爪が羊ヒツジの毛皮の下から除いているに過ぎぬ。
シュルハン・アルッフ即ち凡ゆる種類シュルイの妄誕と狂信的律法に富む意味イミ漠然たる駄作は此の思想シソウ傾向にとつて欠くべからざる法典である。」(タルムード的猶太教」チューリヒ、一八九三年、三3頁)
タルムード主義者は破門や経済的ボイコットによつて巧みに凡ゆる他タの思想傾向を抑圧した。
此れに関連して示唆に富トんだ実例はカライーテン教徒(カレーヤー又はカライメンとも云う)の歴史である。
此のカライーテン教徒は猶太フトシ律法学者達の学問上の論議を排斥し、ひたすら旧約聖書を固く信シンじた。諸国に分散して生活していたが、その間他タの猶太教会と激しく争った。彼等は至る所トコロで侮辱され、彼等に対して闘争文書が作成されたが、その闘争文書では特にトレードー出身の律法学者ガクシたるアブラハム・ベレ・ディオールが断然頭角を現しており、彼はカライーテン教徒に酷烈な非難を浴びせた。
併しそれでも満足せず、彼等はカライーテンとの凡ゆる商業ショウギョウ上の取引及び交際を止め、事毎にその事業を妨害した。
その結果、カライーテン教徒は次第に西洋から姿を消すに至イタった。例えば猶太人がスペインから追放されるよりもずっと以前に、彼等の最も多数居住していたスペインから姿を消して了った。
彼等は漸次東方に移住し、南ロシア特にクリミヤ地方に小植民部落をなして居住していた。
タルムードを奉ずるラバニーテン教徒とトーラのみを信奉するサドカイ教徒との間にも同じ様ヨウな敵対関係があった。
一方の教徒の数が他方よりも多い場合には、前者は後者に対して絶えず暴行を加えた。大抵の場合、遥かに多数を占めているラバニーテン教徒が絶対的勝利を占め、サドカイ教徒を圧迫したが、後者はその力の及ぶ限カギりは断じて譲渡しなかった。
然るに或る時トキサドカイ教徒とブルゴス(訳注、十一~十五世紀セイキの頃スペインに在った著名な猶太フトシ教会)が多数であった時、タルムード信徒をしてその慣習の多くを無理やりに廃止せしめた。
例えばタルムードの慣習に依れば安息日の祭りにランプに灯をともすことになっていたが、これが厳禁された。
此の禁圧キンアツはラバニーテン教徒をひどく憤慨フンガイせしめたことは云うまでもない。
教法師ネヘミヤは最早我慢が仕切れなくなって、古い慣習に従い安息日にランプに灯をともした。
此の事コトはサドカイ教徒の激昂を惹起した。若しタルムード信徒が泣訴してその救援を求めたスペイン政府の干渉が無かったならば正に血チの雨を降らす所トコであった。
此の争擾はラバニーテン教徒にとって有利に決済され、サドカイ教徒とカライーテン教徒は圧迫を蒙り、猶太の教会から破門された。
かくしてタルムード及びその信奉者は勝ち誇ホコった。(デバン「中世紀の猶太史フトシ」 巴里 一八三サン四年、一〇四頁)
「エルサレムで或る人ヒトが、既に割礼を施されたが、その手術の為に横ヨコたわっており、未だ改宗の禊ぎをなし得なかった改宗者に対し安息日に働くべきことを命じ、強制して実際に数行の文字を書カかしめた。
かかる措置を不当なりと考え且それと同様の場合にかつて一度も其の様ヨウなことの行われたことを聞いたことのなかった同地在住の他のタルムード信者はそれを見て激昂した。
併し此コの男はタルムードによれば自分の方が正タダしいことを立証した。
猶太教キョウに改宗する者で割礼を受けても改宗の禊を行オコナって居ない者は未イマだ猶太教徒ではない。
サンヒドリン条章五八頁ページbに依れば、安息日の慣例に従って休息する(假令(たとい)如何なる週日を選ぼうとも)非猶太ユダ人は死刑に処せられた。」(遺稿集シュウ第二巻二八三頁ペー)
ベルンハールド・シュターデの如き親シン猶的傾向ケイコウの強い学者も申命記第十七章第二~十七17節に記された背信者を石イシで打殺す命令に関し、特にその現代的関連に於て次の如ゴトく云っている。
「現代に至る迄マデ厳格な猶太教は背信に対し死刑を課する故ユエに、その事は全く疑問の余地無ナき所である。一八七〇年代ダイロシアに於て、基督教に改宗した現在尚生イきているエリエゼル・バッスィンと云イう人に対して死刑を課カする企図がなされ、彼が改宗したのは外国であったのに
強制的に連れ戻モドされた。」(イスラエル民族史第一巻イチカン四二二頁ニペイジ)
原住民の間に移住し来れる異民族を隔離することは、至る所トコロに起こる事実であった、それを説明する為に複雑な理由をもとめる必要は毫(ごう)も(少しも、の意)ない。
凡ゆる欧羅巴人は植民地に於て占有の居住地域を作り、ポルトガル人、スペイン人、ハンザ商人等の凡ボンての代理店は常に密集していた。
猶太人も全くそれと同様のことをした。他の諸ショ民族に妥当することが猶太人の場合には忽ち変じて一方的な圧迫の結果であり得ようか。
例えば上述の如く猶太人が多数アレキサンドリヤに移住した時、彼等は集団を成して植民したばかりではなく、都市内に占有の居住区域を得んとの要求を声高タカく叫んだ。
フラヴィウス・ヨゼフスは、「猶太人はかくして純粋な生活を送り得トク、異民族と混血しない」と云ふことによつてその請願を根拠付けている。
結局猶太人は極キワめて多数な為に、都市五5区中全ゼン二区に充満ジュウマンした。
ローマではフェニキア人やギリシャ人の船乗が上陸し貨物を商つたタイバー河右岸ウガンであった。
新たに移住してくる猶太人は何イズれも同様に磁石に引かれる如く此処に居住し、やがて猶太地域は大いに拡大した。
右岸が可成セイ満員となった時、新シン移住者は後れをとらぬようにタイバー河の左岸に移り、やがて其処に第二の植民地が発生した。
強制的措置が講コウぜられない前にローマの猶太人居住キョジュウ地域は出来上がっていた。
その後ローマで猶太人地域チイキの周囲に墻壁(しょうへき)を廻らす必要が感ぜられるに至った時、既スデに長年に亙って作られていた状態がそれによって確証されたのであり、
その事は猶太人の歴史家ですらも認めている所である。
それ故、例タトえばフォーゲルシュタイン=リーガーは次の如く述べている。
「十四世紀セイキ以来既に猶太人居住地域は後世のゲットーの地域を占めていた。」(ローマに於ける猶太人の歴史、第一巻、三〇一頁ページ)
後の時代になると構築された墻壁は民衆の暴動から猶太人を保護するのに役立った。この事は猶太人によっても認められた所である。(フォーゲルシュタイン=リーガー前掲ケイ書第二巻二三七頁ページ)
歴史家ヘマンは当時の事情によって生じたゲットーの必要を次の如く総括的に叙述している。
「凡ゆる非猶太ユダヤ的なるものから隔離した結果、猶太精神セイシンは自己の利益になる限りに於てのみ凡ゆる事柄コトガラに介入するを常とした。
併し(しかし)その結果ケッカは当然現れずにはすまなかった。則ち、他の諸民族は間もなく、猶太人ジンは自分達(諸民族)及び自分達の諸制度に対し真実の関心を有するものでないことを感知するに至った。
