「大衆明治史 國民版」 菊池寛(著) 汎洋社 昭和十七年

 

GHQが焚書にした「大衆明治史」菊池寛(著)。

(詳しくは、「GHQ焚書図書開封3」西尾幹二(著))

ご先祖様により引き継がれていた「日本の心」を取り戻し、子孫に伝えていきましょう。

(見開きのあたりが見づらい場合は、拡大してご覧下さい。)

 

表紙

1頁から19頁 (廃藩置県)

20頁から41頁 (征韓論決裂、マリア・ルーズ号事件)

42頁から61頁 (マリア・ルーズ号事件、西南戦争)

62頁から81頁 (西南戦争、十四年の政変)

82頁から101頁 (十四年の政変、自由党と改進党)

102頁から121頁 (國軍の建設、憲法発布)

122頁から139頁 (憲法発布)

140頁から161頁 (大隈と条約改正、日清戦争前記)

162頁から181頁 (日清戦争前記、陸奥外交の功罪)

182頁から201頁 (陸奥外交の功罪、三国干渉)

202頁から221頁 (三国干渉、川上操六と師団増設)

222頁から243頁 (川上操六と師団増設、北清事変、對露強硬論と七博士)

244頁から261頁 (對露強硬論と七博士)

262頁から283頁 (日露開戦、児玉総参謀長)

284頁から303頁 (児玉総参謀長)

304頁から323頁 (児玉総参謀長、奉天会戦)

324頁から341頁 (奉天会戦)

342頁から363頁 (日本海海戦、ポーツマス会議)

364頁から388頁 (ポーツマス会議、明治の終焉)

 

戻る