猶太人は自分達を搾取せんとしているに過ぎぬということが明確に意識された。
猶太人に対タイする諸民族の反感は、猶太人自身ジシンが凡ゆる非猶太人ユダに対して採った態度に根拠を有する。」(猶太人の歴史に於ける世界的地位」 ライプチヒ、一八八二年、一三頁ペー)
「人々が後になり猶太人を強制してゲットーに居住せしめたのは、一般住民の憎悪に対し猶太人を保護する為であると共に、猶太人の貪欲の犠牲とならぬように一般住民を保護する為であった。
吾人は又爰(ここ)に於ても、猶太人が基督教徒の卑劣な圧迫によるものであると非難した現象が実は猶太人自身ジシンが自ら選んだ分離主義の当然の帰結であることを知るのである。」(前掲書一八18頁)
人も知シる如く、ゲットーの設立を悪意ある僧侶の責任に帰せんとすることは、極めて一方的な企てであるが、それは無理もないことながら猶太人の特トクに好んで行う所である。(バスナージ曰く、
他の諸民族から隔離して生活することは猶太人の特徴である」と。「猶太史シ」第六巻第三章及び十四章)
猶太人開放カイホウ後一部の猶太人が反抗心から基督教徒の居住地域に移住したことは理解されることであつた。
併しそれにも拘らず、猶太フトシ人街は昔ムカシのままに保持された。例えばガリチヤ、ロシア、アムステルダムに見られる猶太フトシ人街がそれである。
それから忘れてならぬことは、大都会は近代の産物であり、集団的に植民することは猶太フトシ人にとりどうしても不可能であったと云うことと、更に猶太人の移住は極キワめて漸次的に行われたと云うことである。
それにも関わらず集団生活の傾向は依然存在している。
例えば「世界中で最も自由な国」に於ける状態をみよ。
合衆国には三百万以上の猶太人が生活している。
その中の紐育(ニューヨーク)のみに二百万以上居住し、該市シに於て正真正銘のゲットーを形成している。(ダヴィス・トリーチ「パレスチナと猶太人」一九一六年)
猶太人を紐育から去って地方に移住せしめんとする一切の企図は失敗に終わった。猶太人は何イズれも国際都市に於て徒食する為に帰カエって来た。農村に於ける手仕事は彼等の好まぬ所であった。
アドルフ・ベームはそれに関し次ツギの如く述べている。
「猶太人を農村に分散せしめる慈善事業は余り成果を収めなかった。・・・移住者シャは既に多くの同胞が居住している方へと流れていった。」(「猶太フトシ民族財団」 ハーグ、一七頁シチペイジ)
米国に於けるが如き彼等の集団活動を観察するならば、猶太人が国際的民族(インターナショナル)たらんとし而も(しかも)団結体を構成せんとする伝統的の衝動は今日でも再現する。
猶太人は正マサに不変な民族であり、ゲーテがファウスト第二巻に云える如ゴトく「凝固した民族」なのである。
猶太人ジンが擁する計り知シれぬ富を無くしては、世界の政治を左右し、多くの國の政治家を猶太人の意志通ドオりに動く傀儡として活動せしめることは不可能であらう。
計画的に管理されている万能の黄金が凡ゆる國クニに於ける猶太人の加担者シャを買収するにあらざれば、人々を浅薄化し、自民族ゾク固有の本質と葛藤せしめる害毒を欧羅巴人ジンの心に注入し、人心を猶太民族ミンゾにとり好都合な心理状態に置くことは不可能であらう。
嘗てスペイン、佛蘭西、独逸及オヨび多くの他の國クニ々に於ける状態は、現在よりも小規模であつたとは云へ、圧倒的な銀行資本が凡ゆる民族を利子で拘束している今日の如き状態であつた。
至る所に於て猶太人は諸侯、僧侶、國民の金主であった。
猶太人迫害ハクガイは--茲に(ここに)豫め(あらかじめ)論ずるを許されるならば--主として、暴利の束縛を断ち切キらんが為に幾度も反復的に行われた企図であった。
況んや此コの束縛が人種を異にし且つ宗教的、道徳的に敵意を有する侵入者によって作られているに於てをやである。
此の事コトは國民自身ジシンが認識した。そして國民の声コエが一向聞き入イれられなくなって初めて、僧侶は國民の激昂を自分達の目的に利用し、憎悪心シンに純教会的特徴トクチョウを付与した。
現代の猶太人並ナラびに親猶的テキな雑録欄記者は巧妙な言辞を以て罪ツミなき哀れむべき猶太人が残酷に迫害されたと語っている。
今日千人中高々一人の人間しか実際の事情を精しく(くわしく)知っていないと云うことを彼らは極めてよく承知しているので、彼等はかかる陳腐な夢物語を平気で語り得エるのである。
吾人が人間的観点を採れば、猶太人迫害は残酷ザンコクなものであったけれども、それは大いに必要なことであった。
西洋諸民族ミンゾクの歴史と相互作用の関係にあった猶太人の歴史を取り扱アツカう場合に、吾人は勝手に宗教裁判からではなく、猶太人の侵入の観点から始めねばならぬ。
吾人はそれによってのみ教会の猶太フトシ人迫害の為の地盤が如何に準備されたかを理解し得るのである。
いつ頃猶太人がポルトガルに移住してきたかは正確には分からない。併し十一世紀頃から既に若干の記録が残っていて、それによれば、猶太人は凡ゆる公民権を所有し、土地や耕作地を獲得カクトクし得、而も色々な場合に特権を享けていたことは確実である。(クンストマン「猶太人の法律関係」)
猶太人は原住民の支払うべき種々の課税負担を免除されていたから、猶太人はポルトガルに於て外国人として平等権を有していた丈でなく、住民中の特権階級カイキュウを構成していた。
猶太人は奴隷売買と金融業によって莫大な富を獲得し、直ちにそれを利用して窮乏せる地方民ミンや都会人に高利で金を貸カした。
寛大にも凡ゆる自由ジユウを彼等に与えたアルフォンズ三世治下に既スデに国内の諸方面から途方もない暴利に関する不平の声が発ハッせられ、国王は暴利取締の法律を発布する必要に迫られた。
諸法律によって、利子は資本を超過してはならぬことが規定された。
此の法律ホウリツは余り効能を発揮しなかったので、次の王オウたるドン・ディニツ(一二七九年)は猶太人に高利貸業を止めさせる為に猶太人を法律によって農耕と定住に強制せんと企てた。
王はブラガンザスの猶太人に命令を発し、猶太人が毎年一定の金額で家屋、葡萄畑、耕作地を買カうべきこと但し此の不動フドウ産を売却する権利を有しないことを規定した。
新来の猶太人は凡ボンてその購入額の一部を支払わねばならなかった。
併し此コの機会に同時に猶太人の総スベての権利は再び強化され、彼等に対し如何なる干渉を行うことも、彼等に対タイし如何なる侮辱を加えることも厳禁された。
所が猶太人を化カして労働する農民や市民となさんとする斯かる希望は全く失敗に終わった。
何となれば、上級教法師兼蔵相ゾウショウドン・ユダ(グレーツによれば、諸都市全体を購入する為の金額を前払いし得る程ホド富裕であった)や猶太人中チュウのその他の大物にとって上記の法規の実施を漸次妨げることが容易に出来たからである。
猶太人の富トミ並にそれに応じ彼等の暴利獲得は次第に増加し、彼等はリサボンの最も美しい邸宅を所有し、国王の財政を指導し、貧富の如何を問わず凡ゆる人々ヒトビトを自分達に経済的に依存せしめる術を心得ていた。
国民は国王に救済を請願したが悉く失敗したので、一三〇九年法王ホウオウに苦情が訴えられ、国王は猶太人の政治家に取巻マかれ、猶太人の手を通トオらぬ商売はなく、修道院の僧正の如きも猶太人の囚シュウとなっている旨が忿懣(ふんまん)を以て表明された。
「猶太フトシ人は高慢となり、威張り散チらしている。彼等はその乗馬を飾るに高くかき上げた前髪を以てし、国家の凡ての住民に不利な影響を及ぼす如き贅沢三昧に耽っている。」(カイゼルリング「ポルトガルに於ける猶太人の歴史」)
国民の反感は次第に強くなり、アルフォンゾ四世(一三二五~五七年ネン)は猶太人ヒトが黄金の首飾を懸けて街マチを闊歩し、その乗馬を装飾品で飾ること--基督教徒に対タイしては既に禁ぜられていた-を厳禁した。
苦情が反復して訴えられた為タメに、国王は暴利取締の法令を発布するに至り(一三五三年)、その法令によって三三パーセント三分の一以上イジョウの利息を支払う様に強制することが禁ぜられた。
猶太人は該ガイ法令を以て自由を甚だしく制限するものと考え、それが動機となって多数の猶太人は国外コクガイに移住することとなった。
これは、彼等がいづれも他の國クニではかかる苛酷な弾圧に苦しめられることはなからうとの希望を有していた証拠である。
併しその際莫大な富が持モち出される惧れ(おそれ)があったので、アルフォンゾ王は国家の利益を慮り、国外に移住せんと欲した猶太フトシ人の財産を大部分国家に没収することに決定した。
此の法令ホウレイの為に彼は猶太人の眼メからは猶太民族に対する最大弾圧者の一人と見做された。
上記の暴利取締法令は余り好成績を挙げなかった様である。
一三六一年国会コッカイが招集された時、全国を毒する猶太人の商売ショウバイに関する不平が再び叫ばれるに至ったのに徴して明瞭に察せられる。
 

併しそれは何の効果も無かった。反対に、猶太人は当時の国王ペドロ一世---一猶太史家によれば、「正義の典型」(カイゼルリング「ポルトガルに於ける猶太人の歴史」二三頁)---を動かして、暴利に対する凡ゆる刑罰を廃止せしめ、猶太人により正直に行われたと誓約された取引に対しては基督教徒の如何なる反対も無効なりとする途方もない特権を獲得した。
此の「緩和」(カイゼルリングの言葉)は猶太人の勢力を無限に増加した。
彼等は国王の財務長官であり、リサボンの税関の収税吏であり、一般に国中での最高の官職を占めていた。
一三八三年民衆の反猶大暴動が勃発し、当時国民に人気のあった摂政で後に即位してヨアオ王となった人の尽力のお陰で、猶太人は死刑に処せられることを免れた。
然るに猶太人がその救済者に対して採った態度には注目に値するものがある。
ヨアオがカスティリアに対する戦の為に金を必要とした時、リサボン市民は百万ドゥカーテンを贈ったが、猶太人は銀貨七十万克と六千レイを貸し付けた。
其の様にして猶太人はその後もずっと国家の支配者であり、馬を銀の金具で飾り、華美な頭巾を冠り、鍍金した短剣をさげて歩き、最も重要な官職に就き、教会や修道院から十分の一の税を徴収した。
而も厚顔にも高官の職に在任中かかる税を徴収したのである。
その後の王は、金や宝石を身に飾っている猶太人は基督教徒から掠奪してかかる贅沢を行っているのだと国民は考えるに相違ないとして、或る信頼ある猶太人に向かってその同族の挑発的態度を非難した。
「それ故、余は汝が余に抗議することを希望しない。余は掠奪と死刑のみが汝等を改善し、その時始めて汝等は汝等の行為を後悔するであらうことを知っている」と王は云った。
国王の不在中新に(一四四九年)勃発した反猶太暴動は再び弾圧されたが、ポルトガル国民の激昂は既に最高潮に達し、その為に国民は国王に対してすら反抗したので、
用捨なき干渉によって暴動は漸く鎮圧された程であった。その後五十年間もかかる状態が継続した。
国民代表は、猶太人に教会税徴収権を許可せず、猶太人と基督教徒との間の紛争には基督教徒の裁判官が審理し、猶太教会堂で行われる基督教誹謗の説教に対して干渉するやうにと反復して要求したが、何れも何の効果も奏しなかった。
「ポルトガル国民の猶太種族に対する激しい憎悪は今や何等の限界をも辨えず、公然と燃え上がった」(カイゼルリング前掲書一四・一五頁)
併し猶太人迫害の時代は過ぎ去り、人権宣言は全世界の猶太人及び秘かに洗礼を受けたポルトガル系猶太人の為に新しい時代を招来した。
今日ポルトガルには富裕な猶太自治体が栄えて居り、猶太人の世界国家と云ふ根幹に対する美しい枝体を形成している。
猶太人が何時頃佛蘭西に渡来したかに関しては議論の余地がある。
それに関する最初の記録は第六世紀の初頭に現れて居り、当時既に猶太人が全国に散在していたことが分かる。
彼等は凡ゆる公民権を享有していたのである。(エム・ド・ボアツスイ「猶太史に寄与する諸論文」 巴里・一七八五年、第二巻一八頁)
猶太人がその律法の命ずる所に従って、基督教徒である凡ての奴隷を強制して猶太的儀礼に従はしめ、強制的に彼等に割礼を施したのである。
此の事は凡ての地方で絶えず不平を惹き起こした。
彼等は奴隷に対して横暴な権力を振るったので、奴隷達は往々虐待に対する保護を教会に求めねばならぬ程であった。(ポアツスィ前掲書第二巻二六頁)

例えばアルル市がブルグンド人によって見事に包囲され、辛うじて攻撃を防御していた時、或る夜猶太人が都市の城壁の上で歩哨に立たねばならなかった。
彼は自分並びに自分の同族の為に穏やかな取扱いをして貰う為に一定の時刻に攻城梯で城壁に上って来る様にと記した紙片に石を包んで包囲軍の方に投げた。
彼は包囲軍が彼とその同族に加害しないならば包囲軍を都市の中に導入するであらうと約束した。
併し此の手紙は十分遠く迄飛ばず、翌日守備軍の一兵士によつて発見された。
云う迄もなくその為に市中に大なる激昂が生じ、件の猶太人は裁判にかけられ、その結果死刑の宣告を受けた。
他の猶太人達は、自分等は此の裏切りに対して責任はなくその陰謀に就いては何等関知する所がなかったと主張した。
ダニエルの記述によれば(「佛蘭西史」 一七二九年第一巻六六頁)人々は特に猶太人迫害を実施せんとしたが、結局彼等に歩哨の役を禁止することで我慢したと云うことである。
併し実際彼等が如何なる運命に遭ったかは何人も知らない。
ダニエルの云っている通りであるかどうかは保証の限りでない。
五七六年一猶太人がクレルモンで受洗しようと欲し、慣例に従って白衣を着て洗礼堂に行った時、他の猶太人の為臭気甚だしい油を浴びせかけられた。
此の襲撃者が激昂した民衆によって擲り殺されずに済んだのは、丁度その時僧正が入って来たお陰であった。
併し民衆は後日猶太教会堂を破壊する如き挙に出た(ボアツスイ前掲書第二巻三一頁)
今や猶太人は凡ゆる官職や国家の公職から排除され、遂に佛蘭西から追放されたが、メロヴィンガー王朝の権力が失墜するや、再び帰って来た。
カール大王、就中ルイ敬虔王は至る所で猶太人の利益を計り、間もなく佛蘭西各地で猶太人の鉄面皮な行動や暴利獲得が縦横無尽に発揮されることとなった。
短期間の間に彼等は莫大な富や高い地位を獲得し、宮廷内に金力により有力な味方を獲得した。
巴里の半分は彼等の抵当に採られ、所有として彼等の掌中に属していた。
支払い能力の無い債務者は拘留され若しくは猶太人の債権者の下で奴隷として働かされた。(ド・ブリュール 「Theatre des Antiquez de Paris」 巴里、一六一二年、第四巻、一二三二頁)
ローマ帝国が瓦解し北方の諸民族が凡ゆる物を破壊しつつ進撃した時、此の民族移動の波はリオンをもその渦中に投じ、商人の平和な生活を破壊した。
佛蘭西の南部地方がその後又もや---今度はアラビヤ人によつて---侵入を受けた後、リオン市は第八世紀に至り漸く復興した。
ローマ人、ブルグンド人、ゴート人、特に回教徒の為に追われた多数の猶太人がリオンに移住した。
猶太人は狡猾な取引特に奴隷取引によつて莫大な富を獲得し、その為にリオンは間もなく「新エルサレム」となつた。(ポイリュー前掲書一六頁)
猶太人は市中及び近郊で基督教徒を浚い(さらい)、それをスペインや伊太利の信仰仲間に売り飛ばした(シエット「猶太珍聞集」 フランクフルト、一七一八年、第四巻、七四頁)
イベリヤ半島のマウル人が去勢された人間を必要としたので、猶太人はそれをも作って売却した。
猶太人は、富裕な猶太人を敵とするよりも味方にしようと望んでいた官吏の保護を受けていたので、やがて原住民に対して挑戦的且(不遜)な態度を採った。
併し基督教徒はアブラハムの子孫に対して依然迎合的態度を採り日曜よりも猶太人の安息日を尊重し、猶太人を訪問し、復活祭の前週中も猶太人と一緒に食事をしたり、猶太教法師の説教を聞いたり等した。
自らは自分等の宗教上の戒律や道徳律を厳守し原住民の宗教的戒律や道徳律には全然考慮を払わない異民族に対する斯かる行き過ぎた友好的態度は、多くのカトリック教徒特に僧侶の間に敵愾心を起こさせるに至った。
アゴベールがリオンの僧正であつた時、彼はかかる一方的な阿諛(あゆ)的態度を止めさせようと決心し、基督教徒に猶太人との交際を禁じ、基督教徒が猶太人に奴隷を売ることを禁じ、猶太人の為に奉仕することを禁じた。
又、彼は猶太人から肉やワインを買うことを禁ずる法令を出した。
その理由は、猶太人は彼等が何らかの意味で不浄と考える物のみを基督教徒に売ったからである。
此の最後の法令は特に猶太人を激昂せしめ、彼等は巴里の中央政府に訴えた。
そこで巴里から此の事件の調査をする為二名の委員が派遣された。
リオンに於て猶太人は該委員を大いにもてなし金を贈ったので、猶太人の「自由」が保証され且新しい自由を獲得した。
そこで猶太人は自分等の品物は如何なるものでも基督教徒に売ることを許され、猶太人の律法の命ずる場合に限り肉体的刑罰に服し、火や熱湯による神裁を免除された。
彼等は佛蘭西で売る為に奴隷を外国から輸入する権利を与えられ、安息日を彼等の律法に従って祭り而も商売上損失を招かぬ様に市の日が土曜から日曜に変更された。
此の成果によつて猶太人は愈々(いよいよ)増上慢になつた。
かかる途方もない特権は基督教徒を激昂せしめたことは云う迄もない。
そして激昂の極猛烈な示威運動が行われたが、その指導者は捕えられ、多くの人々は姿を晦ましたり、都市から逃避せねばならなかつた。
猶太人は国王の保護を受けていることを公然誇り、国王は彼等の族長(訳注、モーゼ、アブラハム等を意味す)の故に尊敬し常に謁見を給ふと自慢した。
又彼等は宮廷中の高貴の人々が彼を愛護し、猶太人と基督教徒は唯一人の立法者即ちモーゼを有することを認めたことを誇りとした。(ボアツスイ前掲書第二巻六八頁)
王の発布した上記の法令が事情正確に吟味した後に公布されたものとは信ずることの出来なかったアゴベールは王に宛てて書翰を送り、その中で不公平な委員に就いて苦情を訴え、猶太人はイエス・キリストの名を侮辱し、基督教徒のことを軽蔑してナザレ人と呼び、自尊心から敵と交際することを避けている故に、猶太人と基督教徒との間には到底親善関係は有り得ない旨を説明した。
更にアゴベールは人さらひや海外への奴隷売却に関する信憑ある事例を王に説明した。
此の書翰は宮廷に於て取り合はれなかったので、アゴベールは再び同じ様な内容の書翰を送ったが、これも同じく失敗であった。
彼は憤慨して巴里へ行ったが、巴里では帰宅するやうにと極めて冷淡に命令された。
併し此の事件はそれで終局しなかった。暫く経った後、猶太人に属していた数人の外国の奴隷が洗礼を受ける為にその由を僧正に申し込んだ時、僧正は面白くない経験をした後なので簡単にそれを受け付けなかった。
彼は先づ猶太人に宗規で定められた身代金を提供した所が、猶太人は彼を嘲笑した。
そこで彼は宮廷と親しい関係にある多くの僧侶に応援を求めた。
併し何の効果もなかった。
反対に猶太人は猶太人の事を取り扱う委員---彼は猶太人の特権を取り扱う委員---彼は猶太人の特権の不可侵を守る為に存在しているに他ならなかつた---を通じて自分等の勢力を振るい、その結果、所有主の許可なくして猶太人の奴隷に洗礼を受けさせることを堅く禁ずる新しい勅許が発布された。
アゴベールは今度は宮廷牧師に訴えて、その勢力を利用して、凡ゆる教会法を無視する該法令を撤回せしめるやうに努力することを請願した。
彼は、猶太人からその奴隷を奪ったり改宗を強制していると云う非難を受けたのに対して弁護し、洗礼は猶太人側から簡単に妨害されてはならぬことを要求せざるを得ぬ由を述べた。
此の企図も何の成果をも収めず、政府当局から拒絶される結果となった。



「猶太民族の歴史的足跡」

およそ紀元前2000年ころにテラと息子アブラハムがカルデアから移動したと思われる道
アブラハムの父が没したところ
紀元前2000年ころにアブラハムとイサクとヤコブが住んだ町
ヤコブの息子ヨセフが奴隷として売られエジプトへ連れて行かれた
およそ紀元前1800年から1500年にかけてのエジプトにおけるユダヤ人定住地
紀元前587年から586年にバビロニア人によって攻囲されたところ。シナゴーグが破壊され、町は略奪、焼き討ちにあった。
紀元前586年、残っていたユダヤ人王国をバビロニア人が最終的に崩壊させた地域
アッシリア人及びバビロニア人の征服に続く紀元前722年および586年におけるユダヤ人離散の方向
紀元前359年から338年のペルシャに対する抵抗後のユダヤ人離散の方向
アンティオキア: 紀元600年、ユダヤ人は反乱を起こしたが、多くが殺害された。その結果、1171年にはわずか10家族しか残っていなかった。その後、1750年にはおよそ40家族、1894年にはおよそ80家族、1928年にはおよそ10家族がこの町に住んでいた。
アレッポ:ユダヤ人は聖書の時代からこの地に住んだ。紀元1173年には1500人のユダヤ人がいた。1900年には1万人以上が毎年人頭税を払わされていた。
"トリポリ:11世紀初め、ユダヤ人は迫害され、シナゴーグはモスクに造り変えられ、何軒かの家屋は破壊された。
16世紀にはスペインから逃げてきたユダヤ人が定住し、繁栄した。
17世紀初め、迫害が強まった結果、多くのユダヤ人がこの町を去った。
1939年にはわずか4家族だけになった。
"
"ベイルート:紀元500年にはユダヤ人社会が栄えていたが、1173年、ツデラのベニヤミン(訳注:旅行家)が出逢ったユダヤ人は僅か50人であった。
1889年には総人口2万人のうちユダヤ人1500人。1913年には15万人のうち5千人であった。
"
"ガザ:タルムード編纂の時代にこの地に定住するユダヤ人がいた。
紀元1481年のヴォルテラのメシュラムには60人のユダヤ人世帯主がいた。
1600年から1799年にかけてユダヤ人社会が繁栄したが、1799年、ナポレオン到来の前夜、ユダヤ人はこの町を離れた。
1880年代に再定住し、1903年には90人余りのユダヤ人が住んでいた記録が残されている。
"
"ラフィアフ:
アラブ征服前後、ユダヤ人社会が栄えたが、ほぼ1千年に渡って定住した後の紀元1080年にこの町からユダヤ人は追われた。この町を離れた。1880年に再定住し、1903年には90人余りのユダヤ人が住んでいた記録が残されている。"
"ダマスカス:
ローマ時代にはおよそ1万人のユダヤ人口があった。紀元1173年、ツデラのベニヤミンが(訳注:旅行家)訪れたときには3千人以上がいた。1840年、儀式殺人の嫌疑がユダヤ人に掛けられ、1880年にはキリスト教徒虐殺に加担した濡れ衣を着せられた。1901年、シナゴーグが8棟あり、2万人におよぶユダヤ人がいた。"
"アイン・アル・ヤフディッヤ:
ビザンティン時代にユダヤ人が住んでいた町で、紀元7世紀、アラブ征服前後にはまだユダヤ人が住んでいた。
"
イラクのユダヤ人は聖書時代から大規模な共同体を形成し、紀元634年のイスラム征服以前に1200年以上にわたって何百という町や村に定住していた。紀元800年と850年に改めて重税がかけられ居住地の制限を受けた上、衣類に黄色の布きれを縫いつけなければならなかった。紀元1000年には懲罰的課税を含め厳しい弾圧を受けた。1333年、バグダッドのシナゴーグは壊され、多くの財産が略奪された。トルコの支配下にあった1750年から1830年までの間、反ユダヤ活動が激しくなり、多くのユダヤ人がペルシャやインドへ避難して行った。イラクのユダヤ人は2500年間定住した後、1900年までに12万人以上を数えた。
紀元500年、スーラとプンベディタのアカデミーの学者はバビロニア・タルムードを編纂し、1000年以上にわたって、離散したすべてのユダヤ人のための精神的指導者としての役割を果たした。紀元600年までにはメソポタミアに80万6千人のユダヤ人が住んでいた。
1948年から1960年にかけて5万5千人のペルシャ系ユダヤ人がイスラエルに戻り、8万人がペルシャに残る。
"ケルマンシャー:
801年、イタリア出身のユダヤ人、イサクがペルシャの象アブラバズと共にヨーロッパへ戻る。"
"スーサ:
紀元前500年から存在するユダヤ人共同体。"
"ツスタール:
1170年、ユダヤ人の絨毯取引中心地。
ユダヤ人人口、1万5千人。"
"メシェド(マシュハド):
1838年、ユダヤ人共同体全体が強制的にイスラム教徒に改宗された。彼らは「イスラム教徒ユダヤ人」あるいは「新イスラム教徒」として、表向きは信心深いイスラム教徒を装いながら密かにユダヤ教を信仰していた。
"
紀元513年にマル・ズートラが興したユダヤ人王国マホザ。520年、ズートラはペルシャ人に敗北し、祖父とともに磔になった。
1165年から1173年の間、ツデラのベニヤミン(訳注:旅行家)がユダヤ人共同体を取材した町。
"サレ、ヴォルビリス:
紀元前200年、ユダヤ人は地元の人々を熱心にユダヤ教へ改宗させた。"
"
アラブ征服前1000年以上にわたって、ユダヤ人が北アフリカの沿岸地帯全土に共同体を栄えさせていた。彼らは時には篤く迎えられ、時には寛大な扱いを受け、また時には迫害を受けながら活気のある商業共同体を形成し、自らが居住する町に商業、経済、文化面で実質的な貢献を果たした。
"
"紀元前1世紀、パレスティナの西、ローマ帝国のユダヤ人人口は600万人以上になっていた。
その内100万人がエジプト、それも大半がアレクサンドリアに住んでいた。"
"カルタゴ:
紀元前200年からから紀元200年まで活気のあるユダヤ人共同体が存在した。400年間、交易および農業が盛んだった。"
"チュニス:
紀元534年、反ユダヤ的法律を制定し、ビザンティン帝国全土でのユダヤ教を禁止した。"
"キレナイカ:
紀元73年、紀元115年、さらにユダヤ人が反乱を起こし、何千何百という数のユダヤ人が殺害された。"
紀元320年、ファラオが3万人のユダヤ人をシナイ、キレナイカおよびキプロス島の辺境地帯に定住させ他国の攻撃からエジプトを守る。
プトレマイオスが侵略するも、紀元前100年、ユダヤ人とエジプト人との同盟後撃退される。プトレマイオスを撃退したエジプト軍は二人のユダヤ人将軍の指揮下にあった。
紀元前86年後、ハモネス家ユダヤ人王国の王アレクサンデル・ヤナイに征服された都市
"紀元63年、ポンペイに三カ月間攻囲される。1万2000人のユダヤ人がローマ人侵入の際に殺害された。寺院での礼拝妨害を拒んだ聖職者が祭壇で殺害された。
"
165年、ユダヤ人がシリア支配に抵抗
142年、シリアがユダヤ人独立を容認
139年、ローマ元老院がユダヤ人独立を容認
130年、シリアがエルサレムを攻囲するも撤退
96年、8年内戦勃発
83年,ヨルダンの東の王国統合
63年、ローマによって王国征服される
ユダヤ人がインドに入ったのはおよそ紀元前175年頃。ペルシャを横断したか、あるいはペルシャ湾を越えて来たのろうが、商人と避難民であった。初期の規模の大きな定住地はボンベイにあった。
"ダイブル:
紀元800年、ヨーロッパから中国へ旅をしたラダニアと呼ばれるユダヤ商人の交易所があり、ペルシャ系ユダヤ人の定住地と考えられる。"
"ボンベイ:
インドのユダヤ人共同体「ベネ・イスラエル」の所在地。紀元1170年には1000家族、紀元1950年には1万家族を数えた。初めて定住地となったのは紀元前175年ころと考えられる。「黒い」ユダヤ人と「白い」ユダヤ人とに分けられ、両者が結婚することはなかった。"
"ゴア:
1543年、宗教裁判によってポルトガルの支配下にあったユダヤ人が初めて火刑に処せられた。1543年から1623年の間に100人以上のユダヤ人が火刑となった。"
"マドラス:
ポルトガル領インドにおける宗教裁判を逃れた多くのユダヤ人が、1644年以降、大英帝国の支配下に保護をもとめた。1700年までにダイアモンド産業を確立した。"
"クランガノール:
紀元600年までには、後に「コーチン・ユダヤ人」となるユダヤ人が定住した。1523年のイスラムによる大虐殺後、生き残ったユダヤ人はコーチンへ逃れた。"
"セイロン:
1170年、ツデラのベニヤミン(訳注:旅行家)がおよそ3000人のユダヤ人がいたことを記録している。"
"コーチン:
1662年、コーチン・ユダヤ人はポルトガルによって虐殺された。1663年から1795年までオランダに保護され、1795年からは大英帝国によって保護された。1950年、1200人のコーチン・ユダヤ人は「黒」「褐色」「白」に分けられ、シナゴーグもそれぞれに分離された。"
"キロン:
1170年、ツデラのベニヤミンが「住民はすべて黒い人たちとユダヤ人である」と記録している。"
"ローマ:
紀元70年、トラヤヌス帝がユダヤ人捕虜をローマへ連行し、ユダヤ人の敗北を祝って凱旋門を建てる。ローマ時代の硬貨には「ユダヤ人捕虜」と刻まれている。"
"キレナイカ:
紀元115年から117年、ユダヤ人は「あたかも狂気じみた反抗精神に突き動かされたかのように」ローマ人に敵対した。(カエサレアのエウセビオス(訳注:紀元前?260-?340 神学者で教会史家"
"キプロス島:
紀元117年、ユダヤ人は支配者の立場にあったギリシャ人を虐殺したが、ローマ人に敗北し島から駆逐された。"
"ニシビス:
紀元116年、メソポタミアのユダヤ人がローマ人を追い払ったが、すぐに再征服されてしまった。"
"アジアベネ:
紀元30年、アジアベネの半独立王国の女王ヘレナがユダヤ教に改宗し、紀元66年から73年のユデアのユダヤ人の反乱を支持した。"
紀元66年から73年、ゼアロット(訳注:ユダヤ民族主義者)の反乱。トラヤヌス帝が鎮圧、寺院を破壊する。紀元73年、最後に残ったマサダのゼアロットをすべて打破。
紀元132年から135年、バール・コチバの反乱。ハドリアヌス帝が鎮圧。ユデアからユダヤ人がほとんどいなくなり、シリア・パレスティナと改称される。
"プトレマイス:
紀元67年、ローマのウェスパシアヌス帝がアンティオキア(アンタキヤ)から上陸し、セプフォリスのユダヤ人の帰順を受ける。"
"ヨデパト:
紀元67年、ユダヤ人守備隊、二カ月攻囲された後、全滅。"
紀元67年末までにユダヤ人の抵抗、ローマ人に鎮圧される。
"カエサレア:
紀元62年、ユダヤ人とシリア人の戦いの後、ローマ人がユダヤ人から市民権を剥奪。"
"ベト・ホロン:
紀元66年、シリアからのローマ増援軍、 ゼアロットに敗北。"
紀元66年、ローマ人兵士がエルサレムを略奪。その後、「ゼアロット」と呼ばれることに意を決したユダヤ人集団がエルサレムを攻め落とす。
紀元70年、ローマ人がエルサレムを占領。ウェスパシアヌス帝の息子ティトゥスが寺院と町を破壊。多数のユダヤ人が捕虜としてローマへ連れ去られる。
紀元73年、ユダヤ人最後の抵抗、ローマ人に鎮圧される。マサダにおいて最後の守備隊は妻子を殺害、自らも捕虜になることを避け自決。
紀元300年までに現在の英国以外のローマ帝国すべてに定住していた。宗教の自由を保障され、ユダヤ人間で論争中の実践も認められていた。軍務は免除されていた。紀元300年には少なくとも300万人のユダヤ人が存在し、その内、100万人はマケドニアの西に住んでいた。
"ローマ帝国のユダヤ人: 紀元100年から300年
ユダヤ人はさまざまな仕事に従事した。メソポタミアでは酪農家及び牛飼い、エジプトでは行商人、ドイツでは奴隷売買人、スペイン、北アフリカでは葡萄及びオリーブ栽培者、イタリアでは職工、裁縫士、役者、パン屋、海運業など。こうした職業に就いていた人たちは、農家や都市に住む人たちと同じように活動的であった。"
"キプロス島:
キプロス島の4万人のユダヤ人は紀元115年にローマの支配に逆らったため追放された。"
"聖パウロの説教: 紀元45年から57年
タルスス:
ベニヤミンの部族、ヘブル人のなかのヘブル人であるサウロの生誕地。サウロはのちにパウロとして知られるローマの市民。"
"エルサレム:
パウロはエルサレムにおいて数年間ユダヤ人を迫害した。「サウロは教会を荒らし回った」(使徒行伝第8章第3節)。それから、ダマスカスへの途次視力を得て、キリスト教に改宗した。イエス・キリストはこう言われた。「あの人はイスラエルの子らにわたしの名を伝える器として、わたしが選んだ者である」"
"ピシディアのアンテオケ:
パウロがユダヤ人に追放された。"
"ベロエア:
「・・・ここにいるユダヤ人は心から教えを受け入れた」(使途行伝第17章第11節)"
"コリントス:
「・・・パウロは安息日ごとにシナゴーグ(会堂)で論じては、ユダヤ人やギリシャ人の説得に努めた。」(使途行伝第18章第4節)"
"エフェソス(【聖】エペソ):
「・・・パウロはシナゴーグ(会堂)に入って、3ヶ月の間、大胆に神の国について論じ、また勧めをした」(使徒行伝第19章第8節)"
"カエサレア:
パウロが二年間投獄された。その後ローマへ送られ、更に二年間自宅監禁となった。"
"ガラテア:
「もはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もいない。あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである。もしキリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫であり・・・」(ガラテヤ人への手紙第3章第28節から29節)"
パウロとして知られたタルススのサウロがユダヤ人にキリスト教を説いたシナゴーグ
パウロが、三回行った伝道の旅でキリスト教を説いた他の町
ユダヤ人のキリスト教への改宗:紀元45年から300年
紀元100年から300年にキリスト教への改宗が広がった地域
紀元300年までにキリスト教が主要宗教となったユダヤ人定住地域
小アジアの七教会
"ユダヤとイスラム:紀元750年
ユダヤ人に対する態度はキリスト教よりもイスラム教のほうが寛大であった。そのためトレドのユダヤ人は町の門を開き、彼らを開放してくれるイスラム教徒の解放者を招き入れた。キリスト教国に住むユダヤ人にとっての災いであった度重なる虐殺や追放のようなものはなかった。"
大きなユダヤ人共同体があった都市
ユダヤ人定住地があった主な地域
バグダッドからサマルカンドへの二つの主な通商路。「ホラーサーン・ロード」と呼ばれ、ユダヤ人が往来し定住した。この道はま中国への陸路でもあった。
自立したユダヤ部族、もしくはイスラム支配に戦勝した耕作をしないユダヤ人がいたと思われる地域
"イスラム支配下におけるユダヤ人の状況:紀元750年から1900年
アラブ支配から紀元1650年の1000年間に絶えざると崩壊と迫害があったにもかかわらず繁栄したユダヤ人共同体が存在した都市。これらの都市のなかには1650年までに2千年以上に及ぶユダヤ人定住地が存在した。"
"アルジェ:
1805年、40人のユダヤ人が殺害された。"
"フェス:
1033年、6千人以上のユダヤ人が殺害された。"
"セフル:
1890年、54人のユダヤ人が亡くなった洪水の後、ユダヤ人街がイスラム教徒によって略奪された。"
"デムナト:
1875年、20人のユダヤ人が殺害された。1884年、5、6、人のユダヤ人が迫害の最中に殺害された。"
"マラケシ:
1232年、ユダヤ人虐殺。モロッコ全土に反ユダヤ的迫害が広がる。"
"チュニス:
紀元800年、国家の実質的収入となる税金がユダヤ人に強制的に課せられた。
1145年、ユダヤ人の強制的改宗、もしくは追放。
1250年、ユダヤ人はその衣服に強制的に目印を付けさせられた。
1869年、18人のユダヤ人が2、3カ月の内にイスラム教徒によって殺害された。"
"カイラワン:
1016年、市内のユダヤ人が迫害され、追放させられた。後に戻るも、再度追放される。"
"グラナダ:
1066年、5千人以上のユダヤ人がアラブ暴動の間に殺害された。"
"チュニジア:
1150年代及び1270年代、厳しい反ユダヤ的迫害が起こった。"
"ジェルバ:
1864年、アラブ人の一隊がユダヤ人共同体を略奪し、シナゴーグを焼き討ち、略奪した後、婦女子を強姦した。"
"モロッコ:
1864年から1880年、16年間に500人以上のユダヤ人が殺害された。その多くは昼日中の都市の中心街においてであった。"
"リビア:
1588年、多くのユダヤ人を強制的にイスラム教へ改宗。
1785年、アリ・グルジ軍司令官がユダヤ人を迫害。何百人ものユダヤ人が殺害された。1860年、厳しい反ユダヤ措置が執られた。パレスティナへ行く者を除き、リビアを去るすべてのユダヤ人に重い罰金が強制された。"
"トゥリポリタニア:
1897年、トゥリポリタニア中のシナゴーグが略奪され、ユダヤ人5、6人が殺害された。"
ユダヤ人商人はローマ帝国崩壊後、交易業に重要な役割を果たした。紀元850年ころ、あるペルシャの作家が、ヨーロッパと中国とを陸路、海路によって結びつけた「ラダナイト」として知られたユダヤ人交易業者の旅を記録している。彼らにつけられた名称はペルシャ語の「道を知っている」という意味の句に由来するものであろう。
"中国のユダヤ人:1000年から1932年
紀元200年から1000年の間、トゥルケスタンのユダヤ人交易業者や、ペルシャから避難してきたユダヤ人が中国に定住していた。
"
1286年、マルコ・ポーロが、中国におけるユダヤ人の商業上および政治上の影響力について記述している。
"「過去4、50年の間、我々の宗教が不完全ながら伝えられてきているし、宗教上の文書が残されてきていますが内容について理解できる者はいません・・・ シナゴーグを修復し、そこで礼拝を行える聖職者を得たいのですが、貧しくてできません」

1850年、開封のユダヤ人から厦門の英国領事にあてた手紙"
"厦門(アモイ)
884年、ユダヤ教徒およびイスラム教徒の商人の反乱。多くが殺害された。"
紀元1200年までにユダヤ人共同体が存在したと思われる都市。共同体の多くは500年以上前に造られていた。開封以外の都市は1650年までにはすべてなくなっていた。
"開封:
1890年までに自らをユダヤ教徒と認めたユダヤ人だけがこの町を去ったが、200家族いた。"
"開封のユダヤ人:
1163年、開封シナゴーグ建設される。
1427年、ユダヤ人官吏が飢饉救援隊を組織する。
1642年、ユダヤ人が盗賊から町を守る。
1663年、シナゴーグの復興。
1850年、ユダヤ人が厦門の英国領事に懇請。
1914年、カナダの英国国教会伝道団体がシナゴーグおよび墓地の敷地を買収。
1932年、アメリカの旅行者がユダヤ人を撮影。"
"ハザル・ユダヤ人王国:紀元700年から1016年
ハザル人は中央アジアの異教徒の遊牧民であった。紀元700年頃に彼らの王ブーランがユダヤ教に改宗した。後に王位に就いたオバディアンがユダヤ教を強化し、ラビを招聘するとともにシナゴーグを建設した。また最高裁判所は7人の判事で構成されていたが、その内訳は、ユダヤ教徒2名、キリスト教徒2名、イスラム教徒2名、それに異教徒1名であった。王国が存続した300年間、信教の自由は維持されていた。"
"ハザル・ユダヤ人王国:紀元700年から1016年:
970年、ロシア人がハザルを攻撃し始め、クリミアへ追った。
1016年、ロシアとビザンティン帝国の連合遠征隊がハザル王国を滅ぼした。ハザルのユダヤ人はロシア、ビザンティン帝国および地中海沿岸の港市へ散った。
"
"800年頃のパンノニア平原のハザル族定住地
ハザル族は、マギャール人がハンガリーを征服する際に軍事的援助をした。"
960年頃のスペインのユダヤ人とハザルのユダヤ人との間の書状経路
ギリシャからのユダヤ人避難民、紀元723年
ビザンティン帝国がペルシャと交戦中、ハザル族はビザンティン帝国を援助するため4万人の兵士を送った。
蜂蜜、皮および毛皮をハザルから輸出
"ビザンティン帝国のユダヤ人:
紀元640年から1532年"
紀元1300年頃、ユダヤ人は塩を輸出し、織物を輸入した。
1532年、ジェノヴァの海賊がユダヤ人を捕らえ奴隷として売っていた。
1430年、カタロニアの海賊がユダヤ人を捕らえスペインで身代金を要求した。
紀元1170年頃、ツデラのベニヤミン(訳注:旅行家)がワラチア人について次のように記録している。「彼らはユダヤ人を同胞と呼んでいる。遭遇して物を奪い取ることがあっても、ギリシャ人を殺すように彼らを殺すことはない」
"1480年、ロードス島をトルコから守る上でユダヤ人が重要な役割を果たした。
1502年、すべてのユダヤ人が強制的に改宗させられるか、追放されるか、あるいは奴隷にされた。"
700年から1000年、ユダヤ人、恒常的にハザルへ避難。
1096年、ユダヤ人がキリスト教徒の奴隷交易をした。
692年、議会はキリスト教徒にユダヤ人の医者にかかることを禁じた。ユダヤ人との結婚は死罪となった。新たにシナゴーグを造ることが禁じられ、ユダヤ人がキリスト教徒の奴隷を所有することも禁じられた。
1320年、ユダヤ人は強制的に黄色の記章をつけさせられた。
1028年、イスラム教徒の海賊がユダヤ人を捕らえ、カイロとアレクサンドリアのユダヤ人に身代金を要求した。
"640年、ラクリウス皇帝が強制的改宗を命令する。
721年、レオ三世がすべてのユダヤ教徒およびイスラム教徒に洗礼を命令する。
873年、バルシー一世がユダヤ教を禁止する。
930年、ロマノス一世がユダヤ人の洗礼を奨励する。"
"フランスのユダヤ人:
紀元800年から1500年"
800年から1200年にかけて広がったユダヤ人定住地域
900年から1200年にかけてのユダヤ人宗教研究中心地
1200年から1500年にかけてユダヤ人の文学および科学上の活動が盛んに行われた地域
1500年における主要なユダヤ人定住地域
"1306年と1322年、ユダヤ人、追放される。
1394年、最終的完全追放。"
1321年、160人のユダヤ人が囲いで仕切られた穴に埋められる。
1171年、ユダヤ人がキリスト教徒を殺害し、その血を宗教上の目的のために使ったとして告発される。
1420年、ユダヤ人共同体全滅される。
1492年、スペインからのユダヤ人避難経路。
1100年から1500年にかけてのドイツからのユダヤ人避難経路。
1388年、ユダヤ人、市内居住を禁じられる。この禁止令は1767年まで続く。
1420年、ユダヤ人、追放される。
800年から900年、ユダヤ人商人のエジプト、シリア、ペルシャ、インドおよび中国との交易経路。
800年から1100年にかけてのビザンティン帝国からのユダヤ人避難経路。
アラビアのユダヤ人:紀元前722年から紀元1948年
アラビアにユダヤ人が初めて定住したのは紀元前722年のアッシリアの征服後であった。
その後、紀元前586年にエルサレムの寺院がバビロニアに破壊された後さらにユダヤ人が避難してきたのである。ユダヤ人についてはタイマとヤトリブにあるバビロニア人の碑に言及されている。
テダンにある紀元前355年の碑にはあるユダヤ人家族について言及されているし、アル・ヒジールの碑にも言及されている。
モハメッドの時代までにはアラビアに多くのユダヤ人詩人がいた。そのなかにタイマのサムエル「キング」がいた。モハメッドはメディナのユダヤ人を改宗する希望をもっていたが叶えられず、ユダヤ人との関係が悪化した。
紀元644年、ユダヤ人はイスラムの統治者によってヘジャズから追放され始めた。ほとんどのユダヤ人はイェメンへ逃れ、1948年にはイェメンのユダヤ人人口はおよそ5万5千人を数えた。
交易や避難先を求めて南アラビアを去ったユダヤ人が最初の「エチオピア」のユダヤ人だったのかもしれない。
"パレスティナのユダヤ人:
紀元636年から1880年"
1563年、ヘブライ語の印刷機を設置。アジア大陸についての最初の印刷がなされる。
紀元1100年、ユダヤ人、十字軍の進攻に対しハイファの防衛に参加する。
1191年、ユダヤ人、十字軍によって追放される。多くのユダヤ人はエルサレムへ移住。
1799年2月24日、ナポレオンが進攻してくる前夜、ユダヤ人、ヘブロンへ逃避。
ユダヤ教の四聖都。ここには聖書時代から絶えずユダヤ人定住地が存在した。
紀元637年から1099年のアラブ支配の間、ユダヤ人が住んでいた都市や定住地。
13世紀から19世紀にかけてユダヤ人が主要人口になっていた地域
13世紀から19世紀にかけて絶えずユダヤ人共同体があった都市や村
1500年にはサフェド近郊におよそ1万人のユダヤ人が住んでいた。
ユダヤ人は1492年にスペインから、1495年にリトアニアから、1497年にポルトガル、シチリアおよびサルデーニャ島から、1502年にロードス島から、そして1541年にナポリから追われた後ここに新たな故国を求めた。
"紀元1099年、ユダヤ人、十字軍の進攻に対しエルサレムの防衛に参加し、アラブ人と共に戦う。
1211年、数名のラビがフランスおよび英国から定住する。
1267年、ラムバンが定住し、シナゴーグを建設する。それからの500年間エルサレムはユダヤ人の学問の中心として回復する。"
1880年までにユダヤ人がエルサレムの主要人口なった。
エルサレムは紀元637年にイスラム教徒のアラブ人に征服された。637年から1099年の間、アラブ人はユダヤ人を時に虐待し、また時に寛容に扱った。1099年から1291年にかけてキリスト教十字軍はパレスティナのユダヤ人を情け容赦なく迫害し、また殺害した。イスラム教徒のマムルーク朝人が1291年に十字軍を駆逐し、1516年まで支配した。
その間、マムルーク朝人は折にふれてユダヤ人の定住を奨励したため、多くのユダヤ人がヨーロッパにおけるキリスト教徒からの迫害を逃れてパレスティナへ移住してきた。
1517年以降、オスマントルコの支配下で、ヨーロッパのユダヤ人は、イスラム教徒の支配者から時々虐待を受けることがあったが、キリスト教徒の迫害と追放から逃れてパレスティナへ避難してきた。
カライ派:紀元700年から1960年
紀元500年にバビロニアのタルムードが刊行され、ユダヤ人に律法と守るべき習慣についての百科事典的な手引きとなった。
しかし、カライ派はタルムードを拒否し、聖書だけで十分行動を律することができると主張した。その理由は個人が自らの良心に従って解釈できるからだというものであった。「カライ派」とは「聖書の擁護者」という意味である。
1796年、カライ派は他のロシアのユダヤ人に課せられたすべての制約から免れ、強制集住地域から自由に移動できた。
1960年、5千人以上のカライ派がロシア全土に広がった。
1943年、ドイツ人がクリミアにいた1万人のカライ派をほぼ全員虐殺した。
紀元750年、カライ派がペルシャの迫害に抵抗した。
「異端」としてのカライ派の出所
700年から1000年にかけカライ派が広がった方向
1000年から1500年にかけてカライ派が広がった方向
1500年から1944年にかけての主要なカライ派定住地
1960年におけるカライ派定住地
1960年、アメリカに100家族のカライ派がいた。
ドイツのユダヤ人:紀元500年から紀元1000年
およそ

ユダヤ人の歴史地図
  「A HISTORICAL ATLAS OF THE JEWISH PEOPLE」Schocken Books
  「HISTORICAL ATLAS OF THE JEWISH PEOPLE」CONTINUUM
  「The Atlas of Great jewish Communities」UAHC Press
  「ATLAS of JEWISH HISTORY」ROUTLEDGE
  「Atlas of the JEWISH WORLD」Facts on File
  「ATLAS OF MODERN JEWISH HISTORY」Oxford University Press
  「コミンテルンの正体は何か? ユダヤ民族の世界政策」教育勅語遵守連盟